エアルウェン

概要

カテゴリー人名
スペルEärwen
その他の呼び名アルクウァロンデの白鳥乙女(the swan-maiden of Alqualondë)
種族エルフテレリ-ファルマリ
性別
生没年
オルウェ(父)
兄弟男兄弟が複数いたようだが詳細は不明
配偶者フィナルフィン
フィンロドオロドレスアングロドアイグノール(息子)、ガラドリエル(娘)

解説

名はクウェンヤで「海の乙女」の意。オルウェの娘。エルウェ(シンゴル)の姪にあたり、星の光のような銀の色(starlike silver)*1と形容される銀髪を持つ。フィナルフィンの妻となってフィンロドオロドレスアングロドアイグノールガラドリエルの母となる。
フィンロド及びその弟妹は、エアルウェンの子供であったがゆえにシンゴルにとっては縁者(姻族)となる。そのため「同族殺害」の事実が判明した後も、彼らはノルドールの中では例外的にドリアスへの往来を許された。

コメント

コメントはありません。 Comments/エアルウェン?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 終わらざりし物語』「ガラドリエルとケレボルンの歴史」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-20 (金) 08:26:03 (2768d)