ゴンドール人

概要

カテゴリー種族
スペルGondorians
その他の呼び名ゴンドールの人間、ゴンドール人、ゴンドール国民、ゴンドールの国人(くにびと)(Men of Gondor)
ゴンドールの民(the folk of Gondor)
ゴンドール国人、ゴンドールの民、ゴンドール(の)国民、ゴンドールの人々(the people of Gondor)
西方の偉大なる民(Great People of the West)
タルク(tark)

解説

ゴンドールの国民である人間のこと。
第二紀ヌーメノールから移住してきたドゥーネダイン、ゴンドールの版図内に元々居住していた人間、第三紀ロヴァニオンから移住してきた北国人などの混血。ただし執政のフーリン家やドル・アムロスの大公家のような高貴な身分の人間にはドゥーネダインの血が色濃く受け継がれていた。

ゴンドールの一般市民は普通の人間だが、ヌーメノール王家の血を受け継ぐエレンディルの息子アナーリオンの血筋の王と、ドゥーネダイン(ヌーメノール人)の貴族(執政もこれに含まれる)に統治されていた。だが時代が進むに従い混血が進み、ヌーメノール人の血は次第に薄くなっていった。

ゴンドール人の母語は西方語であった。ゴンドールは西方語の発祥の地なので、他地域に比べて古雅な言葉遣いが保たれていた。
高貴な身分の者や一部の民にはシンダール語や時にクウェンヤも知られ、指輪戦争の時代にそのような者は主にミナス・ティリスとそれに隣接する村落、及びドル・アムロスに住んでいた。たが、日常会話でそういったエルフ語を用いる者はほとんどいなかった。
ゴンドールの人名や地名は主にシンダール語で名付けられたが、先ヌーメノール語に由来する名前も一部に存在した。

タルク (tark)

ゴンドール人のことを指す、オークの言葉。西方語においてヌーメノール人の子孫を指す語として使われた、クウェンヤの単語のタルキル(tarkil)がオーク風に崩れたもの。

コメント

コメントはありません。 Comments/ゴンドール人?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-11 (火) 07:55:18 (98d)