ヒスライン

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルhithlain

解説

シンダール語で「霧の糸(mist-thread)」の意味。ロスローリエン指輪の仲間ガラズリムからもらったロープの素材。ヒスラインで作られたロープは不思議な性質を持ち、時に使用者の意志のままに結び目がほどけることもあった。

その綱は見たところは華奢でしたが、非常に丈夫で、エルフのマントと同様、手触りは絹のようで、色は灰色でした。*1

ガラズリムから指輪の仲間に贈られたエルフの小船には、ヒスラインのロープが索具として三つずつ備えられており、ロープを荷物に入れ忘れたことを悔やんでいたサムワイズ・ギャムジーを喜ばせた。サムは小船を乗り捨てた後もこのロープを持ち歩き、旅を通じて大いに助けられた。

エミン・ムイルでは断崖を下りるために使われた。この時(おそらくモルドールからきた)嵐に見舞われて一時的に視力を失ったフロド・バギンズは、暗闇の中でこのロープがかすかな光芒を放っているのを目にして視力を取り戻した。また、崖を下りたところでサムが引っ張ると、自然に結び目がほどけて回収することができた。
その後は捕まえたゴクリを拘束するために一旦使われたが、エルフの作ったこのロープが触れるとゴクリはひどく痛がり、冷たく喰いこむようだと悲鳴を上げた。そのためフロドとサムはゴクリをロープで繋ぐのを断念せざるを得なかった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • サムはとってもロープの作り方を知りたがっていた。
    • もし、裂け谷にもロープの作り方が伝わっていれば、裂け谷で教わった(が原作では言及されていない)可能性もありうると思います。 -- カイト
    • 父方に「綱作りギャムジー」というご先祖も居るし、そういう志向はサムにも受け継がれているんんでしょうね。。 -- 2018-02-17 (土) 21:31:46
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間 下』「八 さらば、ロリアン」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-17 (土) 21:31:47 (304d)