ドルウィンリム

概要

カテゴリー種族
スペルDorwinrim*1
その他の呼び名

解説

ICE設定に登場する種族。ドルイニオンからリューンの湖に至る土地に住む人間に与えられた名。
主にロガシグ語を使用する。

自らを川の民(River Lander)を意味するフォルヤヴルドク(Folyavuldok)と称している。霧ふり山脈の褐色人ドゥーネダイン以外のゴンドール人とは第二紀の民ダエンを共通の祖先に持つ。また、第二紀の東夷の民ウガス(Ulgath)の血も引いている。

自由な発言や議論、交渉を重んじる人々で、都市部に住む者の多くが商人や外交に従事している。ケルドゥインよりも北の地域で行われている取引の大部分はドルウィンリムが管轄し、北のイラニン?(Ilanin)からリューンの湖の畔まで、川沿いに多数の砦を築いて東夷の略奪者を監視し、交易路を往来する隊商の安全を保障している。また、湖を航行する船も彼らによって造られたものが一般的である。
過去にはエント女とも交流があり、彼女らから農業の知識を授けられた。葡萄酒を始め、多くの優れた農産品の作り手としても知られるのはこのためである。東夷と西方人の家系が併存しているが、両者とも互いの文化を敬意をもって受け入れている。

土地の精霊の存在を信じており、至る所に石の祠を建てて精霊を奉っている。こうした祠には多数の蝋燭と香が用意され、人々は加護と祝福を求めて祈りを捧げている。
地方ごとに多数の神々が信仰されており、大地の乙女アルデナ(Aldena)がその主神とされ、ドウウィンリム全体が崇拝している。一部の神々はヴァラールマイアールと同一視されており、イルーヴァタールはディアンティ(Dianti)、マンウェは風の王スカリ(Scari)、ウルモはサノール(Sanor)、ネスサ?はリルラ(Lilra)という。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ドルイニオンにはアヴァリも住んでいたようなのですが・・・。 -- ホビット 2009-04-19 (日) 13:56:33
  • この民は北国人なのか東方家系の民なのか、それともヌメノール系なのか、混血なのか、気に成ります。 -- 2011-01-28 (金) 19:07:26
    • ロガシグ語を使っていたらしいですから東夷系だったのではないでしょうか?若しくは東夷とエダインの祖達の混血か。 -- 2011-04-02 (土) 15:28:24
    • 恐らく東夷系が主体ではないでしょうか。西方を攻撃する東夷勢力も通過していますのでエダイン系が無事でいられるとは思いにくいですし。 -- 2012-08-16 (木) 12:13:53
    • 東夷と西方人の混血 -- 2018-03-19 (月) 02:34:27
      • ありえますね。 -- 2018-03-19 (月) 13:09:55
  • ある種、アヴァリの影響もあったでしょうしエダインに似たような性質を持った民族だったかもしれませんね -- 2015-12-30 (水) 20:41:11
    • ICE設定ではアヴァリに友好的な東夷もかなりいるし、彼らの居住地域も広域に分布してる -- 2015-12-31 (木) 00:38:45
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 単数形ドルウィナダン(Dorwinadan)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-19 (月) 13:09:55 (247d)