ダゴール=ヌイン=ギリアス

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルDagor-nuin-Giliath
その他の呼び名ベレリアンド戦役の二度目の合戦、ベレリアンド戦争の第二の合戦(Second Battle in the Wars of Beleriand)

解説

シンダール語で「星々の下の合戦(Battle-under-Stars)」の意。太陽が昇る前、流謫の身となり中つ国に来たフェアノール率いるノルドールの一党とモルゴスの軍勢との間で行われた戦い。宝玉戦争における第二の合戦。

ロスガールファルマリの船を燃やした後、ドレンギストの入り江の外のランモスの海岸から中つ国に上陸したフェアノール彼の息子たちの一党は、ミスリム湖の北岸まで来て野営した。しかし、ロスガールで焼かれた船の燃えさかる明かりを見て警戒していたモルゴスの軍勢が、エレド・ウェスリンの山道を通ってまだ設営の十分に整っていないフェアノールの陣地を急襲し、星空の下のミスリムの野で合戦が行われた。フェアノールらノルドール側は数に劣り、不意をつかれたにも関わらず速やかに勝利を収め、モルゴス軍はエレド・ウェスリンを越えて敗走し、北のアルド=ガレンの大平原まで追撃されていった。
この時、ベレリアンド最初の合戦ファラスの港のキーアダンを包囲していたモルゴス軍が援軍として差し向けられたが、ケレゴルムがこの動きを察知し、待ち伏せてエイセル・シリオンに近い丘陵から奇襲をかけ、セレヒの沼沢地に追い込んで壊滅させた。

合戦は十日間に及び、モルゴスの軍勢に甚大な損害を与えたが、フェアノールは憤怒にかられて突出し、アングバンドまで行き着こうとしてドル・ダイデロスの境界で包囲され、バルログの首領ゴスモグに襲われて致命傷を負った。そして、追いついた息子たちによって救出された後、ミスリムに引き揚げる途中のエイセル・シリオンに近いエレド・ウェスリンの山腹で、モルゴスの名を三度罵り、息子たちに誓言の死守と父の仇を討つことを託して死んだ。彼の魂は火のように燃え、自らの肉体を灰にして飛び去ったという。

フィンゴンによるマイズロスの救出と、ノルドール族の和解

フェアノールが死んだ直後、モルゴスの使者が来て偽りの休戦交渉を持ちかけ、シルマリルの一つを引き渡してもよいと言ってきた。マイズロスは弟たちを説得し、十分に警戒して交渉の場に赴いたが、モルゴス側の使者にはバルログまでおり、マイズロスは生きたまま人質としてアングバンドに捕らえられた。モルゴスはフェアノールの息子たちに戦いを放棄してベレリアンドを去るよう要求したが、マイズロスの弟たちは自分たちがどのように行動しようとモルゴスがマイズロスを釈放することはなく、また誓言に縛られている以上戦いを放棄することも出来ないことを知っていた。
そこでモルゴスは、マイズロスをサンゴロドリムの絶壁から右手に枷を嵌めて吊り下げた。

初めて昇ったに全世界が驚嘆していた頃、フィンゴルフィンの一党がヘルカラクセを渡って進軍してきた。彼らは太陽の光に脅えたモルゴスの配下たちがアングバンドに籠っている間にドル・ダイデロスを通過し、アングバンドの門の前でモルゴスに挑戦を呼びかけた(この時マイズロスは声を上げて助けを求めたが、彼らは気付かなかった)。だがフィンゴルフィンはそのまま中に攻め込むような無謀な真似はせず、退いてフェアノールの息子たちがいるミスリムに向かった。こうしてフェアノールの一党とフィンゴルフィンの一党はミスリム湖を挟んで居住することになった。

マイズロスがアングバンドに捕らわれていることを知ったフィンゴンは、単身彼を救出することを決意し、サンゴロドリムの山に登ってマイズロスを発見した。だがマイズロスの吊るされている絶壁に近づくことは出来ず、マイズロスは自分を殺してくれるように頼んだ。万策尽きたフィンゴンがマンウェに呼びかけると、それに応えてソロンドールが現われ、フィンゴンをマイズロスの許まで運んだ。フィンゴンは魔法のかけられた手枷からマイズロスの右手首を切断して彼を救出し、二人はソロンドールによってミスリムに送り届けられた。

回復したマイズロスは、アラマンフィンゴルフィンたちを置き去りにしたことへの許しを請い、自らノルドールの王権を放棄してフィンゴルフィンに王位を譲ったことで両家の遺恨は和らげられ、ノルドールはここに再び団結した。

コメント

コメントはありません。 Comments/ダゴール=ヌイン=ギリアス?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-08 (水) 02:34:53 (896d)