ウルモ

概要

カテゴリー人名
スペルUlmo
その他の呼び名水の王(Lord of Waters)
海の王(King of the Sea)
水底深く住むお方(Dweller in(of) the Deep)
種族アイヌアヴァラール
性別
生没年
配偶者なし

解説

アラタールの一人に数えられるヴァラ水の王と呼ばれ、ウルモの名前はエルダールによってthe Pourerや「雨を降らせる者(the Rainer)」の意味に解釈された。妃はおらず独り身で、普段は目に見える形をまとうことはなく外なる海に住まい、アマンにもめったに姿を見せることがない。
マンウェアウレと共にアルダの形成時に中心的な役割を担ったヴァラで、その力はマンウェに次いでいた。

エルの子らは、かれを見ると強い恐怖に襲われた。海の王が現われる時は、黒っぽい兜の前立てを泡立たせ、鎖かたびらは、上は銀、下にゆくほど色濃い緑にきらめき、陸地に打ち寄せる山なす大波さながらの恐ろしさであったからだ。マンウェのトランペットは喨々と吹き鳴らされるが、ウルモの声は、かれのみが見たことのある深いわたつみのように、太い低い声である。*1

水の王

ヴァリノールが建造されるまではマンウェと最も親しく、彼とともにメルコールの猛威に抗って戦った。そのためメルコールの寒気と熱気もウルモの領域である水を破壊することはできず、霜雪や雲に姿を変えて美を創出した。

ウルモの力は河川や海はもとより、雲や雨から地下水脈にいたるまでアルダをくまなく巡っている。メルコールの暗闇の下でも生命が絶えることがないのは、このようなウルモの働きによるという。ウルモは水を通して子らの嘆く声を聞くことができ、また水の調べを通じて自らの言葉をかれらに伝えることができた。

また、彼はイルーヴァタール音楽を最もよく理解する者であり、その音楽の谺は水を通じて今に伝わっているとされる。人間エルフが波の音に耳を澄ませ、心惹かれるのはそのためだという。彼の吹き鳴らす角笛ウルムーリの音を聞いた者は、海への憧れをかき立てられる。

中つ国を愛する者

ウルモはヴァラールのほとんどの者が中つ国を見捨てた後も、エルフ人間を深く愛し、かれらと中つ国の大地のことを常に気にかけている。

エルフが見出された時は、かれらをアマンへ招致することに反対した数少ないヴァラだった。だがヴァラールがかれらの招致を決定すると、大海に浮かんでいた島を曳いて渡し船として使い、エルフ達をアマンへと連れてきた。ウルモは海を愛するテレリの頼みを快く聞き入れ、この島をエルダマール湾に繋ぎ止めてトル・エレッセアとした。一方、中つ国の側で浅瀬に乗り上げてちぎれた先端はバラール島として残った。

ノルドールの反逆後も、ウルモはマンドスの呪いに抗して立ち働き、フィンロドトゥアゴンに隠れ都市を造るように啓示を与えてナルゴスロンドゴンドリンの建造に導いたり、人間のトゥオルに語りかけて彼を自らの使者としてゴンドリンに派遣し、トゥアゴンへの警告を与えるなど、エルフと人間の力になり続けた。
この時ウルモは、ネヴラストの岸辺でトゥオルの前に威厳ある姿で直接現れている。

その時、水平線の彼方から巨大な波がおこり、まっすぐに岸をめがけて逆巻きながら進んでくるように見えたが、… その上に黒い霧のようなものが現われた。それは近づくと突然巻き上がり、砕け、水泡の長い腕を突き出した。その砕けた中央に、わき起こる嵐を背にして黒々と立つ、丈高く厳めしい一つの生ある姿が現われた。 …
帯びる王冠は銀のようで、そこから垂れる長い髪は黄昏の中で水泡のようにきらめき、霧のごとくに纏っていた灰色のマントをはねのけると、見よ! 巨大な魚の鱗のようにぴったりとした輝く上衣を纏っていて、深緑の短衣には海蛍がまつわり、陸へゆっくり近づいてくるにつれてきらめき、明滅した。 …
かれは岸には上がらず、膝の深さほどの影なす海中に立ち、トゥオルに語りかけた。かれの目の光と、この世の底から響いてくるかのようなその深い声に、トゥオルは畏怖の念に満たされ、砂の上に身を投げ出した。*2

また、エルウィングフェアノールの息子たちの襲撃を逃れてシルマリルと共に海に身を投げた時には、彼女を抱きとめて白い鳥に変えてやり、夫のエアレンディルと再会できるようにした。
エアレンディルが定命の者には禁じられたアマンにたどり着き、ヴァラールに言上した時には、彼が半エルフであることを挙げて彼の身を擁護し、「エルフ人間いずれの生を選ぶか」という選択が半エルフに与えられるきっかけを作った。

ウルモの民のマイアール

ウルモの民として言及があるのは以下のマイアールである。

  • オッセ
    中つ国の岸辺を支配している。基本的にはウルモの命に従うが、主人の命がなくとも勝手に荒れ狂うことがあった。
  • ウイネン
    オッセの妃。荒れ狂うオッセを鎮めることができるため、船乗りからは特に崇拝された。
  • サルマール
    ウルモの角笛ウルムーリの製作者。

画像

ジョン・ハウ作画によるウルモとトゥオル ロジャー・ガーランド作画によるウルモとトゥオル

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ラヴクラフトと違い、トールキンは海への尊敬心・あこがれが凄いなあと思わせるキャラ。欧米人の感覚の幅を感じる。 -- 2011-11-06 (日) 23:44:14
  • ヴァラールの中では一番好きですね。モルゴスがシリマリルを奪った後も中つ国の住人に助力していますし、その中でもエルウィングを助けたのが一番大きいですね。この行為によって「怒りの戦い」が起こりアングバンドは滅んだわけで、彼なくしてモルゴス打倒は有り得なかったといえるでしょう。新訳シルマリルで表紙の絵になる資格は十分あるといえます。 -- 2012-04-16 (月) 23:36:46
  • 海のヴァラだけあって、懐が深いというか慈悲深さを感じます。 -- 2012-04-18 (水) 01:36:10
  • ヴァラールの中でこの人とニエンナだけが独身だけど、周りに結婚を薦められたりはしてなかったのかな。二人とも慈悲深くて似たもの同士。 -- 2013-07-14 (日) 21:40:05
  • ジョン・ハウのウルモの絵が好きだ。 -- 2013-07-15 (月) 02:31:19
  • 功績と能力、叡智と愛の深さで考慮すると、正直マンウェの代わりにヴァラールのリーダーとなってもよいほどの逸材。だけど、配偶者も子供もいなく、著名な眷属もいない(かもしれない)のが不憫でしかたない。 -- 2014-02-21 (金) 07:48:21
    • 私の中ではガンダルフの中つ国における関わり方と、シルマリルの物語におけるウルモの関わり方がかぶるんだよねぇ。 -- 2014-02-22 (土) 14:25:03
  • ヴァラールの縁の下の力持ちですね -- 2014-02-21 (金) 18:23:15
  • 「終わらざりし~」上49Pの長台詞で「サポートするよ!正直マンウェやマンドスみたいな多数意見には俺、不賛成だから!」ともとれる内心の吐露には笑った。と同時に台詞の格調高さ、威厳にはしびれた。背筋が震えるほど格好いい。 -- 2015-01-10 (土) 14:53:32
  • 海に沈んだパランティアでこのヴァラと通信できたらいいのに -- 2016-06-12 (日) 10:36:38
  • シルマリルは言うに及ばず、あらゆる貴重な品物が海中に没しても(現代でさえ不可能であろうその難易度はさておき)誰もサルベージしようと思わないのはウルモの怒りを買うことを恐れてのことなんだろうか -- 2017-07-06 (木) 06:48:32
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シルマリルの物語』「ヴァラクウェンタ」
*2 終わらざりし物語 上』「I トゥオルおよびかれがゴンドリンを訪れたこと」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-06 (木) 06:48:32 (497d)