テレリ語

概要

カテゴリー言語
スペルTelerin
その他の呼び名

解説

アマンテレリファルマリ)の言葉。
出版された『シルマリルの物語』によると、大いなる旅でアマンへ渡ったテレリは彼らとの別れを惜しむオッセの声に応じてトル・エレッセアに長く住んでいた時期があり、彼らの言葉は先にアマン本土へ渡っていたヴァンヤールノルドールの言葉(クウェンヤ)とは異なるものになったという。

終わらざりし物語』によると、テルペリオン(Telperion)にはテレリ語で銀の意味のtelep-, telpeが含まれる。アマンのテレリは銀を金よりも重じ、彼らの優れた銀細工の技にはノルドールも敬意を払った。そのためノルドールはクウェンヤのtyelep-, tyelpeではなくテレリ語のtelep-, telpeを一般的に用いた。
またテレポルノ(Teleporno)や、彼が妻に与えたアラターリエル(Alatáriel)の名もテレリ語である。

The Peoples of Middle-earth』によると、フィンダラート(Findaráto)、アンガラート(Angaráto)の名も完全なクウェンヤではなく、テレリ語の語形である。*1

él síla lúmena vomentienguo
(エール・シーラ・ルーメナ・ヴォメンティエングオ)*2

コメント

コメントはありません。 Comments/テレリ語?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 クウェンヤとして完全に正しい語形はアルタフィンデ(Artafindë)とアルタンガ(Artanga)。
*2 The War of the Jewelsクウェンヤの挨拶の言葉Elen síla lúmenna omentielvoのテレリ語形

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-02 (木) 01:30:07 (629d)