エア

概要

カテゴリー天文
言葉・単語
スペル
その他の呼び名世界(World)
〈存在する〉世界(World that Is)

解説

エルフ語で「存在する(It is)」または「在らしめよ(Let it be)」の意味。
イルーヴァタール虚空不滅の炎を送り出し、世界を創造する時に言った言葉。また、そうして創造された物質界のこと。アルダメネルを含む。

「汝らが今見しものを、ただ汝らの思いの中のみでなく、汝ら自身のある如く、しかも異なれる存在として、実際にこの世に在らしめんと欲せることをわれは知る。故にわれは言う。『エア!』と。『これなるものたちを在らしめん!』と。われは、虚空に不滅の炎を送り出さん。それなる炎を世界の核となし、世界を在らしめん。汝らのうち、望む者は世界に下ることを許されん」*1

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 聖書と全く同じだ・・・。 -- ホビット 2008-12-30 (火) 12:36:15
  • wiki内に「エア(存在)」という記述があるけど、根拠は何だ…? -- 2017-11-10 (金) 00:13:49
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シルマリルの物語』「アイヌリンダレ

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-10 (金) 00:13:49 (376d)