ウムリ

概要

カテゴリー種族
スペルUmli
その他の呼び名

解説

ICEオリジナルの設定。中つ国北中部の北の果て、ロスソスよりは東に住んでいる種族。人間ドワーフの混血といわれる。

特徴

外見
身長120~150cm、平均体重男性68kg、女性61kg、寿命100~200歳
能力
頑強な種族で、寒冷地での行動を得意とするが暑いのは苦手。狩猟・漁業をしながら季節ごとに移動し、多くの鉱山を持つ優れた職人。
言語
母国語はウミティク語(Umitic)。

歴史

ウムリの起源についてはっきりとしたことは分からないが、伝説では、第一紀の後期に形成された人間とドワーフの連合体の子孫であると言われる。

ヒルドーリエンに暮らしていた人間キンタフェル(Cintapher)とその妻シヌフェル(Sinuphel)の間に生まれた双子ウ-キン(Ucin)とウラフェル(Ulaphel)は、発育を阻まれた歪な風貌をしていた。仲間の人間たちは、彼らが呪いを受けて醜く生まれたと信じ、災いを恐れて追放した。

シヌフェルは幼い子供たちとともに北方へ行き、のちにウルド(Urd)として知られる地に辿りついた。そこで彼女は冷血竜ラムサンク(Lamthanc)に殺されるまで二人を育てた。成長した兄妹は40歳で、彼ら自身の力で生きていくのに十分な強さを身に着けた。ウーキンはラムサンクを鉄山脈の北側へ追い払い、そのねぐらを自らの家とした。

二人とも、母から受け継いだ呪いを断ち切ることはせず、ウーキンはドワーフの女性と結婚し、妹のウラフェルはロスソスの狩人と結婚した。彼らの子供たちは代を追うごとに混じりあい、ウムリと呼ばれる血統が始まった。彼らの数は決して多くはならなかったし、めったに子を成さなかった。そして、後から近隣の森に住み着いた人間のウルダール?(Urdar)やミーア(Myr)などと敵対することもなかった。

出典

  • 『Lords of Middle Earth Vol 3』

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 映画のキーリは実はウムリなんじゃ? -- 2016-08-06 (土) 02:29:51
  • もうむり・・・ -- 2016-09-25 (日) 10:39:07
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-08 (日) 01:48:56 (435d)