グラウルング

概要

カテゴリー人名
スペルGlaurung
その他の呼び名龍の始祖、龍たちの祖、龍の祖(father of dragons)
金色龍グラウルング(Glaurung the golden)
巨大なる長虫、大龍(Great Worm)
モルゴスの長虫(Worm of Morgoth)
種族
性別
生没年?~†第一紀(499)
多数

解説

モルゴスによって生み出され、第一紀エルフ人間に対して猛威を振るったで、龍の祖と言われる。
翼は持たず空は飛ばないが、口からは炎を吐き、邪言と邪眼による強力な呪縛の力を持っていた。外見は長大かつとぐろを巻くほどしなやかであり、全身が硬い黄金色の鱗に被われているが、下腹は柔らかい粘着質な蛇腹であり、宿命的な弱点となっていた。

竜とともに恐怖がやってきた。竜は進み始めたが、その針路は真上ではなくわずかに北にそれたので、下で見ている者たちには星々をさえぎる頭の巨大な影が見えた。大きく裂けた(あぎと)には、七つの炎の舌があった。その時、竜は前方に熱い息を噴き、たちまち峡谷は一面赤い光に包まれ、岩々の間に黒い影がひるがえった。木々は竜の前にひからびて燃えあがり、石は川に落下した。*1

グラウルング最初の襲撃

アングバンドの包囲の時代に突如アングバンドより現れてアルド=ガレンを襲い、エルフ達を仰天させた。
だがその時グラウルングはまだ成長しきっておらず、体をよろう鱗が完全ではなかったため、フィンゴンの率いる騎馬の弓兵によって矢を射掛けられ、傷ついたグラウルングはアングバンドに逃げ戻った。モルゴスはグラウルングがあまりにも早くにその存在を露わにしたことに機嫌を損じたという。
この時姿を現したグラウルングの脅威を模してテルハールが鍛えたのが、後にトゥーリンが身に帯びることになる龍の兜である。

ダゴール・ブラゴルラハとニアナイス・アルノイディアドでの来襲

完全に成長しきったグラウルングはダゴール・ブラゴルラハで再び現れ、モルゴスの放った火焔流の先頭を切って出撃し、その後にバルログ達やオークの大軍が続いた。
グラウルングはその猛威によってロスランからマグロールの山間を突破し、小ゲリオン大ゲリオンに挟まれたマグロールの領地を破壊しつくした。

ニアナイス・アルノイディアドでは、マイズロスフィンゴンの軍勢の間に突入して多大な被害を与えたが、ベレグオストドワーフに取り囲まれて斧で攻撃された上、ベレグオストの王アザガールの今際の短剣を弱点である腹に受け、傷付いて逃げ帰った。

ナルゴスロンド襲撃とトゥーリンとの因縁の戦い

そして不意にかれは口を利いた。かれの中の悪霊が物を言ったのである。「これはこれは、フーリンの息子よ、よう来たな!」*2

グラウルングはナルゴスロンドへの攻撃で再び現れる。
オークの軍勢と共に進軍してきたグラウルングはエイセル・イヴリンを汚し、タラス・ディアネンを焼き、トゥムハラドの合戦でナルゴスロンドのエルフ達を敗走させた。ナルゴスロンドの寇掠ではフィンドゥイラスを救出するために駆けつけたトゥーリンを邪眼の力で金縛りにし、フィンドゥイラスら女達が捕虜として連れ去られていくのを目前で見せつけた上で、彼の母モルウェンと妹ニエノールが危険だと思い込ませる呪縛をかけた。そのためトゥーリンは、母と妹を助けようとドル=ローミンに向かってしまい、フィンドゥイラスはテイグリンの渡り瀬でオークに殺されてしまった。
その後グラウルングはオーク達を追い払うと、ナログ川に架かる橋を落とし、財宝を最低の値打ちの品物に至るまで全て集め、ナルゴスロンドの一番奥の広間に積み上げて寝床とし、そこに棲みついた。

ナルゴスロンド滅亡の報せを聞き、トゥーリンを捜しに来たモルウェンとニエノール、彼女らを護衛してきたマブルングドリアスの一行がナルゴスロンドにやって来ると、グラウルングはそれを察知してナログ川に身を横たえて毒の水蒸気を発生させ、ドリアスの護衛達を追い払う。さらに蒸気から逃れたニエノールをアモン・エシアの山頂で待ち受けると、再び邪眼を用いて彼女に心の闇と忘却の呪いを掛けた。このためニエノールは完全に記憶を失い、ついには互いにそれと知らず実兄であるトゥーリンの妻となってしまう。

やがて3年後、ブレシル襲撃に送り出されたオーク達が、その地に腰を落ち着けていたトゥーリンに撃退されたのを知ったグラウルングは、さらに悪意の謀を巡らせる。ナルゴスロンドから出てきたグラウルングはテイグリン川の西岸近くに横たわり、ブレシルの人間たちに非常な恐怖を与えた。だがカベド=エン=アラスを越えようとした時、その崖下に潜んでいたトゥーリンにグアサングで弱点の腹を刺され致命傷を負う。グラウルングの傷口から吹き出た毒の血はトゥーリンの手を焼き、邪眼はトゥーリンを気絶させた。
その直後、身重のニーニエル(ニエノール)がトゥーリンを捜しにやって来ると、グラウルングは最後の悪意をもって彼女がフーリンの娘ニエノールであり、夫であるトゥーリンは彼女の実兄であることを告げて死んだ。

「これはこれはニエノール、フーリンの娘御。終わる前にまた出会うたな。喜んでもらおう、そなた、ついに兄者(あにじゃ)を見つけられたぞ。さあ、兄者のことを教えてやろう。暗闇の刺殺者、敵に対しては欺瞞(ぎまん)者、友に対しては信義なき者、身内には禍、これがフーリンの息子トゥーリンじゃ! だが、かれの犯した最悪なる行為は、そなたがわが身の(うち)に感じようぞ」*3

グラウルングが死んだことで忘却の呪いが解けて記憶が甦ったニエノールは絶望に囚われ、カベド=エン=アラスの崖からテイグリン川の流れに身を投げた。その後にマブルングから事の真相を知ったトゥーリンもグアサングの刃に身を投げて自害した。
グラウルングの死骸はマブルングらドリアスエルフブレシルの人間たちによって灰になるまで焼かれ、骨は塵になるまで砕かれた。

画像

トールキン作画のナルゴスロンドから出てくるグロールンド(グラウルング)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • なんか、蛇というよりトカゲとかワニ寄りの姿で描かれてる事が多いのは何でだろう?悪くないけど、寸詰まりでwormって言葉のイメージにそぐわない気がする -- 2018-12-22 (土) 20:55:20
    • 竜達の始祖という事ですから、蛇よりも太古から存在した蜥蜴やワニの方がより原始の竜としてらしい姿になるのではないでしょうか。絵を描く趣味は無いので描いた方々に聞いてみなければわかりませんが -- 2018-12-26 (水) 23:38:49
      • 最近のニュースですがですが初期の蛇はしばらく(数千年)の間 後ろ足は残ってたそうですね 一体どういう過程で完全に足を放棄したのか -- 2019-11-23 (土) 01:20:34
    • 巨大なイグアナのイメージがある アレもトグロ巻けるし -- 2019-11-21 (木) 20:05:35
      • 何回も同じ内容のコメント投下してるんじゃないよ -- 2019-11-26 (火) 00:58:44
      • 角生えたコモドオオトカゲがイメージにピッタリなんだよなぁ -- 2019-12-08 (日) 13:16:10
  • 声優はマーク・ハミルなどどうだろうか? -- 2019-01-02 (水) 23:13:58
    • 龍と恐るべき獣はどこで別れてんのかね 化けミミズも龍の一種である辺り知恵とか火を噴くってのも少し違うような やっぱりモルゴスの手が入ってるかどうか? -- 2019-11-25 (月) 16:57:53
  • 「グラウルング」のイントネーションがわからない。自分の中では「ラ」で高くなるように読んでるけど、「ル」を高く読んでもいい気もする… -- 2019-01-23 (水) 12:37:13
  • 龍でも死体は焼けるんだな -- 2019-01-23 (水) 23:52:01
  • 「黄金龍グラウルング」の訳語はどの書籍のどこにあるのでしょうか? -- 2019-11-19 (火) 20:24:10
    • 私も「金色龍」としか確認できませんでした。本編の表記に従って金色龍とすべきと思います。 -- 2019-11-28 (木) 22:23:50
    • 旧版の訳なのか、新版でも刷によって改訂されたのか、それとも「黄金龍」の表記にこだわりがあるのか……? -- 2019-11-29 (金) 01:29:37
    • 黄金竜なのは スウマグでは? -- 2019-12-06 (金) 13:09:11
  • ダゴール・ブラゴルラハとニアナイス・アルノイディアドでの来襲 † 完全に成長しきったグラウルングは、455年のダゴール・ブラゴルラハで再び現れ、モルゴスの放った火焔流の先頭を切って出撃し、その後にバルログ達やオークの大軍が続いた。← 火炎竜が火炎流になってるんでしょうか? -- 2019-11-21 (木) 20:03:53
  • 近親相姦させて 身重になった後 それを明かして絶望に追い込む この陰湿な性格の悪さは流石モルゴスの被造物って感じ -- 2019-11-21 (木) 20:12:09
    • 別に近親相姦になったのまではワザとでは無い -- 2019-11-23 (土) 01:21:17
      • 同じだろ 多分近親相姦をすることも見越しての呪いなんだろうし -- 2019-12-02 (月) 14:12:33
      • 近親相姦を望んでたかはわからんが、運命の悪戯による残酷な悲劇を望んでかけた呪いであることは間違いない。でなきゃわざわざあのタイミングで忘却の魔法なんてかけんだろう。近親相姦でなくても、トゥーリンと仇敵同士になったり、トゥーリンに殺されたりとかは考えてそうだ。 -- 2019-12-02 (月) 18:08:35
  • 中つ国でもやっぱり近親婚は悪なのかね ギリシャとかプトレマイオス朝のエジプトとかでも普通にやってんのに まぁ本作はキリスト教色強いけど -- 2019-12-02 (月) 19:22:09
    • プトレマイオス朝のエジプトで近親婚が一般的なのは、彼らがファラオ(神)であり下濺な人間と子を成すなど汚らわしいという現人神信仰によるものだからな。一般人の文化で由とされる類いのものじゃない。 -- 2019-12-02 (月) 20:06:55
      • そいやそうか 近親婚繰り返すとハプスブルク家みたいな血友病持ちが大量に産まれるようになるみたいですしね ハプスブルク家の血を混ぜてしまった 欧州王室の悲劇 -- 2019-12-02 (月) 20:15:35
    • というか欧州絶対王政の目覚めから華やかりし帝国主義時代まで、ヨーロッパの王室なんてみーんな血の濃い親戚だよ。ハプスブルク家は婚姻政策が一番成功したからその分目立つけど、北はスウェーデンから西はポルトガルまで、ヨーロッパは狂王だらけだからな...。暗君でも暴君でもない、精神的な不能者が多すぎるよ。養子縁組が幅を効かせまくった江戸時代日本とは大違い。まあその分面白いんだが...。 -- 2019-12-02 (月) 23:29:27
  • モンスターハンターみたいにコイツの死体から何か防具造ろうとか考えなかったんだろうか革鎧とか 呪われちゃいそうだから嫌だ? -- 2019-12-02 (月) 22:02:01
    • ドラゴンの革の加工技術を持つとしたらノルドールかベレゴストのドワーフくらいだろうが、ノルドールからしたら目にするのも汚らわしいだろうし、ドワーフ達はドワーフ達で選ばれた金属や石の加工こそ我が誇りと思ってそうだからなぁ。「金属(かね)で竜を打ち破ることこそ我らが金床の誉れ」とか言ってそう。 -- 2019-12-02 (月) 23:33:53
  • モルゴスの最高傑作はアンカラゴンかもしれんが、モルゴスの作品のなかで最も主人に近いのは間違いなくこいつだろうな。 -- 2019-12-04 (水) 22:15:38
    • そりゃお気に入りだしね この性格の悪さ含めて -- 2019-12-05 (木) 00:02:07
お名前:

添付ファイル: fileglorundbytolkien.jpg 3666件 [詳細]
Last-modified: