イドリル

概要

カテゴリー人名
スペルIdril
その他の呼び名ケレブリンダル(Celebrindal)
種族エルフノルドール
性別
生没年不明
トゥアゴン(父)、エレンウェ(母)
兄弟なし
配偶者トゥオル
エアレンディル(息子)

解説

トゥアゴンエレンウェの一人娘。エアレンディルの母。シンダール語で「銀の足(Silverfoot)」の意であるケレブリンダルの名を持つ。
彼女は母からヴァンヤール族の血を引いていたため、「メルコールが来る前のラウレリンの金のような」髪を持ち、ゴンドリンの中でももっとも美しい存在であると称えられた。

彼女は叔母アレゼルを殺害したエオルが処刑された直後から、二人の息子で自分の従弟であるマイグリンに不信の念を抱いており、マイグリンが従姉である自分にエルダールにとっては近親相姦にあたる思いを寄せていることを知ると、なおさら彼を疎んじた。

やがてトゥオルがゴンドリンにやってくると、イドリルはトゥオルに思いを寄せる。やがてマイグリン一派を除く、父のトゥアゴンを始めとしたゴンドリンの全ての民の祝福を受けて、イドリルはトゥオルと結婚。翌年の春には二人の息子エアレンディルが生まれた。
だがイドリルはその頃から不吉な運命の予感をつのらせ、いざという時に備えて都の外へと続く地下道を秘密裏に造らせた。

ゴンドリンがモルゴスの軍に襲撃された時、イドリルとエアレンディルはマイグリンに襲われたがトゥオルに救出される。イドリルは自らが用意した秘密の道から、トゥオルやエアレンディル、そしてゴンドリンの生存者と共に脱出し、シリオンの港へと逃れた。

やがてトゥオルが忍び寄る老いを感じるようになった頃、イドリルとトゥオルは共にエアルラーメに乗り西方へと船出して、アマンへと去ったと言われる。この船出の際、イドリルは息子エアレンディル緑の石を与えていったという。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

作中では名前は直接登場しないが、アルウェンが使っていた剣ハザファングは、かつてイドリルが持っていたという設定である*1

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • お父上よりも彼女の方が絶対賢者の名にふさわしいと思う・・・。 -- 2009-12-23 (水) 17:23:38
  • アルウェンのひいおばあちゃん -- 2011-03-24 (木) 10:28:45
  • 「銀の足」の異名のせいで金髪という印象が全然なかったな。 -- 2012-12-16 (日) 10:41:42
    • 正直「銀の足」ってどういう意味でしょうね・・・輝く美しいおみ足かつ強烈な蹴り技を繰り出せるとかw -- 2013-03-22 (金) 22:34:07
      • なんでも、どこへ行くにも裸足だったことから「銀の足」だとか……着目点になんだか違和感。もしや命名者は足フェチだった?w -- 2014-05-03 (土) 20:14:21
  • 許しの前に西へ行ったのはエアレンディルが最初だったはずなのに、この両親たちはかなぜ西へ行けたのでしょうか? -- 2015-04-18 (土) 18:07:08
    • 自分もそれが不思議 -- 2016-10-24 (月) 15:06:22
    • 教授は、トゥオルが人間の運命から切り離されエルフの運命に組み入れられたのは、ルーシエンが人間の運命を受け入れたことに対する代償であり、唯一の特例としてエルによって許されたものと手紙で回答しているそうです。 -- 2017-08-01 (火) 00:30:43
  • ノルドールは従兄弟姉妹婚禁止で彼女も従姉に恋するマイグリンを白い目で見ていましたが・・・ケレゴルム達がアレゼルに粉かけてるんでしょね?「馬鹿息子共のお遊び」と解釈したフェアノールが生温かい目で見ていたので大目に見られていたのかも? -- 2016-12-19 (月) 12:31:04
    • そんな記述、どこにあるんでしょうね? -- 2016-12-19 (月) 20:07:35
    • アレゼルの件は「フェアノールの子供達と仲が良かった」「しかし、アレゼルの方で彼等を恋愛対象とは見なさなかった」とシルマリルに記述が有ったので・・・。やっぱり父母達が「若い連中のお遊び」と笑い飛ばしていたので、従兄妹婚禁止のタブーを持ち出さなかったのかな?と想像したのです。 -- 2016-12-20 (火) 09:15:43
  • トゥオルにとって、イドリルは、助けになって、幸せな結婚になっていたのでしょう。 -- 2016-12-21 (水) 01:55:18
  • 裸足でヘルカラクセを横断したの? タフすぎるだろ…… -- 2018-06-11 (月) 04:17:55
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 The Lord of the Rings Weapons and Warfare』の記述

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-11 (月) 04:17:55 (182d)