ドルーエダイン

概要

カテゴリー種族
スペルDrúedain
異訳ドルエダイン
その他の呼び名野人(やじん)*1(Wild Men)
ウォーゼ(Wose)
ドルグ、ドルフ(Drughu)
ドルーグ(Drûg)
ドルーアス(Drúath)
ルーアタニ(Rúatani)
ローグ(róg)
オゴル=ハイ(Oghor-hai)

解説

シンダール語で、単数形はドルーアダン(Drúadan)*2共通語野人と呼ばれる人間の一氏族。ローハン語ではウォーゼと呼ばれる。第一紀ハレスの族からはドルーグと呼ばれ、オークからはオゴル=ハイと呼ばれた。

その前の地面には、奇妙な恰好にうずくまった男が一人坐っていました。古さびた石のようにごつごつしており、乏しい顎鬚はこぶのような無骨な顎に乾いた苔のように散らばっていました。脚は短く、腕は太く、体も厚みがあってずんぐりしていました。身にまとっているものといえば、僅かに腰蓑を着けているだけでした。 … あの古い彫像の一つがここに生を得て生き返ったのか、それとも、遠い昔の今は忘れられた技工たちによって用いられたモデルたちの血を限りない年月の間正しく伝えてきたその直系の子孫であるかもしれません。*3

人口が少なく、歴史の表舞台に出てくることは少ない。詳細は『終わらざりし物語』で語られている。
気むずかしく素朴な民族だが、いくつかの特異な特徴で知られており、特に見張り石という魔法の彫像を作る力があった。第一紀にはハレスの族と行動を共にしてエダインの一員と見なされており、第二紀にはヌーメノールに渡ってドゥーネダインと共に住んだこともあった。中つ国では白の山脈の周辺に定住していたが、次第に数を減じ、第三紀にはドルーアダンの森ドルーワイス・ヤウアのあたりにわずかな末裔が隠れ住むのみとなっていた。

馬鍬砦の石像プーケル人はかれらが作ったものだと考えられる。
ロヒアリムはかれら野人を人間とは見なさず、狩りの対象として追い回したことがあったため、両者の関係は良くなかった。だが野人はロヒアリム以上にオークを憎んでおり、暗黒時代の再来を恐れてもいたため、指輪戦争では酋長ガン=ブリ=ガンセオデンに助力を申し出た。野人の警戒と道案内のおかげでロヒアリム石車谷を通って安全かつ迅速にミナス=ティリスに到達することができ、ペレンノール野の合戦に勝利をもたらすことができた。

サウロンが滅ぼされた後、エレスサール王によってドルーアダンの森はドルーエダインのものとされ、他の人間には不可侵の地域とされた。

特徴

外見

身長は低くがっしりしている。顔は横に広く、大きく窪んだ目と濃い眉があり、目は瞳があまりにも黒いために瞳孔が識別しがたいほどであった。頭にはまばらに毛が生えているだけで、眉から下には毛が生えないが、僅かな者には顎の中央に小さな黒い房状の髭が生えており、この特徴は誇りとされた。
普段は表情に乏しく、感情を表に出すことは余り無いが、他の種族なら歌うような時に変わった声でよく笑い、その笑い声には耳にした者を一緒に笑い出させてしまう不思議な魅力があった。

能力

優れた狩猟者。暗闇でも見通せる視力や、特に極めて優れた嗅覚を持ち、狩りや追跡などの能力では他のどの種族にも勝っていたという。
護衛としても名高く、その注意力、威嚇の力の強さは、侵入者がかれらの見えざる警戒を感じ取って恐れ退くほどだった。彫像のように何日もじっと座っていることができ、威嚇の力もそうした時に発揮された。さらにこうした能力を見張り石に移し込むことができた。
奇妙な予知能力を持っていたともいい、ヌーメノールの没落を2000年も前から感じ取っていたといわれる。
一般の人間より短命。

文明・文化

高い文明は持たず、文字も使わないが、木や石を彫る優れた細工者で、見張り石という魔法の石像を作ることができた。オークに対しては毒矢で戦ったが、彼らの掟ではオーク以外の生命を毒で傷つけることは禁じられていたという。あらゆる生き物について、エルフに教えられたわけでもないのにエルフと同じぐらい詳細に把握していた。生活はつましく、質素な食事と水しか摂ろうとしなかった。

住居

森林地帯で、原始的な生活を営む。身体が頑強なため、基本的には家屋を必要としないが、定住する場合は大きな木の幹の周りに簡素な天幕や小屋を建てて満足していた。またそれとは別に、秘密の貯蔵庫や避難所として山中の洞窟を使うが、そちらは他の種族にはたとえ親しい者であろうと招かれなかった。

歴史

ゴンドールの歴史家が信じるところによれば、アンドゥインを渡った最初の人間こそドルーエダインであった。かれらは近ハラドを通ってイシリアンを北上し、他の人間がやってくるずっと前に白の山脈の谷間や山裾の森林に住みつき、モルゴスの力に何の関心も示さず、東からの人間の侵入を嫌っていたという。
ベレリアンドでは(経緯は定かではないが)ハレス(ハラディン)の族と非常に親しく、共に暮らしていた。ハレスの族は彼らのことを、ドルーアダン自身の言葉でドルーグと呼んでいた。第一紀の頃からドルーグの数は非常に少なかったが、彼らはハレスの族の同盟者としてオークと戦い、エダインの一員と見なされた。
一説によると彼らの一部はヌーメノールの建国と共にかの地に渡ったが、ヌーメノールの没落の前に(警告を感じたのか)皆その地を去った。
第二紀中つ国では、暗黒時代の到来とともに褐色人といったサウロンを崇拝する民族や、沿岸地方にやってきたヌーメノール人に圧迫され、アンドラスト岬の荒れ地(ドルーワイス・ヤウア)やアノリアンの東端(ドルーアダンの森)に生き延びた。
第三紀の終わりには数は著しく減少し、アノリアンに残っている者のみがドルーエダインの生き残りとして知られていた。第三紀ガン=ブリ=ガンらは彼らの末裔である。

言語

彼等自身の言語はあるが、彼らなりのやり方で他の人間と同じ言葉を話した。しかしそれも彼らに固有の単語を多くとどめていた。第三紀には西方語を話す者もいた。
文字は持たず、象形文字のような記号を使うのみである。

偏見

オークの不倶戴天の敵で、互いに強く憎み合っている。迫害されることが多かったため、他の人間のこともほとんど信用しない。中にはドルーエダインをオークの親類と見なす者もいたが、エルダールは「かれらの笑いとオークの笑いは、アマンの光とアングバンドの闇ほども違う」と言って反論したという。
ロヒアリムはかれらを人間の一種族とは認めず、スポーツの対象として狩り立てていたことがあるため、両者の間には確執がある。

「しかし、あんたがたこの暗闇のあとも生きたら、森の野人かまわないでくれ。獣のように追うこと、もうしないでくれ。 … 」*4

多数の名の意味

ドルグ、ドルフ(Drughu)
ドルーエダイン自身の言語での自称。
ドルーグ(Drûg)
ドルーエダインと行動を共にしていたハレスの族がドルーエダインの言葉を用いて呼んだ名。
ドルー(Drû)
「ドルグ」がベレリアンドシンダール語に取り入れられた語。ドルーは単数形で、複数形はドルーイン(Drúin)。集合名詞(種族名)はドルーアス(Drúath)。また、ドルーの民(Drû-folk)という表現もある。*5
ドルーエダイン(Drúedain)
彼らがオークと敵対関係にあることを知ったエルダールが、ドルー(Drû)にエダイン(Edain)の語を称号として加えた名。単数形はドルーアダン(Drúadan)。
ルーアタニ(Rúatani)
「ドルグ」がクウェンヤに取り入れられて変化した形のルー(Rú)に、アタニ(atani)の語を加えた名。単数形はルーアタン(Rúatan)。ルーはシンダール語のドルーに相当し、ルーアタニはドルーエダインに相当する。
野人(やじん)(Wild Men)
共通語での呼び名。
ウォーゼ(Wose)
ロヒアリムからの呼び名。古英語で「森の野人」の意味のウドゥ=ワーサ(wudu-wása)のワーサ(wása)を現代化した形。
ローグ(róg)
ウォーゼに「翻訳」される前のローハン語の原語。ローグは単数形で、複数形はローギン(rógin)。
オゴル=ハイ(Oghor-hai)
第一紀オークが用いた名。意味は不明。

登場するドルーエダイン

Iron Crown Enterprisesによる設定

ドルーエダインの使用する言語はプーカエル語(Pûkael)とされている。

The Lord of the Rings Strategy Battle Game

99111499071_WildmenofDruadanNEW01.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • べレリアント崩壊後、エダインと共にヌーメノールに住んでいたのに彼らだけ、短命だったのだろう。 エダインは長寿を与えられたのに。 お世辞にも美しい容姿をしていなかったから、ヴァラールにアタニ扱いされなかったのかな? -- ピーチ番頭 2010-07-26 (月) 20:33:01
    • むしろドルーアダンの方が善悪問わず権威に恩を着せられたり囲い込まれるのは嫌っていそうですから、彼らの側で望まなかったのでは? -- 2010-07-26 (月) 21:19:26
    • 無欲恬淡な種族だから長寿を得るのは関心なかったかもね。 -- 斉藤チロン 2010-07-27 (火) 23:21:23
    • 長く生きることを望まなかったのかもしれませんね。予言の力といい、イルーヴァタールの心を最もよく感じ取っていた種族なのかもしれません -- すがる 2010-11-07 (日) 02:19:03
  • トールキンは南アに縁があるから、毒矢を使うサン人(ブッシュマン)の影響があるのかも。 -- 2010-10-15 (金) 20:37:10
  • 「狩りや追跡などの能力では他のどの種族よりも勝っていた」←エルフや野伏より? だとしたら、すごい人たちだ。 -- 2013-04-02 (火) 21:19:31
    • そんな彼らがたやすくロヒアリムに狩られたのは不自然だよね。 彼らのことだからロヒアリムが進出したら夜に行動するなどして目につかないようにしたのかもね。 もしかしたら白の山脈にオークが進出しなかったのは、彼らの活躍があったのかも? -- 2015-03-29 (日) 18:29:48
      • 難しいからこそロヒアリムに「挑戦しがいのあるスポーツ」と捉えられたのだろうし、殺されたりしたドルーエダインも少なかったため、ロヒアリムとの関係が決定的に悪くなる事も避けられたのでしょう -- 2015-03-29 (日) 22:10:04
      • 隠れる場所がなければ、狩りの腕前が一流でも軍勢に襲い掛かられれば、ひとたまりもないでしょう。 彼らが隠れ住む森は中つ国全般から見れば、わずかしかないみたいですし。 -- 2015-06-24 (水) 09:02:52
      • 単にオークに間違えられて狩り立てられたのかもしれませんね。 彼らにしてみれば不倶戴天の仇に間違えられるのは屈辱以外何者ではありませんが。 -- 2015-07-11 (土) 12:57:43
      • モリア戦争後、敗走したオーク共が白の山脈に住み着こうとしてロヒアリムと衝突した時期があったけど、そのいざこざに巻き込まれたのかも? -- 2016-02-26 (金) 11:13:13
      • 結果的にはオークは白の山脈に定着できなかったのは彼らのお陰かもね。 -- 2016-12-17 (土) 12:36:18
  • イメージ的にはマオリ族っぽくないですか?狩りが得意で森や野に非常に詳しいけれど、白人達に狩りの対象にされて大きく人口を減らした先住民達。 -- 2014-08-15 (金) 00:08:26
    • モアを狩り尽くした挙げ句、食人にまで走った野蛮人。 挙げ句のはてニュージーランドの隣のチャタム諸島の先住民モリオリ族を家畜にし食い尽くしたから、どちらかと言えばオークのほうが近いかも。 -- 2014-08-17 (日) 21:19:55
      • お前・・・・・・・わざと言ってんのか?煽ってんのか? -- 2014-08-17 (日) 22:20:27
      • 野蛮人は失礼だったかな。 でも上記に挙げたのは事実。 農耕民だった彼らは、島中に拡散した後、いくつかの部族に別れ、戦争していたし。 食人に関することも、かのジェームス・クックも目撃しているからね。 -- 2014-08-17 (日) 23:56:34
      • 戦争も征服も食人も乱獲も世界各地に例が見られますよ。マオリだけではないですし、それを言ったら人間がオークに近いんでしょうね。 -- 2014-08-18 (月) 15:33:44
      • 食人については「相手の力を自分に宿す」精神的儀式に近いものもあったらしいですし、単に殺して食うだけのオークとは全く別物かと。 -- 2014-08-19 (火) 12:28:34
      • 特定の生き物を狩り尽くして絶滅に追い込んだ事例は世界中の民族に山ほどありますがな -- 2014-08-20 (水) 23:52:55
      • 擁護意見なんざどうでもいい。要は荒れるかもしれない火種を蒔くなってことだよ -- 2014-08-21 (木) 12:57:08
      • 人それぞれ考え方が違う以上、意見のぶつかり合いが起きるのは当然。それをいちいち「荒れた」と毛嫌いしてると、いい大人にはなれないよ。 -- 2014-08-21 (木) 14:52:26
      • マオリの食人は宗教儀礼じゃなく、単に食べる為だったけどね。 -- 2014-10-06 (月) 09:55:58
      • ちなみに映画のアゾグを演じた俳優さんは、マオリ出身だそうな。 アゾグの格好はマオリの伝統衣装のオマージュかも。 -- 2015-02-26 (木) 14:25:15
      • むしろ、モリオリよりも「野蛮」ではなかったからこそ、戦争や侵略ができていたわけで。 -- 2015-10-08 (木) 17:16:02
      • 物質的には恵まれているが争いごとで事を収めようとする民度が低い輩と貧しいが何事においても話し合いで解決し争いを極力避けようと努める連中。 どちらが野蛮だろう? -- 2015-11-11 (水) 10:39:06
    • どちらかと言えばオーストラリアのアボリジニかな? 白人連中のスポーツハンティングの対象だったし。 -- 2014-10-06 (月) 09:52:24
      • 共通する性質は、異文化に対する無関心かな。 ドルーアダンは、他種族と接触しても彼らの文化、知識、技術を決して取り入れなかったし、アボリジニも始めて白人と遭遇しても大半は、無関心で興味を持とうとしなかったし。 -- 2015-02-26 (木) 14:21:57
      • 逆に好奇心旺盛で積極的に外来の文化を取り込もうとする連中もいるから、自分の知らないモノに対する興味、好奇心は先天的な性質かもしれませんね。 -- 2018-03-01 (木) 07:06:55
  • ヌメノールではどんな暮らしをしていたのでしょうね?都会生活?海辺の生活?どれも似合わないけれどヌメノールには深い森は無いし…よくわかりませんね。 -- 2015-01-05 (月) 01:22:22
    • そこそこ大きい島だし造船が盛んな位木も多かったんだろうから生活できるレベルの森はあったんじゃないでしょうか。 -- 2015-01-05 (月) 11:39:52
    • 海を恐れていたそうですから、海辺ではないと思います。もともと山麓に住居を設ける種族で、森の住居は二次的なもののようですから、ヌメノールの豊富な山麓か、あるいは普通に平地に小屋を建てて暮らしていたのではないでしょうか。森でなければ暮らせない、というわけではないでしょうし。 -- 2015-01-05 (月) 13:16:08
    • 森の中に入って狩猟採取の今までみたいな生活していたのかな。 ヌメノールの森の中でヴァリノール産の果物を食べて楽しく暮らしていたとか? -- 2015-03-29 (日) 18:24:01
      • ヴァリノール産の樹木から薬を作ってヌメノール人と物々交換すれば必要な品物は手に入れられそうだね。  -- 2015-04-03 (金) 14:34:31
      • 森の中は結構、不快極まりないものですよ。 人を刺す蚊やブヨの類が飛び回り、移動すれば蜘蛛の巣が顔にかかり、足元は毒蛇、毒虫の類が這い回る。 しかし、ヌーメノールの森は、そんな不快な生き物はいなかったでしょう。 快適な生活だったと思いますよ。 -- 2015-06-24 (水) 08:59:06
      • 毒蛇、毒虫等、生き物に害を成す生き物はモルゴスがねじ曲げ、中つ国に広めたものですからね。 -- 2016-06-25 (土) 12:32:57
      • ヌーメノールの光景はモルゴスの妨害がなければあり得たであろう中つ国そのものだとあるからね。 -- 2016-12-17 (土) 13:18:58
      • ↑それはヴァリノールの間違いではないかと -- 2016-12-17 (土) 16:59:16
  • サイロスはトゥーリン憎いあまり「この森のウォーゼ風情が!」ととんでもない差別発言をしていた。間違った形容であるのは言うまでもないが、ドルーエダイン蔑視されすぎて、こちらの胸が痛む。 -- 2015-01-10 (土) 14:05:48
    • 大半のエルダールは、好意的だったのにね。 まあ、彼等とオークは同属だと思っている輩もいたから仕方ないか。 -- 2015-02-26 (木) 14:29:19
    • 心根のネジ曲がった奴の事だから、他種族なんか格下の蛮族だと見下していたのは当然かもしれないけど全てのエルダールが同じとは言えないでしょうに。 -- 2016-12-17 (土) 13:24:29
      • でも一部の名のある -- 2016-12-17 (土) 15:47:22
      • 人物の愚行を見て全てのエルフがそうであるかのように嘲笑する人もいますからね。しかも諌める声にも耳を貸さない -- 2016-12-17 (土) 15:49:50
  • 一度も日の目を見ず、迫害されてばかりで損な役回りばかりの可愛そうな種族だね。 -- 2015-07-11 (土) 14:09:06
    • どんな状況でも生活習慣を改めようとしなかった彼らにも問題があったかもしれないね。 うまく立ち回ればヌーメノールからの縁でゴンドールのいい役職に就けたかもしれないし、王権の保護の下、安定した領地も確保できたかもしれないと思うけど。 -- 2015-11-11 (水) 10:46:02
      • ある程度の柔軟性も必要かもね。自分たちのアイデンティティーを守るのは大事だけど、あまりに頑なだと変化に対応できない。 どこかの学者じゃないけど、生き残るのは最も強い者でも賢い者でもない。変化に柔軟に対応できる者だと。 実際、彼等も対応できずに追いやられてばかりだし😢 -- 2016-12-17 (土) 13:30:57
      • >どんな状況でも生活習慣を改めようとしなかった彼らにも問題があったかもしれないね。 なんと上から目線で傲慢なことか、ノルドールやヌメノールがとりかえしのつかない過ちを犯したのはこの種の奢りなんだろうよ。 -- 2016-12-17 (土) 22:06:35
    • まあ第四期にはようやく平穏な暮らしが訪れたようで、何より・・・・ -- 2015-12-17 (木) 00:31:35
    • 単に未来を予測する観念はなかっただけかも。だから、その日その日を平和に過ごせればいいと思っていたに過ぎないかも。  -- 2016-02-08 (月) 12:06:41
    • 予測するどころか、予知能力を持つ節もあるのだが… ある程度森が豊かで、相応の技術を持っていれば、森の生活もよいものだろう。戦闘には向いていないようだが、魔法めいた力があれば物質的な文明は不要だろうし。 -- 2016-02-08 (月) 15:20:27
      • でも、その能力をうまく活用していないんだよね。 大宝玉戦争末期には絶滅寸前にまで追いこまれているし、第三紀でも迫害されているし。  -- 2016-02-26 (金) 11:09:48
      • でも、その能力でヌーメノール沈没から逃れる事ができた訳だし🌊 -- 2018-03-01 (木) 07:32:44
  • なんで海を恐れていたのかな? 元々、海とは関わりがなかったのに。 べレリアンド水没の際、溺れかかったのが遺伝子レベルでのトラウマになったのかな? -- 2016-02-26 (金) 11:16:31
    • 溺れかかっているところをモルゴス征伐し帰還する船団に拾われたのかもしれません。 その足で船にいた生き残りのエダインと一緒に海から引き上げられたばかりのヌーメノールに向かったでしょう⛵ -- 2018-03-01 (木) 07:45:25
  • スターウォーズでいうところの古代シス民族だな。シスみたいに発展してったら中つ国を席巻できたかも。 -- 2016-06-25 (土) 10:08:06
    • シスってそういう民だったッけ? -- 2016-06-25 (土) 23:12:54
  • 映画に出ると、ローハンに対する見方が変わり、人種差別うんぬん言う人たちが余計に出てきたと思われるので、尺の都合も兼ねて存在自体が初めからカットされたのが容易に想像できる -- 2016-12-18 (日) 19:05:29
    • れっきとした白人なのに名前だけで有色人種と勘違いされてるのが悲しい -- 2016-12-18 (日) 19:22:22
      • 白人? -- 2018-02-23 (金) 10:12:18
      • 褐色人とごっちゃになってるんじゃないの? -- 2018-02-24 (土) 03:32:55
      • 彼等のモデルと、ここのコメント欄で言われているネアンデルタール人は紅毛碧眼の白人みたいな容貌に復元されてますしね。 -- 2018-03-01 (木) 07:36:34
      • 逆にネアンデルタール人以外の人類はみんな黒っぽかったらしい -- 2018-03-01 (木) 16:30:11
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 旧版では「現地の人」
*2 指輪物語』での訳は「ドルアダン」
*3 指輪物語 王の帰還』「ローハン軍の長征」 メリーの目撃したガン=ブリ=ガンの姿
*4 指輪物語 王の帰還』「ローハン軍の長征」 ガン=ブリ=ガンの言葉
*5 ドルーエダインの名称ができて以降、ドルー(Drû)の語は「ドルーの民の家族(a family of the Drû-folk)」の意味のドルーノス(Drúnos)や、「ドルーの民の荒れ地(the wilderness of the Drû-folk)」の意味のドルーワイス(Drúwaith)のような複合語の要素としてのみ残った。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-01 (木) 16:30:11 (265d)