トル・ブランディア

概要

カテゴリー地名
スペルTol Brandir
その他の呼び名ティンドロック島(Tindrock Isle)

解説

ティンドロック島シンダール語*1ネン・ヒソイルからラウロスに至るアンドゥインの流れの中にある島。
島自体が河の中からそそり立つ非常に険しい岩山で、アラゴルン二世によると、かつて人も獣もトル・ブランディアの山頂には登ったことがないという。島の西の対岸にはアモン・ヘン、東の対岸にはアモン・ラウの峰がある(正確にはトル・ブランディアは他の二つの峰より北寄りにある)。

島の山腹は流れる水の中から切り立って聳えていました。高い崖の上には木々の生い茂る急峻な斜面があり、木々の梢が順に山を這い覆っていて、さらにその上には近寄りがたい岩が灰色の面を見せ、山頂には尖塔のように聳える岩がありました。その頂き岩の周りをたくさんの鳥が旋回していましたが、他に生きているもののいる気配は見られませんでした。*2

コメント

コメントはありません。 Comments/トル・ブランディア?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 Guide to the Names in The Lord of the Rings』によると、ティンドロック(Tindrock)とは古い共通語での島の名を表したもので、トル・ブランディアというエルフ語の翻訳名ではない。共通語なので翻訳すべきだが、邦訳では音写に留められている。tindはspikeの意味。
*2 旅の仲間』「一行の離散」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-20 (日) 10:47:18 (999d)