エルフのマント

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルelven-cloak

解説

指輪の仲間ロスローリエンを出発するとき、ガラズリムから一行に与えられたエルフのマント。ガラドリエルとその侍女たちが手ずから織ったものだという。
軽くて暖かい、保温性に優れて快適な、絹のような布でできている。色は一見灰色だが、光の加減で保護色のように周囲の風景に同化して見え、姿を隠すのに役立てることができた。橅の葉のような形状に銀の葉脈が入った緑の葉のブローチが付いており、これで襟元を留める。

「これはみんな魔法のマントですか?」感に堪えないようにしげしげと眺めながら、ピピンがたずねました。
「どういう意味でそういわれるのか、わたしにはわかりませんが、」と、エルフの頭立った者が答えました。「これは美しい衣裳です。織も上等です。この土地で作られたものですからね。これはたしかにエルフの長衣です、あなたがそういう意味でおっしゃったとすればね。葉と枝、水と石、われらの愛するロリアンの薄明りの下でのこういったものの色と美しさがこの衣裳にはあるのです。というのは、われらは愛するすべてのものの思いを、作るものの中に吹き込むからです。 … 」*1

その不思議な隠密性に指輪の仲間は道中大いに助けられた。
サルン・ゲビアでは、十分な星明りがあったにもかかわらず、オークの矢はほとんど的を外れ一行に被害を出さなかった。
ローハン平原では、身を隠すものがない平原にいたにもかかわらず、アラゴルン二世レゴラスギムリの三人は自ら声を上げるまで傍を通り過ぎるエオメル騎馬隊の目を免れた。
メリアドクペレグリンも、このマントのおかげでエオメルの部隊の目を逃れたことが示唆されている。

またウルク=ハイに連行される途中、ペレグリンは自らの生存を知らせるためにわざとブローチを落としたが、これを発見したアラゴルンは「意思に反して勝手に落ちたりすることはない」としてペレグリンの意図を正しく汲み取った。これは一同がアイゼンガルドで再会したときペレグリンに返却された。

ただしフロドは、このマントの効力もモルドール圏内では失われてしまう可能性を危惧している。
彼のマントは、キリス・ウンゴルの塔に囚われた時にシャグラトに奪われ、後に他の装身具と共に黒門サウロンの口からガンダルフが奪い返した。その後これらの装身具はコルマルレンでフロドに返却された。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

普段の色は緑に近い。ブローチの形状は原作と異なり三裂の分裂葉。
二つの塔』で、サムワイズ・ギャムジー黒門前の丘から転げ落ちたとき、音を聞いた東夷が近づいてきており、サムを引き上げるのが間に合わないと判断したフロド・バギンズは、とっさに自分とサムをこのマントで覆った。マントは周囲の岩肌の色と完全に同化して、東夷はフロド達に気がつかず去って行くという、はっきりとした描写がある。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 映画「二つの塔」では、黒門前でゴラム(ゴクリ)がフロドのマントにべたべた触っていた。エルフのマントに触れて痛いはずなのに、それに気付かないほど「旦那さん」のことを心配していたのだろう。「指輪」の方を心配していたのかも知れないけど。 -- A3
  • 映画「二つの塔」で意外に透ける素材だと気付き吃驚。 -- 斐水
  • ゲームのFFなどで、回避率上昇のアイテムとしてよく登場。
    • 映画でマントの出番があるたびに、「赤くないんだ」「確率1/3で成功」とかつい心の中で呟いてしまう。いやいや、こちらが本家ですから。 -- 2014-03-01 (土) 18:42:52
    • TRPGのD&D(欧米ではコンピュータRPGより一般的です)で、elven cloakは指輪物語とほぼ同様の効果で登場します。FFはアイテム、モンスターの大半をD&Dから流用しているので、単にそのひとつ。指輪由来ではありません。 -- 2016-03-08 (火) 22:07:21
      • そのD&Dのエルフが(というより現代におけるエルフという種族イメージのほぼすべてが)指輪物語の影響を大いに受けているので、広義的に解釈すれば由来といっても間違いではないかと。 -- 2018-05-09 (水) 04:24:21
  • 迷彩服……のことだと思っていました。子供の頃。 -- たー
  • エルフのマントが量産された暁には冥王軍などひねり潰してくれるわ -- 2014-06-30 (月) 20:45:09
    • ただしモルドール付近ではあまり効果はない -- 2014-06-30 (月) 21:39:33
    • そのネタはグロンドあたりの方が似合いそうだ -- 2014-07-01 (火) 00:27:09
  • 元々はヒスルム湖付近のシンダール達が着ていた灰色のマントが発展したものなんじゃないかな。 -- 2014-07-02 (水) 01:22:13
  • これは… http://portal.nifty.com/kiji/150529193683_1.htm -- 2015-05-30 (土) 18:19:54
    • こういうのが見たいなら「ギリースーツ」で検索すると色々と出てきますよ。また、周囲に合わせて色が変わる迷彩服も実際に開発中です -- 2015-05-31 (日) 11:25:30
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間』「さらば、ロリアン」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-09 (水) 04:24:21 (222d)