ナン=タスレン

概要

カテゴリー地名
スペルNan-tathren
その他の呼び名柳の国(Land of Willows)、タサリナン(Tasarinan)、ナン=タサリオン(Nan-tasarion)

解説

シンダール語で「柳の谷(Willow-vale)」の意だが、『シルマリルの物語』『終わらざりし物語』では柳の国と訳される。『指輪物語』中の木の鬚の歌では、クウェンヤタサリナン或いはナン=タサリオンと呼ばれる。
ベレリアンドの南西部、ナログ川がシリオン川に注ぎ込む地。シリオンの港の北に位置する。その南は様々な花々で埋まり、ほとんど住む者のない草原があった。
ニアナイス・アルノイディアド以降はオークが侵入してくるようになったが、ヴォロンウェゴンドリンからバラールキーアダンのもとへと遣わされる旅の途中でこの地の美しさに魅せられ、暫くの間留まっている。ゴンドリン陥落の後、トゥオルに導かれたゴンドリンドリムの残党がこの地まで落ち延びてきて休息し、やがてシリオンの河口へ向かった。

コメント

コメントはありません。 Comments/ナン=タスレン?

お名前:
Last-modified: