エルラダン

概要

カテゴリー人名
スペルElladan
異訳エラダン
その他の呼び名エルロンドの息子
種族エルフ半エルフの血を引く)
性別
生没年第三紀130年~
エルロンド(父)、ケレブリアン(母)
兄弟エルロヒア(兄弟)、アルウェン(妹)

解説

名は‘Elf-Númenórean’(エルフ)の意*1エルロンドケレブリアンの息子で、エルロヒアとは双子の兄弟。アルウェンの兄。
この双子はエルロンドの息子たちと呼ばれ、見分けがつかないほど互いによく似ていた。二人は母のケレブリアンオークに苦しめられたことを忘れず、しばしば北方のドゥーネダイン野伏)と協同してオークを狩り立てて歩いた。

指輪戦争ではエルロヒアと共に、北方の野伏に同行して南方へ遠征。ローハンアラゴルン二世と合流した後、死者の道を抜けてゴンドールに入り、ペレンノール野の合戦に馳せ参じた。(灰色の一行
ペレンノール野の合戦後にアラゴルンが黒の息などに苦しむ人々を療病院で治療して回った際には、彼を助けて立ち働いた。
西軍にも加わり、北方の野伏とドル・アムロスの騎士たちと共に馬を進め、黒門の戦いに参加した。

サウロンの没落後、アラゴルンがエレスサール王として戴冠すると、双子は一時ミナス・ティリを離れ、北方からやってくる妹のアルウェンをはじめとした裂け谷ロスローリエンの家中の一団を迎えに赴く。そしてエレスサール王とアルウェン王妃の結婚式に参列した。
その後はエドラスでのセオデンの葬儀に参列した後、父エルロンドと共に裂け谷へ戻った。

エルラダンとエルロヒアの兄弟は、第三紀が終わりエルロンドアマンへ去った後も、しばし裂け谷に留まっていたという。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』および『ホビット』における設定

『ロード・オブ・ザ・リング』本編にそれと明言されている人物は登場しないが、エルロンドの会議の場面に黒髪の二人組のエルフが映っており、これがエルラダンとエルロヒアであるという説を唱えるファンもいる。
『ホビット』本編でも登場しないが、エルロンドの率いるオーク征伐隊の中にやはり黒髪の二人組のエルフが映っており、エルラダンとエルロヒアであろうと見なすファンもいる。

映画の世界観を踏襲したゲーム作品には登場することがある。
The Lord of the Rings Trading Card Game』には双子のカードが存在するが、上記の二人組のエルフとは一致しない。
The Lord of the Rings Strategy Battle Game』、『ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング』にも登場。
これら三作品は開発元が異なるが、いずれも(原作の記述を反映してか労力の削減のためか)外観には殆ど差が設けられていない。例えば、ウォー・イン・ザ・ノースの二人はカードゲームの二人に、SBGの二人は『ホビット』に登場した黒髪の旗持ちに近い外観をしている。

画像

lotr14002.jpg m1180563_99061463033_GoodElladanFootMountedMain_873x627.jpg

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるエルラダンとエルロヒア

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 表記の仕方から推測すると、彼が兄でエルロヒアが弟なのでしょうか。 -- 斐水
    • 双子らしいですが、書かれる時はいつもエルラダンが先ですね。それから推測するしかないですが。
  • 意味が、エルフ人間...出番も少ない上,なんかかわいそうninaru.. -- 2013-09-21 (土) 11:13:26
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 The Letters of J.R.R.Tolkien』#211

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-07 (月) 21:47:07 (765d)