• ゴンドールの統治権を持つ17代目の執政で、ゴンドールの白の塔(エクセリオンの塔)を再建したエクセリオン一世(Ecthelion I)についてはエクセリオン一世を参照してください。
  • ゴンドールの統治権を持つ25代目の執政で、デネソール二世の父エクセリオン二世(Ecthelion II)についてはエクセリオン二世を参照してください。

エクセリオン

概要

カテゴリー人名
スペルEcthelion
その他の呼び名泉のエクセリオン(Ecthelion of the Fountain)、泉の主(Lord of the Fountains)
種族エルフノルドール
性別
生没年~†第一紀(510)

解説

ゴンドリンの貴族。ニアナイス・アルノイディアドでは大将として、グロールフィンデルと共にトゥアゴンを守りつつゴンドリンに撤退した。
ゴンドリンがモルゴス軍の攻撃で陥落した時、王宮の広場でバルログの長ゴスモグと戦い、相打ちとなって斃れた。

終わらざりし物語』における記述

かれが纏っているのはことごとく銀で、輝く兜には先端に金剛石(ダイヤモンド)をあしらった鋼の大釘(スパイク)が付いていた。そして従者がかれの盾を持ち上げると、それは雨のしずくが露わとなって宿っているかのように淡い光を放っていた。実はそれは千もの水晶の飾り鋲だった。*1

トゥオルエレンマキルヴォロンウェと共にゴンドリンを訪れたとき、エクセリオンは大門の司(Warden of the Great Gate)を務めていた。最初トゥオルのことを警戒していたが、彼のことをウルモの使者と認め、ゴンドリンの門を開いて中へと招き入れる。

The History of Middle-earth』における記述

The Book of Lost Tales 2』の記述によるとEcthelion of the voice of musicあるいはEcthelion of the fair voiceと呼ばれ、フルートの演奏に秀でていた。
彼はゴンドリンが陥落する戦いの折、3体ものバルログを仕留めたが負傷。トゥオルによって助けられたが、その後エクセリオンはゴスモグを道連れにしてゴンドリンの泉に沈んでいった。

映画『ホビット』における設定

映画では直接名前は登場しないが、オルクリストは、エクセリオンの剣であったという設定でデザインされている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • エクセリオンとゴスモグの激戦、詳しい記述読みたいんですが何に載ってるんでしょうか?どなたかお教えください。 -- 2009-05-15 (金) 11:30:48
  • 堕落したとはいえ、元はマイアなのにエルフにこれほど敗北するとは・・・。エルフとアイヌアの力の差はその程度ではないはずなのに。 -- サウロン 2009-11-08 (日) 17:57:57
    • 上のエルフにとってはヴァラールすら単なる「年長者」に過ぎないわけで、エルフとアイヌアの間にそれほど大げさな落差はないように思えます。 -- 2009-11-09 (月) 01:24:58
      • そうとも思えない気がしますが・・・ -- 2010-02-13 (土) 19:03:01
      • ノルドール族は大嵐を起こしたウイネンの前には全滅こそ免れたものの、手も足も出ずに一方的に殺戮されましたし・・・。ホームグラウンドで全力を出せばエルフが束になっても一蹴出来るマイアールが居ることは事実。 -- 2014-12-16 (火) 14:25:21
      • ↑オッセとウイネンは上級マイアでしょうしね。上級マイアは下位ヴァラに匹敵しますから。両者が上級マイアだとハッキリ書かれているわけではありませんが、HoMEによると初期の設定ではヴァラールの一員でしたし。 -- 2014-12-16 (火) 15:03:12
      • 上級マイアって他に誰が当たるんだろう。エオンウェとイルマレは確実かな。 -- 2014-12-28 (日) 23:03:46
      • その二人が上級マイアなのは間違いないね。あと教授の遺した原稿からするとサウロンは確実。メリアンも可能性が極めて高い。ゴスモグは微妙なところ。 -- 2014-12-29 (月) 18:30:50
      • 弱体化したとはいえモルゴスが手を出せない太陽のアリエンも可能性は高いですし、戦闘面に限ればモルゴスの刺客達を単身で返り討ちにした月のティリオンもかなりの実力を持っているのでは? -- 2014-12-30 (火) 16:57:46
      • おお、その二人は素で忘れていました。確かに可能性高いですねえ。アリエンは特に。 -- 2015-01-09 (金) 13:11:26
    • 下で既に書いてる人がいますが、ゴンドリンの陥落が書かれた頃のバルログは後年の設定よりも弱いです。HoMEでもクリストファー氏がコメンタリで"初期のバルログは後年のものよりも明らかにless terribleでmore destructibleだった"って書いてます。教授も一時期はバルログ軍団の設定を廃棄して、非常に強大なので最低3体・最大でも7体しかいないってことにしようとしていたこともあります。 -- 2014-12-16 (火) 14:54:34
  • エクセリオンの名はエクセルが泉の噴水の意であり、なおかつ槍の切っ先を表す意味もある。兜の大釘もエクセリオンの名に基づいた飾りだったのでは。ゴンドリンの陥落が描かれた頃のバルログは後年描かれたバルログよりもどうにも小さく、またゴンドリンの陥落やマイグリンの堕落に関するエピソードは晩年まで変更が加えられ続けていたので、最終的にはどのように決定されたのかは知る由もない。バルログは初期に構想されたゴンドリンの陥落に比べて明らかに強大な存在に変更されてるようなので…。 -- 2010-02-16 (火) 03:42:44
  • 他作品で頻繁にその名が使われる凄い御方。 -- 2014-01-07 (火) 04:11:46
    • 確かによく見かけるけども、実際のところトールキンのエクセリオンが元ネタなんだろうか? -- 2014-01-07 (火) 08:51:32
  • トールキンの考えた固有の名前の数々の中でも特に響きの良い名前だと思います。 -- 2014-01-07 (火) 09:45:55
  • そんな贅沢な装備して、傷ついたらどうしてたんだろう?修繕費が・・・ -- 2014-01-07 (火) 10:22:20
    • バルログを多数仕留める程の戦士なのだからそこはトゥアゴンに払ってもらうか武器商人を脅して....... -- 2015-07-29 (水) 16:03:33
      • 泉家はゴンドリン生粋の名家ですので金銭面で苦労はなかったでしょうし、エルフが鍛えた武具なのでそう簡単には破損しなかったと思われます。 -- 2015-09-07 (月) 18:47:26
    • 傷んでもゴンドリン内部でまかなえてたと思います。House of the MoleとかHouse of the Hammer of Wrathは職人集団だったようなのでその辺に依頼するんじゃないかなと。 -- 2015-11-25 (水) 01:16:11
  • 彼の兜の記述を読むたびにビスマルクが被っているピッケルハウベが思い浮かぶのですがデザインは何かしらの影響を受けているのでしょうか? -- 2015-11-20 (金) 21:32:06
  • 麗人だけど武勲もすごい方 -- 2015-11-23 (月) 12:11:33
    • 麗人って女性に使う言葉なのでは -- 2015-11-23 (月) 16:42:20
  • ホビットeeで、スラ王がエクセリオンと名前を出してて驚いた -- 2015-12-06 (日) 01:50:41
    • ゴンドールの執政のエクセリオンはこの項目の、エルフのエクセリオンとは別人だよ。 -- 2015-12-06 (日) 02:05:50
      • そうでしたか!ありがとうございます。 -- 2015-12-06 (日) 10:50:10
    • ゴンドールのエクセリオン二世のことですね。 -- 2015-12-06 (日) 14:19:12
  • 5軍の戦いの頃、いたの? -- 2015-12-06 (日) 01:51:26
    • 泉のエクセリオンは上古の代に討死してますがゴンドールのエクセリオン二世の治世はだいたいこの時代だと思います。 -- 2015-12-11 (金) 09:30:12
      • 合戦は2941年なのでエクセリオン二世ではなくその父トゥアゴンの治世でした。ただエクセリオン二世は産まれています。若干上のコメントで間違えました。 -- 2015-12-11 (金) 09:34:28
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 終わらざりし物語』におけるエクセリオンの描写

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-11 (金) 09:34:28 (1076d)