エレボール

概要

カテゴリー地名
スペルErebor
その他の呼び名はなれ山(Lonely Mountain)

解説

シンダール語はなれ山の意。ロヴァニオンの北東のはずれにあり、その名の通り北の灰色山脈や東のくろがね連山から、この山だけが20マイル以上は離れて孤立している。
早瀬川はこの山に発して南に流れ下り、たての湖に注いでいる。たての湖の町エスガロスとの間には竜の荒らし場が広がっている。西には闇の森の北端がある。

この山中にはかつてドワーフ山の下の王国があり、麓には人間谷間の国があった。

ホビットの冒険』で、ビルボ・バギンズ13人のドワーフと共に遠征した地。

そしてはるかかなたに、ひとひらのちぎれ雲をまとった黒い山のいただきが見えてきました。あの山が、ついに、おぼろにあらわれたのです! その山の北東にあたって、いちばん近くにならぶ山々も、そのあいだを結ぶ起伏の多い土地も、見えませんでした。山は一つだけきわだってそびえ、水平線のかたなに森をこえて、ながめられました。たしかに、はなれ山でした!*1

地形

六つの尾根を持つ、星形をした孤立峰である。

南の尾根の先端には、古い見張り場のからすが丘があった。

山の下にはドワーフの地下都市である山の下の王国が広がっている。
南側の二つの尾根の根本にある岸壁に表門(Front Gate)が開いており、そこからは早瀬川が流れ出ていた。
山の西側の斜面には、ごく一部の者にしか知られていなかった秘密の入口(Side-door)がある。その隠し戸は普段はただの岩壁にしか見えず、一年の内でドゥリンの日の決まった時間、ツグミが岩を叩き、日没の赤い光が岩壁に差し入っている間にのみ鍵穴が出現するようになっていた。
秘密の入口はまっすぐ山中に向かって下り、スラインの大広間(Great Hall of Thráin)へと通じている。この大広間はエレボールで最も深い場所にあり、スロール王の治世ではアーケン石が保管されていた。山の下の王国と谷間の国を滅ぼしたスマウグはこの大広間に財宝を積み上げてねぐらとした。
この他に、宴会や会議が催されるスロールの朝見の間(Great Chamber of Thrór)が、表門の近くに位置していた。

他にも多くの部屋や施設があったと思われる。

画像

トールキン作画によるはなれ山

山の下の王国 (Kingdom under the Mountain)

エレボール(はなれ山)の山の下に築かれた、ドワーフの王国にして地下都市。この国の王は山の下の王(King under the Mountain)と呼ばれる。
山の底根で発見されたアーケン石を至宝とする。

モリアを追われた後の長鬚族の本拠であったが、スマウグに滅ぼされた。
ホビットの冒険』において、トーリンとその仲間はこの王国を奪回すべく、はなれ山まで遠征した。

かつての山の下の王国

…そのかみドワーフたちは強き呪文を唱え、その槌音は鐘のようになりわたった、万物ねむる地の底深く、山々の下に口をあけた大広間で。
 いにしえの王やエルフの殿のために、ドワーフたちが作り仕上げた、きらめく黄金の宝ものや、剣のつかにちりばめた宝石はおびただしかった。
 ドワーフたちは銀の首飾りに星の花々をつづり、冠の上に竜の火をかかげ、かがる鉄線には月光と日光をまぶした。…*2

長鬚族はもともとモリアを本拠としていたが、ミスリルを求めるあまり地下に眠っていたバルログを解き放ってしまい、モリアを追われる。
第三紀1999年、スライン一世エレボールにやってきてその山中に館を築き、アーケン石を発見した。彼が初代の山の下の王であった。
しかしスライン一世の息子トーリン一世は、2210年にさらに北の灰色山脈に移り、長鬚族の本拠はしばらくそちらに置かれた。だが灰色山脈にはの脅威があり、2589年に当時の王ダイン一世らが冷血竜に殺されると、その息子スロールは2890年にエレボールに戻る。

山の下の王となったスロールのもとで、山の下の王国は歌に歌われる大きな繁栄を迎えた。
王国は分家にあたるくろがね連山ドワーフと交易を結ぶと、魔力ある美しい品物に加え、優れた武器甲冑の類も生産する。それによって早瀬川赤水川の間に住む北国人の末裔は強大化した。そうした人間達はドワーフの繁栄に引き付けられて早瀬川を遡り、はなれ山の膝下に谷間の国が築かれた。さらにドワーフはからすが丘大ガラスとも同盟を結び、遠方の報せを得ることができた。

ところが、この繁栄は再び灰色山脈の耳に届き、最大最強であった黄金龍スマウグを招き寄せることになってしまう。
2770年、突如飛来したスマウグによって、山の下の王国と谷間の国は滅ぼされ、その財宝は根こそぎに奪い取られた。スマウグは山中の大広間に財宝を積み上げて寝床として巣食ったたため、生き残ったドワーフは国を捨て、多くがくろがね連山へ移住した。山の隠し戸から逃げ延びたスロール王とその息子スライン、孫のトーリンは少数の一族郎党と共に放浪の旅に出た。
こうして長鬚族は再び故郷を追われた放浪者となった。

王国奪回を目指しての遠征

山の下の王国を追われたスロールスライン二世の一党にはその後も非業がつきまとったが、やがて王となったトーリン二世はなんとか青の山脈に落ち着き、その地に築いたに放浪する長鬚族を集めた。だが彼は決して王国の奪回とスマウグへの復讐を忘れなかった。

第三紀2941年、トーリンはブリー村魔法使いガンダルフに出会い、彼の助力を得て王国奪回のための計画を立てる。ガンダルフの助言を容れて、スマウグに対し戦を起こすという当初の計画を放棄したトーリンは、ガンダルフがスラインより受け取っていた、エレボールの秘密の入り口を示す地図と鍵を受け取り、12人のドワーフの仲間と、“忍びの者”としてホビットビルボ・バギンズを連れ、エレボールへの遠征を行った(『ホビットの冒険』)。

その結果、エレボールから出てエスガロスを襲ったスマウグは、ビルボが見つけた弱点を突かれ、バルドによって討ち取られる。さらに五軍の合戦が起こってトーリンは命を落としたものの、山の下の王国の再建が成し遂げられた。くろがね連山からやってきたダイン二世(鉄の足)が、トーリンの跡を継いで王となった。

再興された山の下の王国

フロド殿、あなたにぜひ一度谷間の国の水路を見ていただきたいです! それにあの山や池を! 多彩な石の舗装道路もごらんいただかなくちゃ! それに地面の下には数々の館があり、木に似せて彫ったアーチつきのトンネル通りが四通八達しておりますよ。山の中腹にはテラスが並び、塔がいくつもそそり立っていますぞ! それをごらんいただければ、われらが無為に日を過ごさなかったことがおわかりになりましょう。」*3

再興された山の下の王国は、スマウグに襲撃される以前の繁栄を偲ばせるほどには勢力を回復させ、同じく復興された谷間の国などとの交易によって栄えた。武具鍛冶や宝飾などの技術では古い時代に及ばなかったが、建築・土木の技術ではそれを凌駕する域に達したという。

指輪戦争では、山の下の王国と谷間の国モルドールに臣従することを拒み、サウロンの同盟軍である東夷の攻撃を受ける。
ダイン二世は討死してエレボールは包囲され、王国には多数のドワーフと谷間の国の人間が避難して籠城した。しかし一つの指輪が破壊され、南方でのモルドール敗北の知らせが届くと、ダイン二世の跡を継いだ息子のトーリン三世(石の兜)はドワーフ軍を率い、谷間の国の人間とともに出撃し、動揺した包囲軍を打ち破って勝利を収めた。

以後、山の下の王国と谷間の国は再統一された王国ゴンドールおよびアルノール)と長き友好関係を結び、西方の王の庇護下に置かれた。ドワーフたちは、ペレンノール野の合戦で破壊されたミナス・ティリスの城門をミスリルと鋼で再建したという。

山の下の王国の財宝

劇中では、はなれ山の財宝として、以下のものが言及されている。

  • スラインのアーケン石
  • ギリオンのエメラルド
  • ミスリルの胴着
  • 金のカップ(ビルボが盗み出し、それに気づいたスマウグを激怒させた)
  • ブラードルシンの軍隊のための槍(穂先は三度鍛えられ、柄には黄金細工が嵌めこんであるという)
  • むかし死んだ戦士たちの使った盾
  • スロールの金の大さかずき(花鳥の浮彫が施され、鳥の眼や花弁には宝石が使われているという)
  • 金銀のくさりかたびら
  • 銀の糸をはった金の竪琴(魔法の力で美しい曲をかなでる)
  • 黄金の小札鎧(トーリンが身につけたもの)
  • 緋色の宝石をうった広幅のバンド(同上)
  • 銀の柄をすげたまさかり(同上)
  • 黄金の冠(永遠の友情の印として、ダイン二世からワシの王へ贈られた)
  • 銀と真珠の首飾り(ダイン二世からビルボに贈られた。ビルボはこれをエルフ王の岩屋に潜んでいたとき、盗み食いして食を繋いだ謝罪として、エルフ王に贈った)
  • オルクリスト(はなれ山から発掘されたものではないが、トーリンの死後、彼の墓所に安置された)

映画『ホビット』における設定

『思いがけない冒険』では繁栄していた時代のエレボールの光景が映像で表現されている。その内部は幾重にも重なった階層を橋や階段、廊下で繋ぐ非常に広大で複雑な空間が広がっている。スロールの玉座の間は、巨大な吹き抜け構造になっており、その天辺に玉座がある。他にも職人が仕事をする工房や精錬所、鉱床、武器庫、居住スペース等が描かれている。
『竜に奪われた王国』でビルボとドワーフ達は、それらの施設を駆使して、スマウグと戦う事になる。

映画オリジナルの財宝としてラスガレンの白い宝石が登場する。

画像

『ホビット』におけるエレボールの門 『ホビット』におけるエレボールの玉座への道 『ホビット』におけるエレボール内部 『ホビット』におけるエレボール内部

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

一つの指輪が破壊された後のエレボールと山の下の王国を訪問することが可能。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるエレボールと山の下の王国の入り口 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるエレボール西側の秘密の入り口跡 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるエレボールの広間 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるエレボールの広間

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 第3部の戦いの後、結局、アーケン石含むエレボールの宝の山は誰と誰がどう分けるの? -- 2014-12-17 (水) 19:42:35
    • 原作ではアーケン石はトーリンと一緒に葬られ、ダインが王となります。 -- 2015-01-09 (金) 19:57:53
  • 実際にいって見たいよ -- 2015-02-12 (木) 08:42:41
    • 廊下から転落しないように気を付けてね -- 2017-12-30 (土) 21:28:50
      • せめて手すりくらいは欲しいですね。 -- 2018-01-03 (水) 13:40:55
      • 手すり、ありましたよ -- 2018-03-22 (木) 12:58:25
  • 一つの指輪の破壊(情報)は、どのようにして中つ国を駆け巡ったのでしょうか -- 2015-03-04 (水) 13:15:32
    • 大鷲や鳥達による伝令や、そもそもここを襲った東夷はサウロンの同盟国だったわけですからその指揮ルートでしょう。 -- 2015-03-05 (木) 01:01:22
  • エレボールの造形は拍手喝采したい。初めて見たときの衝撃が半端じゃなかった。 -- 2015-05-07 (木) 13:20:04
  • 美しかった。ドワーフの造形の妙を -- 2015-06-13 (土) 13:21:12
  • 壮大な王国の門はアルゴナスの門を彷彿とさせる美しさ -- 2015-09-08 (火) 23:51:57
  • ホビット3部でトーリン達が戦いに加わる前にボンブールでっかい角笛吹くけどあれはグローインに吹いて欲しかったな。 -- 2016-01-13 (水) 02:42:27
  • LotROで実装されるのはいつになるかな・・・・ -- 2016-05-22 (日) 14:10:51
  • 映画指輪物語でドワーフがギムリ以外出てこないのは籠城戦をしていたからなんですね -- 2016-07-13 (水) 13:35:24
  • モリアはバルログを掘り起こして滅んだけど、エレボールもアーケン石を掘り当てたことが滅亡の引き金になったと言えるかな。 -- 2018-08-20 (月) 11:46:02
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ホビットの冒険』「心からの大かんげい」
*2 ホビットの冒険』「思いがけないお客たち」 ドワーフの歌より
*3 指輪物語 旅の仲間』「数々の出会い」 グローインの言葉

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-29 (金) 10:51:52 (112d)