ケレゴルム

概要

カテゴリー人名
スペルCelegorm
その他の呼び名フェアノールの息子たち
金髪のケレゴルム(Celegorm the fair)*1
ティエルコルモ(Tyelkormo)
トゥルカフィンウェ(Turkafinwë)
種族エルフノルドール
性別
生没年~†第一紀(506/507)
フェアノール(父)、ネアダネル(母)
兄弟マイズロスマグロール(兄)、カランシアクルフィンアムロドアムラス(弟)
配偶者なし
なし

解説

名は「怒れる銀」の意。フェアノールの三男。
ケレゴルムの名は、母ネアダネルがつけたクウェンヤの名であるティエルコルモシンダール語化したもので、父フェアノールは「力強きフィンウェ」を意味するトゥルカフィンウェと名づけていたという。*2

優れた狩人で、ヴァリノールではオロメの友であり、フアンの元の主人であった。
父と他の兄弟達と共にシルマリルを奪回するという誓言を立てて中つ国に上陸。ダゴール=ヌイン=ギリアスではキーアダンを包囲していたモルゴスの軍勢を、エイセル・シリオンに近い丘陸から奇襲をかけ、セレヒの沼沢地に追い込んで撃滅した。
その後ベレリアンドでは弟のクルフィンと行動を共にしてアグロンヒムラド地方を防衛し、力ある領主として知られる。だがダゴール・ブラゴルラハで敗北し、領土を失った。

すると、満座の中からケレゴルムが立ち上がり、剣を抜いて叫んだ。「この者が味方であれ敵であれ、モルゴスの悪鬼であれエルフであれ、人の子であれ、はたまたアルダのいかなる生類の一人であれ、もしかれがシルマリルを奪うか見出すかして、これを手許に置くならば、いかなる掟も愛も、地獄の同盟も、ヴァラール御稜威(みいつ)も、いかなる魔力も、フェアノールの息子たちのこれを追跡せんとする憎しみからかれを守り切ることはできないであろう。この世界の終わる日まで、シルマリルに対する当然の権利は、われらのみある」*3

レイシアンの歌におけるケレゴルム

ダゴール・ブラゴルラハで領土を失ったケレゴルムはクルフィンと共にナルゴスロンドへ避難した。

その後シルマリル奪取の誓言を立てたベレンがやってきて、フィンロドに助力を請う。するとフェアノールの誓言に駆られたケレゴルムとクルフィンは、ベレンの探求行を妨害。さらに自分たちがシルマリルを奪回する足がかりとするためにナルゴスロンドの王位を狙った。
二人はナルゴスロンドの民心を支配してフィンロドとベレンを見捨てさせ、王位を継いだオロドレスから実権を奪う。さらにベレンを捜しにやってきたルーシエンを騙して幽閉し、彼女と政略結婚することでベレリアンドにおける自分たちの権力を増大しようと目論んだ。

だが猟犬フアンがケレゴルムに背いてルーシエンを助け、脱出した彼女はフアンと共にトル=イン=ガウアホスを陥としてそこに囚われていたベレンを救出。これにより囚われていた他のエルフたちもナルゴスロンドに戻ってきてフィンロドの非業の死を伝えたため、兄弟は民心を失って追放された。
兄弟にマンドスの呪いがつきまとっていることが誰の目にも明らかであったため、追放される二人に従おうとする者は彼らの民の中にすらいなかった。フアンは戻ってきてケレゴルムに従ったが、両者の間にあった主従の愛は元には復さなかった。

そこで二人は兄マイズロスがいるヒムリングへ向かう。だがその道中、偶然ベレンとルーシエンの姿を目撃した二人はベレンを殺してルーシエンを奪い取ろうとした。
ケレゴルムは馬の蹄にかけてベレンをひき殺そうとしたが、跳躍でかわされる。この時、フアンは完全にケレゴルムに仕えることを止めてベレンとルーシエンの側に立ったため、兄弟は目的を果たすことができずに逃げ去った。

ケレゴルムの最期

ニアナイス・アルノイディアドの敗北の後は、他の兄弟達と共にエレド・リンドンの山麓に逃れて緑のエルフと交わり、森で放浪の暮らしを行うようになる。

だがベレンの奪回したシルマリルドリアスディオル・エルヒールのものになっていることが知れると、再びフェアノールの誓言が発動。ケレゴルムは集結した兄弟たちを煽動してドリアス襲撃を起こしたが、メネグロスの戦いでディオルに討ち取られて戦死した(他にクルフィンカランシアも戦死した)。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • アマン時代はともかく中つ国にきてからはびっくりする程良いところが無い。フアンを船に積んだとこくらい -- 2012-12-04 (火) 03:07:32
    • 正直、良いところが無いどころか悪党にしか思えませんでしたよ・・・。ことあるごとにルーシエン拐おうとするしベレン殺そうとするし、結局この人のせいで息子夫妻は討ち死にし、孫達も森に置き去りにされてそのまま行方不明・・・ぶっちゃけシンダールにとって最大の仇敵では?恐らくドリアス滅亡の当事者だったであろうオロフェアが最期までノルドールを信じられなかったの無理ないかも。 -- 2013-02-03 (日) 00:25:21
    • 最後はドリアスでベレンとルーシエンの息子であるディオルに討ち取られるというのも因果応報というか・・・ -- 2013-05-17 (金) 03:05:47
      • まあ良いか悪いかはともかく、ベレンの件ではあまり責められるのも可哀相だと思うよ。人間中心だと馬に蹴られてなどと考えてしまうが、逆にハンサムなネアンデルタール人に「(特に面識もない)かわいこちゃんと結婚するために、貴方の家の家宝を贈れと言われたので取ってきます。協力してね」と言われた時の気分を想像してみるといい。 -- 2013-12-15 (日) 09:57:13
      • ケレゴルムがアウトな所はベレンに協力しなかったことよりも、美しいルシアンに一目惚れしたのはともかくとしてもルシアンを騙し監禁して略奪婚しようとした挙げ句シンゴル王に傲慢な態度を取り、更にドリアスやナルゴスロンドを乗っ取ろうとしたことなんで… -- 2013-12-16 (月) 02:22:36
      • うーんアウトですね…。ただ「追放されて流れ着いた先で、父がヴァラールの意向に逆らい命を捨てて守ろうとした至宝を地元の有力者が要求し、人気も確執もある親戚がそれに協力すると言い出した」となると、相当なストレスは感じるのでは。誓言効果で盛期ドリアスと総力戦というのも回避したい展開ですし。…傲慢はまあその、高貴なエルフクオリティという認識しかなかったので正直指摘されるまで忘れてました(汗)。 -- 2013-12-17 (火) 23:20:34
      • ↑ケレゴルムもクルフィンも、まさかベレンが本当にシルマリルを奪い返せるとは露ほども思っていなかったでしょうから、彼がシルマリルを狙ってフィンロドがそれに協力したからと言ってストレスに感じたりはしないのでは。当然、シルマリルがドリアスに渡る可能性も全く心配してなかったと思います。おそらくベレンのことは屈辱を味わわされるまでは眼中にすらなかったかと。
        当人達は別に悪意で動いていたわけではなく、愚か者共(ベレンとフィンロド)に対して賢く立ち回ろうとしただけなのでしょうが、それだけに擁護できる要素もないですね……。冷徹が過ぎて外道になってしまっていた、といったところでしょうか。 -- 2013-12-18 (水) 17:18:10
      • シンゴルの立場で見ると、フェアノール一党は「自分の弟の処で強盗殺人を犯した挙句、それを隠して自分の領土たるベレリアンドに居座った」極悪人にして詐欺師。ベレンに婿入り条件を提示した時点では、万一ベレンがシルマリルを持ち帰ったとしても、「悪党達の鼻を明かせて万歳」程度の認識だったのかもしれません。 -- 2014-12-16 (火) 19:52:03
  • ダゴールヌインギリアスでオークの別働隊の動きを察知できたのは生き物のが話てたのを聞き取れたからなんじゃないか、フアンがケレゴルム相手に人語を発さなかったのは別に普通に吠えてても意思疎通できたからなんじゃないかと想像してみる。ーーー擁護 -- 2014-05-03 (土) 20:54:53
    • やだかわいい -- 2014-05-04 (日) 00:42:28
    • オロメの弟子である狩人ですから、動物の言葉が聞き取れた可能性はかなり高いと思います。中つ国ではベレンや野伏達の例にあるように独学でも動物の言葉を学習することが可能であり、中でもオロメは獣たちのもっとも偉大な友ですから。 -- 2014-05-04 (日) 02:29:12
  • この人も相当堕落してると思うけど、マンドスは受け入れるのかね -- 2016-08-19 (金) 20:35:01
  • 純血ノルドのはずなのに金髪。染めてたとか両親のどっちかが実はヴァンヤだったとか -- 2017-11-12 (日) 17:25:19
    • 母方が赤毛ですから、その影響で明るい髪色になったのでしょう。 -- 2017-11-12 (日) 18:42:34
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 このthe fairを「金髪の」と訳すべきなのか「麗しの」と訳すべきなのかは不明。HoMEにある、ノルドールで金髪はフィナルフィン王家にしか見られないという記述を踏まえるならばこのthe fairは「麗し」の意であろう。だがHoMEには彼が金髪であったという記述や、Celegorm the fair古英語Cynegrim Faegerfeaxと訳されている箇所もあり、このFaegerfeaxは現代英語でFair hair「金髪」の意である。そのため彼は例外的に金髪(またはそれに類する明るい髪色)であった可能性もあり、はっきりしない
*2 HoME12巻『The Peoples of Middle-earth』「The Shibboleth of Fëanor」より
*3 シルマリルの物語』「クウェンタ・シルマリルリオン第十九章 ベレンとルーシエンのこと」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-12 (日) 18:42:34 (371d)