カレナルゾン

概要

カテゴリー地名
スペルCalenardhon

解説

シンダール語で「緑の地方(Green Province)」の意。アイゼン川とアンドゥインの間に広がる広大な草原地帯。北はファンゴルンの森と白光川、南は白の山脈によって区切られる。アイゼン川より西は褐色人の国アイゼンガルドメリング川より東はアノリアン

ゴンドールの領地だったが元から人口は少なく、第三紀1636年の悪疫や、アンドゥイン沿いとイシリアンへの移住が続いたことで、人口は減少していった。2510年にはアンドゥインを渡河してきたバルホス族霧ふり山脈オークの侵攻で、残っていた民の多くが殺された。また当時のカレナルゾン西部は警備が緩み、褐色人が浸透し始めていた。そのため執政キリオンは人口が希薄になったカレナルゾンを同年のケレブラントの野の戦いで功績のあったエオセオドの君主エオルに割譲し、この地にゴンドールの同盟国ローハンが誕生した。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ローハンに割譲される前にも領主とか太守がいた筈。その人は何処に行ったんだろう。他に与えられる領地も無さそうだけど -- 2018-02-10 (土) 14:48:05
    • 人口が希薄になるにつれて領地を維持できなくなり、次第に本国に移り住んで行ったのではないでしょうか。おそらく割譲される頃にはほぼ無人だったのだと思います。 -- 2018-02-11 (日) 00:39:22
    • 州都が何処にあったのかも気になりますね。 -- 2018-02-11 (日) 03:59:47
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-11 (日) 03:59:47 (521d)