エレンドゥア

概要

カテゴリー人名
スペルElendur
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第二紀3299~第三紀2(享年144)
イシルドゥア(父)
兄弟アラタンキアヨンヴァランディル(弟)
配偶者不明
なし

解説

イシルドゥアの長男で、アラタンキアヨンヴァランディルの兄。祖父のエレンディルに非常によく似ていたと言われる。

エレンドゥアは、エレンディルやイシルドゥア、兄弟や忠実なる者達と共に、ヌーメノールの没落を逃れて中つ国へと漂着。その後に起こった最後の同盟の戦いでは、ほぼ終始イシルドゥアと行動を共にして戦った。

三人とも同盟の戦いに従軍したが、アラタンキアヨンモルドール攻略とバラド=ドゥーア包囲には参加しなかった。イシルドゥアの命でミナス・イシルの要塞に配置され、サウロンギル=ガラドエレンディルから逃れて(後にキリス・ウンゴルと呼ばれた)キリス・ドゥーアスを突破し、打ちたおされる前にドゥーネダインに復讐することがないように備えていた。エレンドゥアはイシルドゥアの世継であり寵愛を受けていて、(オロドルインでの最後の挑戦以外は)戦争の間ずっと父に同行していて、イシルドゥアの全幅の信頼を受けていた。*1

最後の同盟の戦いの後、エレンドゥアは兄弟やイシルドゥアと共にアルノールへと向かう途中、あやめ野オークの攻撃を受ける。その時、エレンドゥアは自分は最後まで戦う代わりに、イシルドゥアに一つの指輪を持って脱出することを促した。その結果イシルドゥアは指輪の力を使って透明になり逃げたが、結局イシルドゥアもエレンドゥアも死んだ。
後にエレンドゥアの遺体の下からは従者のエステルモが救出され、彼を通してイシルドゥアとエレンドゥアの最期の状況が後世に伝わった。

かくしていずれ王になるはずであり、かれを知る人すべてが予言していたように、強さと叡智に、またよけいな自尊心のない威厳において、もっとも偉大で、エレンディルの子孫の中でもっとも美しく、祖父に一番似ていたエレンドゥアもここに倒れたのである。
後世(エルロンドのように)かれのことを想いだした人は、エレッサール王が外見も内面も似ていることに驚いた。エレッサール王は指輪戦争の勝利者で、この戦いで指輪サウロンも永遠に葬られたのだ。ドゥーネダインの記録によればエレッサールはエレンドゥアの弟ヴァランディルの三十八代目の後継者である。遺恨を晴らすまでにはかくも長い歳月が流れたのだ。*2

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • UT読んで以来のファンです。イシルドゥアとの会話を読んでいると、「とびが鷹を産む」といいたくなる。
    • イシルドゥアもすごく偉大な人物なんですけどね。なんといいましょうか、偉大であったにもかかわらず過ちを犯した祖先と、それを身命を賭して贖う子孫たち、という構図はトールキン世界の善悪の戦いを貫くモチーフですね。 -- 2007-12-01 (土) 23:47:18
    • 鳶が鷹を生むって……。鷹が鷹を生んでるだけじゃないか。 -- 2008-11-18 (火) 09:20:21
  • とにかく格好良い方だと思います。彼に似ていると言われるなんて、馳夫さん相当のものかと思うくらいに。 -- ゆえ
  • UT読みました。別れ際の会話が泣かせますね。命を投げ出して楯になろうとする息子の無私の姿に、イシルドゥアの思いはいかばかりだったでしょうか。トールキンの世界観に「生まれ変わり」という概念はあまり出てこないようですが、たしかにエレンドゥアこそはアラゴルンの前世の姿であるように思えてなりません。 -- 2008-04-21 (月) 23:34:52
    • 捨て奸と果てても父を救えなかったエレンドゥアさんの魂、マンドスさんが「あ、ちょっと!・・」ととめるのもきかず未練の中つ国に舞い戻ります。もしかすると今でも、大切なものを守るため命を捨てようとしたものたちに生まれ変わったり一部と化したりミームとなってはげましたりし続けてるのかもしれません。新幹線沿線になってる野原で火山の国の敗将を守って戦い「敵のつきだす無数の槍のために空中に跳ね上がって死」んだ勇者の歌を涙をポロポロこぼしながら歌った薩摩人のことを司馬遼太郎さんが書いていたのを思い出しました。(ISBN4-02-260173-6 174頁) -- 2016-05-29 (日) 23:17:25
  • アラゴルンがエレンドゥアに似ているってことはエレンディルにも似ているってことだよな。 -- ホビット 2008-09-14 (日) 16:29:38
  • なんか、エレンディルの家系って転生するんでしょうか? 無亜コックのエターナル・チャンピオンを思い出しました。紅衣の公子コルム、ケルン公ドリアン、メルニボネの皇帝エルリック -- 2008-11-24 (月) 18:18:34
    • エルフやドワーフとは違って人間の魂がどうなるのか謎だから、ひょっとしたら輪廻転生する魂もあるのかもしれませんね。 -- 2015-02-05 (木) 01:09:54
  • 彼が北方王国の王位についていたら後々の悲劇の多くが避けられたかもしれませんね。 -- 2010-03-23 (火) 22:50:17
  • エルロンド卿は3000年も前のことを、よう覚えてはりますなあーびっくりぽんや -- 2016-01-05 (火) 15:21:45
  • 末弟のヴァランディルとの年の差が131年もあって驚いた! 長命を誇ったヌーメノール人ならではだなあ・・・(´ω`) -- 2017-11-21 (火) 00:22:26
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 終わらざりし物語』「あやめ野の凶事」の註11(著者註)
*2 終わらざりし物語』「あやめ野の凶事」本文及び註26(著者註)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-21 (火) 00:22:26 (390d)