ナルゴスロンド

概要

カテゴリー地名
スペルNargothrond
その他の呼び名ヌルッキズディーン(Nulukkizdîn)*1、ナログの洞窟(Caverns of Narog)

解説

第一紀ベレリアンドに存在したエルフの要塞都市。およびその都市を中心とした王国の名。
ナルゴスロンドの王国(Realm of Nargothrond)の領土は西ベレリアンドナログ川の両岸に広がり、東はテイグリン川との間に広がるタラス・ディアネンの平原、西はネンニング川に至るまでの土地で、これは中つ国に帰還したノルドールの王国の中でも最も広大なものだった。

ナルゴスロンドの都はナログ川の西岸、ファロス高地の麓のリングウィル川がナログ川に注ぐ地点にあった洞窟を基礎にして造られた地下の大城塞であった。
元となった洞窟にはかつて小ドワーフが住みついており、ドワーフ語でヌルッキズディーンと呼ばれていた。この洞窟を発見し、掘削を始めたのは小ドワーフである。後に、ウルモの啓示を受けて以来隠れた要塞都市を築くことを望んでいたフィンロドが、シンゴルからこの地のことを教えられてやって来た。彼はエレド・ルインドワーフの協力を得てメネグロスを模倣した要塞を洞窟に築き上げ、自らの民を連れてこの地に移り住み、王となった。以後この地はナルゴスロンドと呼ばれるようになり、フィンロドはナルゴスロンドの造営によってフェラグンドの名で呼ばれるようになった。
ダゴール・ブラゴルラハの後にはヒムラドを追われたケレゴルムクルフィンが自らの民を引き連れてナルゴスロンドに逃れてきた。
フィンロドがベレンの求めに応じて彼と共にシルマリル探索の旅に出た時、ナルゴスロンドの王位はオロドレスに委ねられた。その後、フィンロドを見殺しにしてベレンとルーシエンのシルマリル探索を妨害したことを咎められたケレゴルムとクルフィンが追放された後も、クルフィンの息子ケレブリンボールを始めとする彼ら兄弟の民はこの地に留まった。

ナルゴスロンドの存在はニアナイス・アルノイディアドの後も長い間敵の目から隠されていた。だが、グウィンドールに連れられてこの地に来たトゥーリンがモルメギルの名で武功を挙げ、重んじられるようになると、彼の影響を受けたエルフはモルゴスの軍勢に対し隠れ潜みながら戦うことを止め、堂々と出撃するようになった。結果、ナルゴスロンドの存在は公然となり、オークグラウルングの攻撃を受けた。トゥムハラドの合戦でエルフは敗北してオロドレスグウィンドールが戦死し、ナルゴスロンドは陥落して王国は滅亡した(ナルゴスロンドの寇掠)。
ナルゴスロンドの廃墟はしばらくの間グラウルングの巣となっていたが、グラウルングが去ると、かつてトゥーリンを裏切ったミームが忍び込んで財宝と戯れながら独りで暮らした。後にトゥーリンの父フーリンが来ると、彼はミームを殺し、財宝の中からナウグラミーアだけを持ち出してドリアスへ去った。

ナルゴスロンドの構造

城門は東のナログ川に面していたが、橋は架けられておらず、流れが急なため徒歩で渡ることもできないようになっており、ずっと北のギングリス川がナログ川に合流する付近まで迂回して渡るしかなかった。ナログ川の東岸、城門から前方1リーグの地点には見張り場所であるアモン・エシアが築かれていた。
メネグロスを模した広大な内部にはいくつもの大広間や武器庫が築かれ、フィンロドアマンから携えてきたものをはじめとした数々の財宝があったが、その中でも彼が最も大切にしていたのがナウグラミーアであった。

後にトゥーリンの助言で、迅速に兵を動かせるよう、城門の前のナログ川に大きく堅固な橋が架けられた。ナルゴスロンドの陥落ではこの橋が仇となり、グラウルングオークたちの侵入路になってしまった。

画像

トールキンが1928年に描いた「ナルゴスロンド」 トールキンが1928年に描いたナルゴスロンド トールキンが1936~37年頃に描いたと思われるナルゴスロンド

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • そのまま隠れ、ナルゴスロンドの存在を公にせず、武力を蓄えておけばノルドールの最強の隠し砦になったでしょう。 -- 2009-11-08 (日) 17:38:31
  • 今思うと、トゥーリンもトゥオルも隠れ王国に行き着いてたんだね。しかも、どっちの国も結果的には滅亡してる -- 2013-05-16 (木) 19:40:11
    • それなぁ・・・ -- 2017-10-24 (火) 22:14:03
  • トゥーリンにかけられた呪いが見事に猛威を振るってますな・・・(汗)つかナウグラミーアは元々フィンロド兄さんのだったの?だったらドワーフ完全にナウグラミーアを要求する権利無いじゃん・・・。 -- 2013-05-16 (木) 19:49:08
    • ドワーフが作ったものはドワーフの物って発想なんだろう。エルフや人間から見たら既にドワーフの手からは離れた宝であっても。「全ての美しい物はドワーフのものである」って考えがありがちだそうなので、だからメネグロスでナウグラーミアを奪うのみならず他の財宝まで略奪する。 -- 2013-05-16 (木) 20:55:15
      • そう思うとドワーフも少なからず堕落しているのでしょうかね? -- 2013-05-16 (木) 21:05:04
      • シルマリル、恐るべし・・・ -- 2013-05-16 (木) 21:54:39
    • まあ、それを言えば権利がないのはシンゴルも一緒ですからねえ。売り言葉に買い言葉で、激昂したシンゴルにも非があると言えばあります。 -- 2013-05-16 (木) 22:59:22
      • 確かに、シンゴルにも権利はないですね。その点は、シルマリルの魔力によるものなんですかね? -- 2013-05-17 (金) 00:20:09
      • シンゴル王も受け取らないでフィンロドの妹であるガラ様にあげてしまえば良かったのにね。 -- 2013-05-17 (金) 00:51:30
      • シンゴルはフィナルフィン家の子供たちに付いては親族として保護者に近い態度をとっていたので、ナウグラーミアをフーリンの謝罪の品であると同時にフィンロドの形見のようなものとして見ていたのかも(自分がベレンを許さなかったばかりに愛するフィンロドを死なせてしまった)。無論美しさにひかれたのも理由でしょうが。ナウグラーミアを加工した代金としてナウグラーミア自身を要求するというのはいくらなんでも無茶苦茶ですがね。 -- 2013-05-17 (金) 01:28:39
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 The War of the Jewels』によると、綴りはNulukkhizdînが正しい。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-24 (火) 22:14:03 (390d)