グワイヒア

概要

カテゴリー人名
スペルGwaihir
その他の呼び名風早彦(かざはやひこ)(Windlord)
種族大鷲
性別
生没年不明
不明(先祖にソロンドール
兄弟ランドローヴァル

解説

指輪戦争時の大鷲の一族の長。ソロンドールの子孫であり、ランドローヴァルの兄弟。

言葉を話すことができ、『指輪物語』の作中ではラダガストの要請を受けてオルサンクに飛来したところ、捕らえられていたガンダルフを発見して救出し、ローハンに運んだ。さらにその後、ガラドリエルの要請を受けて、山頂の闘いで力尽きたガンダルフをケレブディルの頂きからすくい上げてロスローリエンに運んだ。その後はガンダルフのため、上空から地上を偵察し情報を集めている姿がレゴラスらに目撃されている。

黒門の戦いでは一族を引き連れて最後の援軍として現れ、ナズグールが乗った恐るべき獣を攻撃した。
その後一つの指輪が破壊されてサウロンの力が消滅すると、グワイヒアはガンダルフに頼まれてランドローヴァルメネルドールと共に、噴火する滅びの山の麓で溶岩に飲まれようとしていたフロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーを救い出した。

ワシの王との関連

ホビットの冒険』に登場するワシの王との関連については当該項目を参照のこと。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

原作のように言葉は発しないが、ガンダルフが蛾に語りかける言葉(シンダール語)の中にグワイヒアの名があるため、彼だとわかる。
原作と同様にオルサンクからガンダルフを救出。更に黒門の戦いにも参加し、フロド・バギンズたちの救出にも向かっている。

映画のスピンオフ作品であるゲーム『ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング』では仲間の一人である大鷲ベレラムの主として登場し、言葉も発している。サウロン軍と結託して住処を荒らし、雛を殺していた巨人バーグリサールを討伐するためにエテン高地を訪れていた。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるグワイヒア『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるグワイヒアとミスランディア

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 救う姿が、かっこいいと思う -- 2013-11-02 (土) 20:23:58
  • 疑問なんだけどあれってガンダルフ自ら召喚してるんかね?それともピンチになったと判断したら駆けつけてくれるのかね? -- 2013-11-05 (火) 19:22:12
    • グワイヒアの意志+ガラドリエルやガンダルフの要請じゃないですか。少なくとも、ガンダルフが一方的に使役することはできないです。 -- 2013-11-05 (火) 19:27:34
    • ガンダルフよりもラダガストとの繋がりの方が古いのでは?灰色のイスタリのピンチに緑翁が依頼&派遣したのが最初の出会いだった気が… -- 2013-11-06 (水) 06:07:42
      • 仰る通りオルサンクに助けにきたのはラダガストの口添えがきっかけですが、それが初対面とは限らないと思います。ガンダルフ自身『ホビットの冒険』以前に鷲の王を治療したのがきっかけで鷲族とは人脈がありますし、会議の場面の口ぶりからするとオルサンクで助けられる前からグワイヒアとは顔見知りだった可能性も大いにあるかと。 -- 2013-11-06 (水) 19:13:52
      • ありがとうございます!非常に助かります! やはり中途半端に読んでいると分からない部分が沢山出てきました… -- 2013-11-06 (水) 23:42:27
  • 『ホビット』の映画の、特に日本語吹き替え版、ガンダルフが蛾を使って大鷲の助けを呼び出すとき、「グワイヒア」と言っているように聞こえませんか? 少なくとも映画では、あの鷲の中にグワイヒアがいるという設定なのかも(オーディオコメンタリーは未確認です) -- 2013-12-08 (日) 04:03:19
    • LOTRの1作目でも明らかに言ってますね。まあ原作ファンへのサービスかなw -- 2015-09-02 (水) 23:22:28
      • LOTRの方は原作から明らかにグワイヒアが助けたことになっていますが、ホビットの方はグワイヒアかどうか不明ですからね。そういう意味ではグワイヒアファンへのサービスだったのかも。 -- 2015-09-03 (木) 12:06:38
  • 映画に出てきた蛾は何匹もいるんでしょうか? -- 2013-12-10 (火) 20:05:56
  • 映画ではたびたび絶体絶命の危機に現れる都合のいい存在 -- 2014-04-08 (火) 14:41:42
    • グワイヒア「こんな事もあろうかと」 -- 2014-04-09 (水) 06:38:43
    • ペレンノール野でナズグルと戦ってたけど、どうせならフロド達の方助けてくれりゃあいいのに -- 2016-06-16 (木) 02:06:41
      • ペレンノールには出てきません。黒門の戦いの勘違いでは? あと黒門の戦いは、サウロンの目をフロドから反らせるための陽動なので、そこですぐにフロドの所に行ったら意味がないです -- 2016-06-16 (木) 08:01:52
  • 映画ホビットの時も「はなれ山」じゃなくて霧降山脈に下ろしてたしなぁ。あぁいう飛行機を登場させたのは数少ないトールキンのミスなのではないでしょうかね。 -- 2014-04-15 (火) 18:26:07
    • 映画での説明不足を原作者のせいにするのは如何なものかと。 -- 2014-04-19 (土) 22:18:13
  • ホビットでも指輪でもシルマリルでも結構重要な役目を担ってますし、教授はよほど大鷲のモチーフがお気に入りだったのでしょうか。 -- 2014-04-19 (土) 20:29:16
    • 世界的に猛禽類は天の使いとして使われるし、そういう背景に則ってじゃないかね? 蛇や龍の敵対者として語られることも多いし、そういった世界的な神話の流れを組んで、その上で付けた設定だと思う。もちろん、純粋に鷲がお気に入りだった可能性もあるけど、やっぱ龍や蛇が悪・闇の象徴とされる本作だけに、文化の流れの視点を重視して入れた可能性が高いと思う -- 2014-04-22 (火) 20:02:36
  • なぜ映画では話せない(話さない)設定だったのでしょうか。話さないことで、単なる応援の動物…に一般的には見えてしまう。でもサウロンは話さないほうが良かった気が…。 -- 2014-12-23 (火) 21:00:34
    • 知らんがな -- 2014-12-24 (水) 01:51:33
  • 喋るとしたら自分の中では日本語版声優は黒田崇矢と決まっているのに肝心の英語版を誰にするべきか思いつかない -- 2016-04-03 (日) 02:21:38
  • ソロンドールはめっちゃデカイけど、グワイヒアはどのくらいのサイズだったのだろう -- 2016-06-28 (火) 12:30:10
    • 映画の翼開長は9m -- 2016-06-28 (火) 17:39:45
    • 原作だと、23mぐらいでしたっけ? -- 2018-06-06 (水) 17:57:57
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-06 (水) 17:57:57 (194d)