ゴンドールの角笛

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルhorn of Gondor

解説

ボロミアが持っていた大きな角笛。銀の口金が巻かれ、古代の文字が刻まれていた。
ヴォロンディルリューンで狩った白い野牛*1の角から作られ、以来、執政家の長子に代々受け継がれてきた。危急の際、ゴンドールの版図の及んだ領域内でこの角笛が吹き鳴らされれば、どこであろうと注意を引かないことはないと言われる。

ボロミア殿がいつも帯びておられた角笛です!」と、ピピンは叫びました。
「その通りだ。」と、デネソールはいいました。「予の時には、予が持っておった。わが家の長子がみな順にこれを持っておってな、王家の滅亡以前の今は遠くかき消えた時代にまでさかのぼる。マルディルの父ヴォロンディルリューンの遠い野にアラウの野牛を狩った時以来だ。」*2

指輪戦争においては執政デネソール二世の長子ボロミアが受け継いで所有していたが、彼が死んだときに真っ二つに割れてしまった。
割れた角笛はボロミアを葬ったアラゴルン二世たちの手により、棺台となったロスローリエン小船にボロミアの遺体と共に乗せられてアンドゥインに流されたが、オスギリアス近辺でファラミアが小船を目撃した時に角笛は無かった。片方はエント川との合流点の川下、ゴンドールの見張りが置かれた蘆の中で発見され、もう片方は河に流されているところを発見された。回収された角笛は、両方ともデネソールの許に届けられた。

ボロミアは死の直前、パルス・ガレンにおいてペレグリン・トゥックメリアドク・ブランディバックオークの襲撃を受けて連れ去られようとした時、この角笛を高々と吹き鳴らした。この時近くには直ちに援助に駆けつけられる者がおらず、ボロミアは単身命を落としたが、角笛の音はアラゴルン二世らの耳に達し、また遥かに遠くゴンドール領内にいたデネソール二世ファラミアもこの音を耳にしたように思ったという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • この角笛は指輪戦争後も執政家の家宝として大切にされたんでしょうね。 -- ホビット 2008-12-28 (日) 14:15:44
  • 角笛は何故、遠くまで轟くの~♪ -- 2013-10-02 (水) 19:14:05
    • あの人はどこ~で永眠(ねむ)っているの~♪ おし~えて~(´;ω;`) -- 2013-10-04 (金) 20:13:18
      • おし~えて~ガンダ~ルフ~♪ おし~えて~♪  ゴンドールの白の木よ~♪ -- 2015-07-23 (木) 15:53:53
  • 映画版のボロミアの角笛の音はすごくよかった。 -- 2013-10-04 (金) 21:31:43
  • アラウの野牛って狩っちゃってよかったんでしょうか....オロメが怒りそうなもんだけど。 -- 2017-03-23 (木) 12:08:13
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 リューンの湖の近くに生息する牛の一種。この種は伝説ではアラウの牛の子孫とされる。
*2 指輪物語 王の帰還 上』「一 ミナス・ティリス」二つに割れた角笛を前にしての会話。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-23 (木) 12:08:13 (634d)