トル・モルウェン

概要

カテゴリー地名
スペルTol Morwen

解説

元のカベド・ナイラマルスの崖上。ニエノールが身を投げ、トゥーリンが自害し、モルウェンが死んだところで、彼らの墓石である不運なる者たちの墓石がある。
この地はグリアフインという予言者によって、海が全陸地を飲み込もうと覆されることはないと予言された。実際にベレリアンド怒りの戦いで崩壊して水没しても、この地だけが島として海岸線の彼方に残ったという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • アゾレス諸島は大きすぎるし、現在大西洋のどこにあるのだろう、と思いに耽る。
    • バーミューダ島? -- エグゼクター 2008-01-13 (日) 10:14:23
      • 遠すぎだろ!やっぱりアゾレス諸島だったんじゃないの? -- ホビット 2008-11-09 (日) 12:43:14
    • 神秘の力で海没を免れたトル・モルウェン、もしかすると豊富なダイヤモンド鉱床をもち、極めて長寿の少年王が治める独立国として、今でも大西洋の真ん中に浮かび続けているのかもしれませんね。 -- 2016-12-23 (金) 12:56:41
      • パタリロ?? -- 2016-12-23 (金) 22:31:11
      • 入手できる限りの文献(ISBN-13: 978-4592880714~ISBN-13: 978-4592194682)において、かの王朝の滅亡は記録されてないので、いいことなのかわるいことなのかはわかりませんがもしかするとあのエルフさんの貴公子がテルコンタール王朝の行く末を言祝いだ言葉はこのように成就されてたのかも。バンさんマラさんもあの眷属とか・・・ -- 2016-12-23 (金) 23:16:07
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-23 (金) 23:16:08 (694d)