ウルク=ハイ

概要

カテゴリー種族
スペルUruk-hai
その他の呼び名ウルク(Uruks)
大オーク(Great Orcs)
戦闘部隊(the fighting)

解説

暗黒語で「オーク族」の意*1。だがこの語は普通、第三紀に現れた大型の兵隊オークのことを指す。普通のオークよりも大柄で、太陽の光に対する耐性があり、力も強かった。
モルドールサウロンの軍勢と、アイゼンガルドサルマンの軍勢とにそれぞれ見られたが、どちらかが起源なのか、あるいは別々に造られたものなのかは不明。

「夜明けがどうした?」かれらは嘲っていいました。「おれたちは戦闘部隊ウルク=ハイだ。おれたちは夜であろうと昼であろうと、天気がよかろうと嵐になろうと、戦いを止めないぞ。おれたちは殺しに来た。日の光だろうと月の光だろうとかまうことねえ。夜明けがどうした?」*2

モルドールのウルク族

「大力の黒オーク(black Orcs of great strength)」「モルドールの黒いウルク(black Uruks of Mordor)」とも呼ばれる。
かれらは第三紀2475年、執政デネソール一世の時代にモルドールから初めて現われてゴンドールを襲った。この戦いでオスギリアスは廃墟と化した。2901年にはウルクの襲撃を受けて、イシリアンから住人の殆どが逃げ去った。

モリアマザルブルの間指輪の仲間を襲撃したオークにはモルドールのウルクも混じっていた。また、フロドサムはモルドール国内でオークの行軍を指揮するウルクの奴隷監督や、バラド=ドゥーアから来た重武装のウルクの部隊と遭遇した。

アイゼンガルドのウルク=ハイ

「アイゼンガルド組のオーク(Isengarders)」「白の手組のオーク(Orcs of the White Hand)」とも呼ばれる。
彼らの武装は通常のオークとは全く異なるもので、広刃の短い剣と、人間の物と変わらない大きさのイチイの弓で武装し、盾と冑には、白の手や白いルーン文字のSといったサルマンの印を帯びていた。

その存在が外部の者にはじめて確認されたのは大いなる年(3018年)に入ってからのことで、ウグルクに率いられた部隊がサルマンの密命を帯びてパルス・ガレンにて指輪の仲間を襲い、ホビットアイゼンガルドへ連れ去ろうとした。
かれらの姿はアイゼンの浅瀬の合戦角笛城の合戦でも見られたが、おそらく他のオークと同様フオルンによって殲滅されたものと思われる。

木の鬚などは、太陽の光に影響されない彼らをサルマンによって堕落させられた人間か、妖術でオークと人間を掛け合わせた存在と推測した。
半オークとの関係は不明だが、同一の者として扱われていると思しき箇所もある。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

主にアイゼンガルド軍のオークとして登場。アイゼンガルド地下の泥の中から膜に包まれた状態で生み出される。肌は赤黒く、筋骨隆々で大柄。
アイゼンガルドで製造された武具を帯び、白い手形(白の手)を甲冑や顔に付ける。盾や旗印にも白の手が描かれている。
映画オリジナルキャラクターであるラーツが登場する。

グッズ

ゲーム『シャドウ・オブ・ウォー』における設定

樽に入った泥の中で培養され、大量に生み出されている事が示唆されている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • あえて答えると、①ウルク=ハイはその後どうなったか→基本的に他のオークやトロル同様、指輪の消滅と共に滅んだ。その場では死ななくとも支配するサウロンの意志と魂が滅んだ以上、いずれは脱け殻のようになると思われる。②ポジのの慣れ果て→これはゴメン意味がわからない。何かの作品用語?調べても出てこない。③ゴブリンと呼ばれはしないがオークとしか呼ばれてない→基本的にはオークとゴブリンとはトールキン教授のなかで明確な区別はなくほぼイコール。ただしオークの方が一般的呼称として用いられ、モルドールやモルゴス配下のような明確な闇の勢力下にあるオークはオークと呼ばれてもゴブリンとは劇中では呼ばれないことが多い。 -- 2019-02-25 (月) 16:06:32
    • ウルク=ハイがウルク=ハイあるいはウルクと呼ばれる事はトールキンに詳しくなさそうな媒体だとオークで済まされる事が多くてあんま無いよなってだけ -- 2019-02-25 (月) 17:32:12
  • 読み辛い文章で申し訳ない 例に挙げた作品が古今東西のファンタジー作品のパロディモノ色が強いのですが、その中でも作中各所ゴブリンの別名がオークという設定を含めトールキン世界観のパロディを仕込んでいるのですが その中でもホブゴブリンが先祖返りと表記されている辺り 何となく いなくなった筈のウルク=ハイの退化小型化矮小化されたモノとして描かれている節があるというだけです。そもそもパロディモノですのでポジという表現に留めてます -- 2019-02-25 (月) 17:07:57
  • ホブゴブリンは一応ウルク=ハイも含むが単純にトールキン世界では大型のゴブリン=オークを指すんだったかな?本来は悪い精霊ゴブリンと違い良いゴブリンって意味らしいがトールキンがそう定義したとか -- 2019-02-25 (月) 17:14:57
  • モルドールでもウルク=ハイの呼称は使われてる -- 2019-03-22 (金) 22:31:08
    • それはオークのセリフに一度登場するだけの例外であって、基本的にモルドールはウルク、アイゼンガルドはウルク=ハイと呼ばれるのが圧倒的です。 -- 2019-03-22 (金) 22:36:08
      • 一度登場するだけだから例外ってすごい理屈ですね -- 2019-03-23 (土) 01:05:51
      • 他の圧倒的な用例があるのですから、それに照らして一例だけしかないモルドールのウルク=ハイ呼びは例外とみなしてかまわないと思いますが。数の上で遥かに多い用例を無視することこそ木を見て森を見ずと言えます。 -- 2019-03-23 (土) 16:07:43
      • つまりウルク=ハイとはアイゼンガルドのウルクのことで、モルドールのウルクはウルク=ハイではないということですか? -- 2019-03-23 (土) 22:57:06
      • この項目の注釈にもありますが、「ウルク=ハイ」のハイという言葉が「種族・集団」の意味なので、モルドールの大型オークの“集団”を「ウルク=ハイ」と表現するのは例外的でもおかしなことでもないと思います(単数形か複数形かの違い程度)。ただ、モルドールのウルクと、アイゼンガルドのウルクが同じ存在(同じ起源、生まれ)なのかどうかはわかりません -- 2019-03-24 (日) 10:10:50
      • 総称するならアイゼンガルドの者もモルドールも者も「ウルク=ハイ」でしょう(追補編でそうなっているため)。しかし本編内ではウルク=ハイの語はもっぱらアイゼンガルドの者の自称として登場するものであり、モルドールの者はほぼ一貫してウルクと呼ばれている事実がある。そこで記事中ではモルドールの者を解説する時にはウルクを使い、アイゼンガルドの者にはウルク=ハイと使い分けた方が、原作の微妙なニュアンスをより良く反映できるのではないかと考える次第です。無理にウルク=ハイで統一する必要性はなく、かえって原作のニュアンスを損ねる害がある。 -- 2019-03-24 (日) 16:18:33
      • ↑モルドールでの西軍の戦いがもっと長引いていたら、「俺たちは戦闘部隊ウルク=ハイだ!」と威嚇するモルドールのウルクがいっぱい登場していた可能性があるんですよね。 -- 2019-03-24 (日) 17:22:37
  • 強くて大きいオーク→ウルク ウルクを集めた専門集団→ウルク=ハイ サルマンはウルク=ハイを主力とし、戦略的に運用したため本人たちも「俺たちはウルク=ハイ」というエリート意識があった。モルドールにはそれと比較にならない数の大量のオークがいるのでウルク=ハイは主力になりえず、したがってスポットライトも当たらないため、その他大勢となりウルクもウルク=ハイもいるがそういう自意識はなかった。みたいな印象。 -- 2019-03-24 (日) 08:57:52
  • The fighting Uruk=hai の語呂のかっこよさ。 -- 2019-03-28 (木) 10:10:05
  • 項目名を「ウルク=ハイ」から「ウルク」に変えることを検討しましたが、『指輪物語』本文を検索した結果、「ウルク=ハイ」の表記の方が多いし、章のタイトルとしても使用されているため、項目名はこのままとすることにしました。途中まで変更作業をした後、また戻したので利用者の方を混乱させてしまったかもしれません、申し訳ありません。(管理人) -- 2019-03-28 (木) 10:44:27
  • シャドウオブウォーで実はウルク=ハイ自体は初代冥王 モルゴスの頃からいるというのを初めて知った てっきりモルゴスの代だとエルフをオーク(ゴブリン)に変えた止まりかと やっぱりこっちは自然発生でアレの結果なのかな -- 2019-06-27 (木) 05:25:16
  • 中つ国でホブゴブリンとは殆どウルク=ハイの事でよろしいか? 単にデカいオーク=ゴブリンは大オーク グレートオークみたいだし -- 2019-07-06 (土) 08:44:20
    • 少なくともサルマンの勢力にいるのは、サルマンが人工的に作り出したものだから、このホブゴブリンとは違う気がしますが、「“ウルク”が“ホブゴブリン”に翻訳されている」という解釈も可能ですし、難しいところですね -- 2019-07-07 (日) 16:50:42
  • ウルクがウルク=ハイと同一なのか別モンなのかハッキリしないんでしたっけ -- 2019-07-08 (月) 00:19:04
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ウルク(uruk)はオーク、ハイ(hai)は種族・集団を表すfolkの意味
*2 二つの塔』「ヘルム峡谷」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-08 (月) 00:19:04 (11d)