ケレブディル

概要

カテゴリー地名
スペルCelebdil
その他の呼び名銀枝山(ぎんしやま)(Silvertine)、ジラクジギル(Zirakzigil)*1、ジラク(Zirak)

解説

シンダール語での呼び名で、共通語では銀枝山(ぎんしやま)クズドゥルではジラクジギル(略してジラク)と呼ばれる。
モリアの上に聳える霧ふり山脈の三つの山のひとつ。カラズラスよりも南に位置する(トールキンが描いた図ではカラズラスの南西の山)。山の頂にはドゥリンの塔があった。

この頂でガンダルフドゥリンの禍(バルログ)山頂の闘いを繰り広げ、バルログは倒された。同時にガンダルフも力尽きたが、白のガンダルフとして蘇生し、ガラドリエルに遣わされたグワイヒアに発見されて、ロスローリエンへと運ばれた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 霧ふり山脈の最高峰? -- ホビット 2008-11-09 (日) 16:18:30
  • tine=枝角、フォーク・櫛の歯(木の枝のイメージかと思ってた…)。複数の鋭い頂がそびえ立っているイメージか。 -- 2009-03-24 (火) 13:04:59
  • 眼下の雲海をバックに太陽の光がさんさんと降り注ぐ青空の下で、ガンダルフとバルログの激烈な死闘は、想像するだけで画になるなあ。 -- 斎藤チロン 2010-05-12 (水) 17:47:16
    • たしかに原作を読むとその通りになっている。 しかし、映画と多くの絵画では、雪の降る中になっている。 青空か不安を掻き立てる曇天か、死闘を演じる背景はどっちがいいのだろうか? -- カンナ 2010-12-09 (木) 16:04:09
      • これは山頂の戦い単体で見るというより、長く暗い地下世界での死闘の末の、山頂の青空の下での決戦、というのが最高に活きてくるんだと思います。想像しただけでも……! -- 2012-01-25 (水) 17:29:45
      • 地獄の炎の化身を太陽の下で滅するというのが良い感じ -- 2017-12-06 (水) 23:19:00
      • 原作通りのイラストは無いのかな? -- 2017-12-07 (木) 18:48:14
  • 昔はハイフンを挟んで表記されていたとのこと。 -- 2015-06-08 (月) 21:18:29
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語』の初期の版ではZirak-zigilとハイフンを挟んで表記されており、邦訳の「ジラク=ジギル」はそれに従ったもの。クリストファー・トールキンによると、J.R.R.トールキンはハイフンを除くよう指示していた。そのため現在の版ではハイフンは付かない。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-07 (木) 18:48:14 (376d)