ナン・ドゥンゴルセブ

概要

カテゴリー地名
スペルNan Dungortheb
その他の呼び名ドゥンゴルセブ(Dungortheb)

解説

シンダール語で「恐ろしき死の谷(Valley of Dreadful Death)」の意。単にドゥンゴルセブとも呼ばれる。エレド・ゴルゴロスドリアス魔法帯に挟まれた谷。モルゴスのもとから逃走したウンゴリアントが一時期ここに棲みつき、谷を恐怖で満たしたことから名付けられた。

この地にはアングバンドが築かれた時代から蜘蛛の姿の怪物たちが住んでおり、ウンゴリアントが去った後も彼女の子孫の蜘蛛たちの生息地だった*1。そのためエルフ人間は勿論のこと、オークですら近寄ろうとはしなかった。また、サウロンメリアンの力が競い合う地でもあった。

ベレンがただ一人この地を縦断してドリアスに辿り着いたが、彼はその恐怖の記憶を誰にも語らなかった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • サウロンとメリアンの力はほぼ互角!? -- ホビット 2008-12-28 (日) 17:04:46
    • お互いマイアですし -- 2010-01-31 (日) 19:12:37
  • ベレンはここでなにを見たんでしょうか? ここを越えたことはベレンの功業のうちのひとつに数えられていいような気がします。 -- 2012-09-16 (日) 17:25:29
    • ここを超えることは彼にとっては、恐怖以外の何者では、なかったかもしれませんが、ここでの体験が後のシルマリル奪還にプラスになったと思いますよ。 でなければ、何も好き好んで、モルゴスの住まうあのアングバンドに潜入はできなかったはずですから。 -- 2012-11-07 (水) 19:08:37
    • 恐怖の山からは気が狂う毒水が流れ出で、メリアンとサウロンの魔力が渦巻き、シェロブとシェロブ級の化け物蜘蛛がわんさかいる土地の記憶なんて、そりゃあ思い出したくもないっしょ。ルーシエンに巡り会った時は天使に会った心境だったかもwでも確かにこの世の地獄に慣れっこでもなければ、サウロンを顎でこき使う初代冥王の住処になんて潜入できませんよね・・・。 -- 2013-03-07 (木) 22:06:15
    • 戦争時の悲惨な体験をした人が後にその事に関して口を閉ざすのは、口を閉ざすと思い出したくない記憶を甦らすからだよね。 べレンの心境もそれと変わらなかったのかも。 -- 2016-02-26 (金) 10:15:40
      • 口を開くとだね。 -- 2016-02-26 (金) 10:16:21
  • 光と闇が両方備わり最強に見える…のではなく暗黒が持つと逆に頭がおかしくなって死ぬパターンの場所 -- 2015-12-04 (金) 21:56:26
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 その中にはシェロブもいたと思われる。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-26 (金) 10:16:21 (1024d)