• トーリン・オーケンシールドの祖先、トーリン一世(Thorin I)についてはトーリン一世を参照してください。
  • ダイン二世の息子で、エレボールの山の下の王国の王位を継いだ石兜トーリン三世(Thorin III)についてはトーリン三世を参照してください。

トーリン二世(にせい)

概要

カテゴリー人名
スペルThorin II*1
その他の呼び名トーリン・オーケンシールド(Thorin Oakenshield)
山の下の王(King under the Mountain)
種族ドワーフ長鬚族
性別
生没年第三紀2746~†2941(享年195)。在位2850~2941(91年間)
スライン二世(父)
兄弟フレリン(弟)、ディース(妹)
配偶者なし
なし

解説

長鬚族の王
先代
スライン二世
2790~2850
樫の盾トーリン二世
第三紀2850~2941
次代
ダイン二世
2941~3019

トーリン・オーケンシールド(かし)の盾*2と呼ばれる。はなれ山(エレボール)の王であったスロールの息子であるスライン二世の息子で、フレリンディースの兄。
エレボール没落後は名目上に過ぎなくなったとはいえ、ドワーフ七氏族の最長老であるドゥリンの一族長鬚族)の王。そのため非常に誇り高く、さらに頑固で時に高慢でもあった。だが決して愚かだったわけではなく、いざとなれば勇敢であり、ドワーフらしく仇を忘れることが無いように、恩義を忘れたりないがしろにしたりすることも決してなかった。

ホビットの冒険』にてビルボ・バギンズを連れ、はなれ山邪竜スマウグより奪回するための冒険に旅立った13人のドワーフの頭。同作では銀の房のついた青空色の頭巾をかぶり、首に金の鎖をかけていた。お茶の時間に袋小路屋敷に押しかけた際には、ガンダルフといっしょにビルボに赤ワインを注文し、食後には金のハープを演奏している。

来歴

第三紀2770年、エレボール(はなれ山)スマウグに襲撃された時、トーリンは祖父スロール、父スライン二世らと共に脱出する。
その後スロールが殺されたことに端を発し、2793年よりドワーフとオークの戦争が起こる。決戦となった2799年のナンドゥヒリオンの合戦で、ドワーフ軍がナンドゥヒリオンの林に追い込まれた時、トーリンは斧で切り落としたオークの木の枝を自らの割れた盾の代わりとした。これがオーケンシールドの名の由来となった。
戦いの後は父のスライン二世と共に褐色人の国に戻るが、その後エリアドールを放浪し、やがて2802年に青の山脈(エレド・ルイン)で暮らすようになる(トーリンの館)。行方不明となっていたスラインが2850年にドル・グルドゥアで死ぬと、トーリンがドゥリン一族の王となり、青の山脈で徐々に一族と富を増やしていった。だがトーリンは、ずっとかつてのエレボールの栄光に焦がれており、スマウグへの復讐の念を胸に抱いていた。

そこでトーリン・オーケンシールドがドゥリンの世継となったが、望みなき世継だった。スラインが行方知れずになった時、トーリンは九十五歳、挙措尊大な大ドワーフであった。

歳月が過ぎ去っていった。トーリンの胸の中の燠がふたたび熱くなり、かれは一家の経てきた悲運と、自分の受け継いだ竜への復讐を念頭に絶やさなかった。鍛冶場に大槌を鳴り響かせながら、かれは武器と軍隊とドワーフ連合軍のことを考えた。しかし軍隊は解散し、連合軍はばらばらになり、かれの一族の持つまさかりの数は僅かである。鉄床の上に赤い鉄を打ちながら、かれは望みのない激しい怒りに身を焦がした。*3

ガンダルフとの出会い

2941年3月15日、旅から帰る途中ブリー村に立ち寄ったトーリンは、偶然ガンダルフと出会う。エレボールを奪回したいトーリンと、スマウグを排除したいガンダルフの思惑が一致、トーリンはガンダルフを青の山脈自分の館に招いて遠征への助力を依頼した。
当初トーリンは、軍を起こしてスマウグに公然と戦いを挑むことばかりを考えていたが、ガンダルフは北方の情勢悪化の裏には死人占い師サウロン)の悪意があることを見通しており、その妨害を避けるためにも隠密行動を選ぶべきであると提案、それに役立つ忍びの者としてホビットビルボ・バギンズを同行させるよう強く主張する。

トーリンは、最初ガンダルフの計画に懐疑的であり、ビルボを連れていくことにも反対だった。実際に袋小路屋敷を訪れ、突然の来客に動揺したビルボの滑稽な振る舞いを目にしたトーリンは、ガンダルフが自分を愚弄しているに違いないと考え内心激怒していたという。
しかしその夜、ガンダルフはドル・グルドゥアで今際のスラインから預かっていた、エレボールの秘密の隠し戸の在処を示したスロールの地図とその鍵を明らかにする。地図と鍵を受け取ったことで、ようやくトーリンはガンダルフを信用し、彼の計画に乗って遠征を行うことを決意。エレボールの財宝の14分の1を報酬に、ビルボを忍びの者として正式に雇い入れた(このいきさつは『終わらざりし物語』「エレボールへの遠征」に詳しく述べられている)。

エレボール遠征

トーリン・オーケンシールドをはじめとした13人のドワーフドーリノーリオーリバーリンドワーリンフィーリキーリオイングローインビフールボフールボンブール)と、忍びの者ビルボ・バギンズ、そして魔法使いガンダルフは、第三紀2941年4月のある日、はなれ山への遠征に出発した。

旅の途中、エルフの名剣オルクリストトロルの岩屋で発見し、身に帯びるようになる(だが後にオルクリストは、森の王国でエルフに取り上げられた)。
はじめは忍びの者であるビルボに危険や厄介事を押しつけてばかりいたが、次第にビルボが豪胆さを身につけ、ドワーフを凌ぐ忍びの技(その一部は手に入れた姿を見えなくする指輪の力による)を発揮して仲間の危機を救うようになると、厄介事を押しつける姿勢はそのままながら彼を非常に高く評価し、信頼を寄せるようになる。
はなれ山にたどり着き、スマウグのいない間に財宝を検分した際には、多大な働きへの感謝のしるしとしてビルボに、ミスリル製の白銀色の鎖帷子を贈っている。

しかしスマウグが滅ぼされると、トーリンはエレボールの財宝、そして財宝の中にあるはずの(ビルボが密かに拾って隠していたために発見できなかった)アーケン石に固執。
スマウグの被害を受けたエスガロスへの援助と財宝の分配を拒絶し(これは、トーリンの元にやってきたバルドが、スランドゥイル率いる森の王国の軍勢と行動を共にしていたために態度を硬化したというのもあった)、エレボールに籠城する。そしてビルボによってアーケン石がバルドに渡されていたことを知ると、トーリンは激怒してビルボを追放。バルドと交渉してアーケン石を買い戻すように見せかけつつ、大ガラスロアークの使いをくろがね連山ダインのもとに送ってドワーフの援軍を呼び寄せ、エスガロスの人間やスランドゥイルのエルフの軍勢と一戦交えてでも、アーケン石を含め全ての財宝を自らのものにするつもりであった。

そして今にもドワーフと人間、エルフの戦いが始まるとしていたとき、突如として霧ふり山脈から遠征してきたゴブリンワーグの軍勢が現れたため、包囲軍とダインの軍は急遽停戦してこれを迎撃、五軍の合戦となる。
数の上で勝るゴブリン・ワーグ軍に、ドワーフ・人間・エルフ側は次第に劣勢となるが、そこでトーリンは財宝への執着を断ち切って籠城を止め、山の下の王として12人の仲間達と共に撃って出ることで戦いの流れを変えた。トーリンらは敵陣深くまで攻め入りゴブリン軍の総大将ボルグに迫るも、ボルグの用心棒の守りを突破することができず逆に包囲され、フィーリキーリは討死にしトーリンも致命傷を負う。だがトーリンは、熊の姿でやってきたビヨルンに戦場から運び出され、ビヨルンと大鷲達の援助もあって戦いはドワーフ・人間・エルフの側の勝利に終わった。

合戦が終わった後、ビルボと再会したトーリンは彼に謝罪の言葉を述べ、和解して身罷った。

「あなたの心のなかには、あなたが知らないでいる美しさがあるのじゃ、やさしい西のくにのけなげな子よ。しかるべき勇気としかるべき知恵、それがほどよくまじっておる。ああ、もしわしらがみな、ためこまれた黄金以上に、よい食べものとよろこびの声と楽しい歌をたっとんでおったら、なんとこの世はたのしかったじゃろう。だが、かなしいにせよ楽しいにせよ、もうわしは、ゆかなければならぬ。さらば、じゃ!」*4

トーリンの遺体はアーケン石及び、スランドゥイルから返還されたオルクリストと共に、はなれ山奥深くの墓所に葬られた。彼と共にあるオルクリストが敵襲を知らせるために、はなれ山のドワーフは二度と奇襲を受けることがなかったという(詳細はホビットの冒険/ストーリーを参照)。

山の下の王には、トーリンにとって又従兄弟にあたるダイン二世が即した。

映画『ホビット』における設定

原作よりも若い、壮年のドワーフ。年齢は少なくとも150歳以上で、オイングローインとほぼ同世代である。鬚を短く刈っており実際よりも若く見える要因になっているが、これにはエレボールで死んだ者への追悼、自らの戒めの意味が込められているとリチャード・アーミティッジが語っている。

エレボールスマウグに攻撃されたとき、スランドゥイルが自らの軍勢をスマウグと戦わせることを恐れて見捨てたため、エルフに強い不信を抱くようになった。
ナンドゥヒリオンの合戦において、アゾグに追い詰められた際に、樫の枝を盾に使って反撃、アゾグの左腕を切断して退却に追い込み、戦局を一変させた。この時の樫の枝を、より使いやすい盾として加工し、そのまま使い続けて持ち歩いていた。この盾はゴブリン町を抜けた後のアゾグとの再戦時に意識を失い、大鷲にすくい上げられた時に落としている。
オルクリスト闇の森で、レゴラスに取り上げられている。

当初は原作同様、ビルボ・バギンズが旅に役立つのか非常に懐疑的であり(実際一行がゴブリン町を抜けるまでは、ビルボは足手まといになっていることが原作よりも強調されている)、ビルボを連れてきたのは間違いだと考え、一行が裂け谷を出た直後、霧ふり山脈での夜営中、ビルボがひとりで帰ろうとしていることに気付いても、止めようとしなかった。
だがゴブリン町を抜けた後、自分がアゾグに追いつめられ、他のドワーフが助けに行けない状況の中、ビルボが危険を冒して自分を助けに来たため、彼を信用するようになる。

祖国の再興を誰よりも強く願っていた。一方、祖父スロールが財宝に魅了されるのを目の当たりにし、自分はそうはならないという信念を持っていた。だがトーリンも実際にエレボールの財宝を目にして魅了されてしまい、特にアーケン石に執着する様子を示すようになる。このスマウグの呪いは原作よりも強く描かれており、セリフの一部はトーリンの声とスマウグの声が合成されている。また仲間の裏切りを疑い、さらにアーケン石をバルドたちに渡したことを告白したビルボをも殺そうとした。

葛藤の末に理性を取り戻してからは五軍の合戦の渦中に飛び込み、からすが丘に陣取るアゾグを討ち取るべく、フィーリキーリドワーリンとともに向かう。罠にはまったフィーリとキーリが殺される中、トーリンもまた追い詰められるが、レゴラスの投げたオルクリストを受け取り危機を脱した。その後はアゾグとの決戦を制し、長年の因縁に終止符を打つが、自身も致命傷を負ってしまう。そして、介抱しようとするビルボに謝罪と感謝の言葉を述べて生涯を終えた。

籠城時は、原作にあるかがやくよろい純金のようにかがやきわたりました。の記述通り、黄金の鎧を身につけている。だが五軍の合戦に突入するときは、黄金の病から解き放たれたことを強調するためか、出立時の防具に近い鎖帷子となっている*5

thorin.jpg thorin2.png

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

プレイヤーの種族にドワーフを選んでゲームを開始すると、チュートリアルプレイ時に、エレド・ルインからはなれ山へ出発しようとしているトーリンが、旅にホビットを連れていくべきだというガンダルフと言い争っている光景が見られる。
この光景は、『終わらざりし物語』に記されているトーリンとガンダルフのやり取りを元にしている。

チュートリアル終了後は五軍の合戦後になるため、トーリンは登場しない。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるトーリン・オーケンシールド

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 強く美しく儚い王。せめて原作みたいに無邪気にはしゃぐ場面が観たかった。 -- 2016-04-21 (木) 01:40:43
    • どこまでも付いていきたくなる背中だったな -- 2016-05-11 (水) 21:55:38
      • 袋小路屋敷でハープを演奏するトーリン見たかった -- 2016-05-12 (木) 01:22:03
      • あの背中に民の背負った重責をたった一人で引き受けて戦ってきたんだと思うと、込み上げてくるものがあった。 -- 2016-05-18 (水) 21:29:51
    • ドワーフの歴史上、一度国失った国を再興した唯一の王では? -- 2016-05-18 (水) 21:26:56
    • 言い方は凄まじく陳腐になるが、トーリンにとっての宝は一緒に旅した仲間だったんだなと思う。それに比べてスランドゥイルの孤独さといったら… -- 2016-06-23 (木) 22:39:55
  • アーケン石を巡るビルボとの言い争いで「そのわたしを、ネズミの末だと!」っていい返されちゃってちょっとたじろぐ辺りのシーンが何とも言えず好きなんですよね。 -- 2016-10-23 (日) 08:30:15
  • 映画はクリンゴンっぽいという声も -- 2016-11-05 (土) 00:05:58
  • 映画版で民を養うためにかな、人間の村で鍛治仕事してるシーンを見て、「この人はこの時の体験を怨みや屈辱として受けとっていたのかな」と思った。この体験がなければ、もっと優しい性格になれたんだろうけど……。 -- 2017-01-05 (木) 23:07:50
    • 今まで友好的に接してた取引相手の都市が国を失った後は掌を返して冷たい態度になったりもしたろうな -- 2017-01-05 (木) 23:11:40
      • スランドゥイル軍の反転なんか典型的だよね。見てるこっちも「スマウグと戦えとは言わないけど、せめて避難民の保護くらいしてよ」とは思ったなあ。 -- 2017-01-06 (金) 12:02:01
      • 金の切れ目が縁の切れ目と言えば、それまでですが、窮地に立っている時の手のひら 返しはきついですね。 これでは他種族に対し頑なになるのは無理ないですね。 -- 2017-01-08 (日) 02:31:10
      • 特にドワーフは他人との忠義を尊ぶからな -- 2017-06-11 (日) 00:52:27
  • EE三部作を全部観終わったけれど、これはトーリンとビルボの物語だったな。最後には涙が。 -- 2017-05-07 (日) 19:09:00
    • だな。 -- 2017-10-20 (金) 23:09:46
  • 斧が矢印の形をしてましたが、道に迷った時はあの斧が倒れた方向に行ってたんじゃ・・・・・ -- 2017-05-23 (火) 19:58:02
  • 同時に祖父スロールや父スラインのように財宝に人生を狂わされ、不幸をもたらすことを恐れていた。とありますが、そのような描写ありましたっけ? -- 2017-07-26 (水) 13:59:09
    • 裂け谷などで「黄金は人を狂わせる」という話をされて「私は祖父とは違う」みたいなことを言っている場面がありますが、ちょっと解説文とはニュアンスが違いますね、解説のほうを修正した方がいいかも -- 2017-07-27 (木) 02:32:17
      • なるほど 確かにその場面ありましたね ありがとうございます! -- 2017-07-27 (木) 12:39:16
  • トーリン…本当に勇ましかったな… -- 2017-08-10 (木) 20:25:11
  • この人、信頼できる部下はたくさんいただろうけど、友達と呼べるような存在はいなかったんだろうな、王だから。それを考えれば、ビルボの「友達だった」という言葉の重みがよく分かる気がする。 -- 2017-10-14 (土) 01:34:43
    • 195歳でようやくできた友達に裏切られたと感じたなら、そら城壁から投げ落としたくもなる -- 2017-10-14 (土) 01:39:03
  • 正直好きになれんのよね・・・他人(エルフ)の家宝奪っておいて宝は渡さない、全部自分のものだ!って、ドワーフの方が先にエルフに酷いことしたのに、最初に信頼を裏切っておいて都合の良いこと言ってるなぁ、自業自得じゃね?って見てて思った。 -- 2017-10-20 (金) 22:52:23
    • 生来頑固な種族だし、財宝に魅入られた状態だったから自己中なのは仕方ない気もする。1つの指環ほどじゃないだろうけどガンダルフの言によれば呪いの財宝っぽいし -- 2017-10-20 (金) 23:19:35
      • 財宝の呪いと関係あるかどうかわからないけど、激怒してるスマウグが外に解き放たれて大惨事を招いたのが明らかにも関わらず、それらに全く関心も良心の呵責も感じてないトーリンの姿は怖かったなあ。 -- 2017-10-31 (火) 08:48:46
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 Thorinは古ノルド語で“bold-one”(「挑む者」「恐れを知らない者」「厚かましい」「力強い」「険しく切り立った」「勢いが激しい」等)の意
*2 英語のoak(オーク)という単語(他のヨーロッパ言語も同様)は、常緑性のカシと、落葉性のナラの両方に用いられる。常緑性のカシのみを指す言葉はライヴオーク(live oak)である。英国に分布するoakはナラに相当するため、正確には「(なら)の盾」と訳すべきであろう。
*3 指輪物語 追補編』「ドゥリンの一族」
*4 ホビットの冒険』「帰りの旅」
*5 『決戦の行方 エクステンデッド・エディション』のメイキングによると、アクションがしやすい装備にしたとのこと。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-16 (火) 14:35:26 (303d)