イムラヒル

概要

カテゴリー人名
スペルImrahil
その他の呼び名大公(Prince)、金髪白皙(the fair)*1
種族人間ゴンドール人
性別
生没年第三紀(2955)~第四紀(34)(享年99)
アドラヒル(父)
兄弟イヴリニエル(姉)、フィンドゥイラス(姉)
エルフィア(息子)、エアヒリオン(息子)、アムロソス(息子)、ロシーリエル(娘)

解説

ゴンドールの領国であるドル・アムロスの22代目の大公で、指輪戦争当時の領主。父はアドラヒル、姉はフィンドゥイラス(つまりデネソール二世にとってイムラヒルは義弟)。娘の名はロシーリエル

指輪戦争では執政デネソール二世の召集に応え、領国から完全武装の騎士の一団と、700人の徒歩の兵士を引き連れてミナス・ティリス防衛に参集し、オスギリアスから撤退してくるファラミアの部隊を援護して救出した。
ペレンノール野の合戦においてドル・アムロスの軍勢は都の大門の防衛に加わり、またローハンの援軍が到着してからは、ミナス・ティリスから出撃するゴンドール軍の前衛部隊として先陣を切った。その途中、イムラヒルはセオデンの亡骸を運ぶロヒアリムの一団に出会い、黒の息によって生気を失っていたエオウィンがまだ生きていることに気付いて直ちに治療が受けられるよう手配を行っている。
アルウェンの旗印を掲げてゴンドール救援に現れたアラゴルン二世に対しては、当初より彼を主君と認め、多大なる敬意を払った。一方でデネソールの気質もよく知っていたため、執政との対立を避けるため入城には慎重であろうとするアラゴルンの方針も支持している。

執政デネソールが逝去し、跡継ぎのファラミアが負傷のため政務が執れない状態にある間は、イムラヒルがゴンドール軍と都の指揮を代行した。
西軍には3500人のゴンドール兵を率いて参加し、黒門の戦いではローハン軍とともに燃えかすの山の東側の丘に布陣して戦った。

ドル・アムロス大公家はロスローリエンエルフの血を引いており、レゴラスはイムラヒルとの初対面時、彼の中に流れるエルフの血に気付いている。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

物語の短縮のため、全く登場しない。『The Lord of the Rings Trading Card Game』ではファラミアたちがオスギリアスよりナズグールに襲われながら撤退し、ガンダルフに救出されてミナス・ティリスに戻ったとき、ガンダルフに「デネソール殿はこのことを予知しておられた」と言ったゴンドールの兵士がイムラヒルとなっているが、これはカードゲーム内での設定で、映画本編のスクリプトではイロラスとなっている。

映画をベースにした『The Lord of the Rings Strategy Battle Game』、『LEGO The Lord of The Rings』では使用可能なキャラクターの一人として登場している。

画像

3026481_640px.jpg Imrahil.jpg Screen_Shot_2012-11-28_at_5.00.08_PM.png

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるイムラヒル

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • エオメルに娘を紹介するイムラヒル大公、嫁に出すイムラヒル大公、孫を抱くイムラヒル大公の姿を見て見たい。 -- 2013-12-02 (月) 23:09:45
  • この方の肩書きは公爵でいいんでしょうか? -- 2014-01-19 (日) 18:25:43
    • 爵位の公爵ではなく、大公(Prince)です。ゴンドールの諸侯には爵位のような階層制度はないようですから、このPrinceは公"爵"の意味ではありません。princeの原義は「第一人者」で、そこから「第一位王位継承者(=王子)」、「君主(国の第一人者)」、「有力な侯(公爵、諸侯、王の近親者))」といったものを指すようになりました。ゴンドールにおける「大公」(シンダール語でエアニル)は、没落以前に中つ国に根を下ろしていたヌメノール節士派一族の長に対してエレンディルが与えた称号で、この一族はエレンディルとは血縁関係だった、と『終わらざりし物語』にあります。王に次いでゴンドールにおける最も高貴な一族の長であり、王と最も親しい間柄の領主である、という意味の尊称がこのPrinceなのだと思われます。ゴンドールには、ドル・アムロス大公家以外にPrinceと呼ばれている領主は見当たりません。
      参考として、即位したアラゴルンは新たにイシリアンの大公(Prince)を設け、それにファラミアを任じました。これなどは王の不在を長年守っていた執政家を、かつては唯一のPrinceであったドル・アムロス家に並ぶ高貴な家柄としてアラゴルンが重んじたことを示していると思われます。また、ピピンは指輪戦争当時、都の住人からエアニル・イ・ペリアンナス(Prince of Halflingsの意で、翻訳では「小さい人の王子」となってます)と誤解されましたが、これなどは「ホビット諸侯の第一人者」といった意味なのでしょう。
      おおよそ、ゴンドールにおけるPrinceのニュアンスとは以上のようなものだと思われます。 -- 2014-01-19 (日) 22:02:49
      • すごく参考になりました -- 2014-02-25 (火) 01:05:52
      • ウェールズ大公みたいなものですね -- 2014-06-24 (火) 07:35:45
  • ボードゲームのイラストですhttp://img3.wikia.nocookie.net/__cb20120303195659/lotr/images/1/1d/Prince_Imrahil.jpg -- 2014-05-20 (火) 20:51:40
  • 映画に出られなかった彼もLEGOでついにデザインをもらえました、おめでとう!http://img2.wikia.nocookie.net/__cb20131207155302/lego/images/f/f2/Screen_Shot_2012-11-28_at_5.00.08_PM.png -- 2014-10-01 (水) 13:56:15
  • 画家やファンによって、外見がエルフ寄りだったり人間寄りだったりするのがこの人の面白いところ。エルフ寄りだと金髪で、人間寄りだと黒髪で場合によっては髭がある。ちなみに自分の中ではナイスミドルな美髭公 -- 2015-04-05 (日) 02:35:41
  • 普通に読んでる限りはアラゴルンよりも年下だとは分からない。多分見た目もアラゴルンより年配じゃないのかな? -- 2015-05-21 (木) 12:41:37
  • LOTROには出てないの? -- 2015-10-30 (金) 00:04:27
  • 映画に出るとしたら俳優はマーク・ストロングなんていかがでしょう? -- 2016-06-07 (火) 10:58:30
  • 黒髪の可能性が高いのに何故金髪白皙なんて呼ばれてるんだろう? -- 2016-09-07 (水) 13:19:38
    • 可能性が高いとは限りません。原文で、兵士たちが「as lords」(領主たちと同じくらい)とあるのがクセ者で、なぜ「as their lord(s)」や「as the lord(s)」ではないのか(「[その兵士達の]主君[である大公(達)]のように~」という意味なら文脈的にtheirかtheを付けるのが自然)・・・と考えると、この「lords」が指しているのは大公家ではなく「ゴンドールの支配者層一般」の意味ではないかと読めます。とするとこの「黒髪灰目の領主達」にイムラヒルが含まれているとは限らず、むしろ引き合いに出すのが大公ではなく一般領主であるというのは消極的に大公はそれと異なっている(黒髪灰目ではない=金髪白皙という意味のfair)ことを示しているとも考えられます。 -- 2018-02-26 (月) 15:03:53
  • 初めて読んだ時は、他が良くて二、三百程度の中、倍の700の精鋭も引き連れてくるとは中々太っ腹。登場の仕方からして重要なポジションになるんだろうなと思った。 -- 2018-09-30 (日) 12:50:18
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 彼が邦訳通り金髪白皙であるとは限らない。むしろドル・アムロスの部隊は領主たちと同じくらい背の高い、灰色の目をした、髪の黒っぽい(tall as lords, grey-eyed, dark-haired,)と描写されているため、この「領主たち」にイムラヒルも含まれるとすれば‘the fair’は「麗しの」とでも訳すべきかもしれない

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-30 (日) 12:50:19 (73d)