ガラシリオン

概要

カテゴリー植物
スペルGalathilion
その他の呼び名トゥーナの木(Tree of Túna)、ティリオンの木(Tree of Tirion)

解説

ゴンドール白の木の祖先。エルダマールで暮らすエルフのために、ヤヴァンナテルペリオンを模して作った木。テルペリオンと異なり、光を放つことはなかった。
ティリオンにあるミンドンの塔の下の中庭に植えられ、沢山の実生の苗がエルダマールに生い茂った。その一つがトル・エレッセアに渡って、ケレボルンと呼ばれるようになった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • この木は実生で増えているから、テルペリオンとは異なり雌木か雌雄同株に創られていますね。子孫が王統の象徴になるくらいだから、自家受粉でも実をつけられる雌雄同株かな? -- 2018-10-30 (火) 01:15:52
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-30 (火) 01:15:52 (19d)