イシルドゥア

概要

カテゴリー人名
スペルIsildur
異訳イシルデュア
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第二紀3209~†第三紀2(享年234)。在位第二紀3320~第三紀2(123年間)
エレンディル(父)
兄弟アナーリオン(弟)
配偶者
エレンドゥアアラタンキアヨンヴァランディル(息子)

解説

ゴンドールの王
建国第2代
(エレンディルとの共同統治)
イシルドゥア
第二紀3320~第三紀2
アナーリオン
第二紀3320~3440
第3代
メネルディル
2~158
初代
エレンディル
アルノールの王
初代
エレンディル
第二紀3320~3441
第2代
イシルドゥア
3441~第三紀2
第3代
ヴァランディル
10~249

エレンディルの長子でアナーリオンの兄。ヌーメノールの没落を逃れた忠実なる者の指導者の一人であり、弟アナーリオンと共にゴンドールを創建した事実上の初代の王。
父のナルシル(折れたる剣)を使ってサウロンの指を切断し、一つの指輪を奪い取った人物。

ニムロスの救出

イシルドゥアはヌーメノール忠実なる者の指導者であるアマンディルの孫であった。

当時ヌーメノールで影響力を増していたサウロンは、二つの木の光を記念するものであるニムロスの木を伐り倒すよう、執拗に王アル=ファラゾーンに勧めていた。
アマンディルから二つの木の物語を聞かされたイシルドゥアは、ニムロスを救おうと決意。アルメネロスの王宮に変装して忍び込むと、ニムロスの実を取って番人に襲われながらも逃げ延びた。彼は重傷を負ったが、救い出した実が芽吹き、最初の葉が開くにつれて回復した。
この直後にニムロスはサウロンの進言を容れたアル=ファラゾーンによって伐り倒されてしまったため、イシルドゥアはニムロスを救ったことになり、この一件は彼の名を高からしめる勲として後々まで記憶された。

中つ国に植えられたニムロスの実生から生じたのが、ゴンドール白の木である。

ゴンドールの創建王

ヌーメノールが没落すると、忠実なる者たちは9隻の船で中つ国に逃れた。イシルドゥアが率いる3隻と、弟アナーリオンが率いる2隻の船はペラルギアに漂着。兄弟は大河アンドゥインを遡ったところに南方王国ゴンドールを築いた。
一方、4隻の船を率いた父エレンディルは北方王国アルノールを築いた。アルノールとゴンドールは亡国の民の王国として一体のものだと見なされており、ゴンドールの王権は上級王たるエレンディルが二人の息子に南方王国の統治を委ねた共同統治とされた。兄弟の玉座は、オスギリアスの王宮に隣り合って置かれた。

イシルドゥア自身は影の山脈の膝下にあるミナス・イシルを居城とし、そこにヌーメノールから持ち来たった白の木を植える。
またエレヒには黒い石を据え、白の山脈の山中に暮らしていた山々の人間を配下に引き入れる。(だが後に山々の人間は召集に応えなかったため、イシルドゥアの呪いを受けて死者の軍勢となった)

最後の同盟の戦い

しかしサウロンもまた没落を逃れてモルドールに帰還しており、ゴンドールは復活したサウロンの攻撃を受ける。
ミナス・イシルは陥落して白の木は焼かれたが、イシルドゥアは妻子と共に白の木の実生を携えて脱出し、アルノールの父エレンディルの許へ急を知らせに赴いた。

最後の同盟が結ばれると、裂け谷に末子ヴァランディルを預けて同盟軍と共にモルドールへ進軍。ダゴルラドの戦いとバラド=ドゥーアの包囲戦を生き延び、滅びの山の山腹で二人の上級王エレンディルギル=ガラドサウロンと最後の戦いを行い、共に倒れるのを見届ける。イシルドゥアは倒れた父エレンディルの剣ナルシルの折れた柄本で、サウロンの指から一つの指輪を奪い取った。

共に戦いを見届けたエルロンドキーアダンは、指輪を滅びの山の火中に投ずることを勧めたが、イシルドゥアは戦いで死んだ父エレンディルと弟アナーリオンの「贖いの品」として、これを自分のものにすることを宣言した。

ゴンドールにおける戦後処理

父と弟が死んだため、イシルドゥアはアルノールゴンドールを統べる上級王となったことを宣言し、エレンディルミアを身につける。
イシルドゥアは弟アナーリオンを偲び、白の木を弟の居城であったミナス・アノールに移植する。さらに父エレンディルの亡骸をハリフィリアンに設けた墓所に葬った。
加えて、獲得した一つの指輪を王家重代の宝器として伝承するべく、その外見と銘文を記した巻物を製作する(だがこれはずっと後になってサルマンガンダルフに発見されるまで忘れ去られた)。

これら戦後処理が終わると、イシルドゥアは南方王国の統治を弟の子メネルディルに委ね、自らは父の王国を継ぐべく北方アルノールに向けて旅立った。

あやめ野の凶事

一度は一つの指輪に魅せられてそれを自分のものにしたイシルドゥアだが、時と共にその存在が自分の中で大きなものとなり、もはや自分の意志では制御できないものになったことに気づくと、指輪を賢者達に委ねるべきであったと後悔する。そのため裂け谷エルロンドの助言を乞うべく、北回りのルートでアルノールへ凱旋しようとした。

しかし一行はあやめ野オークの残党に襲撃される。
一つの指輪がオークの猛攻を招いていることに気づいたイシルドゥアは、一つの指輪を身に帯びて単身脱出しようとしたが、アンドゥインの河中で指輪は彼を裏切って指から抜け落ちる。そのため岸に上がったところをオークに発見されて射殺された。

イシルドゥアの亡骸は発見されず、彼が身に帯びていたエレンディルミアも失われた。
またこの凶事で彼の上の息子達エレンドゥアアラタンキアヨンも落命したため、北方王国は裂け谷に留まっていた末子で幼年のヴァランディルが継ぐことになった。

イシルドゥアの遺体

第四紀になってエレスサール王の一行がオルサンクを捜索した際、隠し部屋からイシルドゥアが最後に身に付けていたはずのエレンディルミアと、一つの指輪を収めて首にかけていた鎖つきの小箱が発見された。これはサルマンが一つの指輪を求めてあやめ野を捜索していて遺体と共に発見したものだと思われるが、遺体の方はサルマンがイシルドゥアを侮辱するために炉で焼き捨てたのではないかと考えられている。

略歴

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

俳優ハリー・シンクレア(Harry Sinclair)
日本語吹き替え吉田裕秋?

人物像の描かれ方や、一つの指輪との関係などは大幅に省略されており、人間の弱さの象徴のような描かれ方になっている。

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるイシルドゥア『ロード・オブ・ザ・リング』におけるイシルドゥア

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、最後の同盟の戦いでのイシルドゥア

ゲーム『シャドウ・オブ・ウォー』における設定

あやめ野で落命したあと、遺体はバラド=ドゥーアへ運ばれる。そこでまだ自分の姿を取り戻していないサウロンに九つの指輪の一つを嵌められたことでイシルドゥアは蘇り、強制的にナズグールにされた。
自らも死人を蘇らせる能力を持ち、主人公タリオンの前に立ちはだかるが、最後はバラド=ドゥーアでの戦いに破れ、指輪による呪縛から解放された。

備考

類似した設定として、ロード・オブ・ザ・リングス オンラインではイシルドゥアと同じくゴンドール王であるエアルヌアが幽鬼と化し、モルディリスの名を与えられている。また、ICE設定では魔王の正体はヌーメノールの王子エル=ムーラゾールとされている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 凄い人物かもしれませんが、山の人々が召集に応じなかったと知るや死ねないように呪いをかける辺り、黒いものを感じますね。ヌーメノールに居た時に密かにサウロンから魔術を教わっていたんじゃないかと勘ぐってしまいます。それなら指輪にころりと心奪われるのも納得できますし。 -- 2012-04-18 (水) 22:28:25
    • いや、さすがにそれはないでしょう。もし本当にサウロンと接触していたのなら、イシルドゥアもアル=ファラゾーンのように支配されてたと思いますよ。 -- 2012-04-18 (水) 22:38:04
    • 呪いと言うのは語弊が悪いと思いますよ。 ただ、彼の口から発せられる言葉の一言一言に相当な力があったのかも。 彼の祖先のルーシエン然り。 それ故、彼の言葉の拘束力により山の連中が心に平安を得られなくなり死しても成仏できなくなったとか。 少なくとも裏切られた怒り、憎しみ故に呪ったとは思えないね。 -- 2012-04-19 (木) 21:41:23
      • トールキンの世界は言葉そのものが力を持つ(言霊みたいな)世界ですもんね。 -- 2012-04-19 (木) 23:12:46
    • それは穿ち過ぎでしょう。会ってしまっていたらイシルドゥアより力が有る筈のヌメノール王すら支配したサウロンに抵抗できるとは思えません -- 2012-04-19 (木) 21:41:52
    • 勝手な想像ですが、イシルドゥアが呪いをかけたのは戦争の後で、指輪の力が働いた(必ずしも彼は意図していなかった)のかもと思いました。ナズグールとは違いますが、似た存在だったのかなと。 -- 2013-01-29 (火) 02:22:12
  • 史上最大の英雄にして史上最悪の愚者・・・・・・でも山の民に呪いをかけちゃう辺り最強だと思いました。だってついでに地上最強のアンデット軍団完成(;゚Д゚) -- 2013-01-19 (土) 16:48:12
  • 彼でさえ、指輪の魔力には逆らえなかったということが 、指輪の強力さを示しているのでしょう -- 2013-01-28 (月) 09:38:23
    • だからこそ映画で(原作でもあったかな)のエルロンドの「指輪の魔力に抗って此処まで来るとは、ホビットとは見上げた種族だな」ってセリフが深い。 -- 2014-02-05 (水) 12:00:57
    • それを考えるとトムボンバディルはある意味で最強? -- 2014-02-05 (水) 17:28:53
      • あれは魔力に逆らうとかそうゆうのじゃないからなぁ。ちょっと微妙。 -- 2014-02-08 (土) 21:32:24
  • 指輪を捨てていればベレンやトゥーリンと並んだ英雄になっていたかも。 -- 2014-02-08 (土) 21:24:40
    • うろ覚えですが終わらざりし物語では後に指輪を破壊しなかった事を悔いてアルノールに帰還後エルロンドに相談するつもりだったような事が書いてあった気がします。残念ながらあやめ野で戦死してしまいましたが… -- 2014-02-08 (土) 22:04:48
  • 終わらざりし物語を読んでいるかどうかで大分印象の変わる人物だと思う。 -- 2014-02-26 (水) 09:20:01
    • あやめ野の悲劇を読むと、指輪を制しきれない自らの器の小ささを自覚せざるを得ず、悔悟している事がよく判るので、一旦底を打った彼への評価がまた上がるエピソードだと思う。 -- 2018-02-21 (水) 21:27:22
  • サウロンがヌーメノールからモルドールに帰還して、建国後のゴンドールが攻撃されたとき、なぜイシルドゥアはわざわざ自ら救援を求めに行ったのだろうか。その時パランティーアは自由に使えたはずなのに。それとも当時はまだパランティーアによる連絡網が確立されていなかったのか? -- 2014-10-04 (土) 01:34:05
    • 安易な考えだが、この時ミナス・イシルは一時的に陥落しており、イシルのパランティーアには傍受の機能はないが、サウロンに捕捉されることを恐れて使わなかったのではないだろうか?パランティーアは便利なツールだが、非常に扱いにくい代物であるように思える。敵の手にパランティーアがあるかもしれない状況での使用は危険だと判断したのでは? -- 2014-11-01 (土) 05:44:27
      • イシルドゥアがパランティーアは持ち出せずに白の木の実生だけかろうじて持ち出せた、と考えればその可能性もありますね。 -- 2014-11-01 (土) 08:34:53
      • 火急の時にどちらを優先するかと言われたら、白の木の実生でしょうね。この時にサウロンも学んだんでしょうね。大切なものは最初に持ち帰りましょうと。次はしっかり持ち帰ってますもんね。 -- 2014-11-01 (土) 12:53:22
    • 既に成人した大将であるはずの息子三人までアルノール行きの船旅についてくる必要ないよな。オスギリアスに残して働かせるべき。 -- 2018-05-12 (土) 22:49:59
    • ハラド、東夷の先進国の遠征船団、黒いヌメノール人たちが、モルドールのゴンドール攻撃に呼応してペラルギア近辺まで来ていただろうから、国王一家を戦域外に安全に輸送するためにゴンドール海軍の戦力を割くって正気じゃない。 -- 2018-05-12 (土) 23:50:48
  • うろ覚えですが、映画でガンダルフがミナス・ティリスの書庫をあさっている時、文献にこの人のことを「High King of Gondor(ゴンドールの上級王)」って言及してるんですけど、厳密にはおかしくないですかね・・ -- 2015-02-25 (水) 17:08:54
    • 原作ではアルノール王が上級王と見做されていたので正しい表記とはいえませんが、映画では観客の混乱を避けるため「アルノール」の単語自体を出さないようにしているので、映画設定では間違いとは言い切れません -- 2015-04-22 (水) 00:05:20
  • 遺骨って数千年も持つかな?そもそも遺体はどういう状態になったんだ?川底に埋もれたか、野ざらしだったか。川床ならサルマンは潜って引き上げたのか? -- 2016-05-29 (日) 19:09:38
    • 周りの環境よりけりだね。酸性土壌の日本では無理かと。 -- 2018-01-04 (木) 12:11:25
  • シャドウオブウォーにてナズグルの1人として登場 -- 2017-10-18 (水) 14:56:51
    • 死者生き返らせちゃだめでしょ。生死を超えることができるのはイルヴァタールだけのはず -- 2018-02-02 (金) 22:46:30
      • 生き返ったんじゃなくて幽鬼になったんだから違うでしょ -- 2018-02-02 (金) 23:27:31
      • なんかここってゲームの設定にケチ付けてばっかりだな -- 2018-07-01 (日) 21:53:49
    • 「代わりにこっちあげるから指輪返して」 -- 2018-02-21 (水) 03:21:32
  • ニムロスの実を盗んできたこと以外になんの実績もなくて、全然英雄に思えないんだよねぇ・・ -- 2018-02-25 (日) 21:45:18
    • 白の山脈の山の民の招集に失敗するのもマイナスポイント。下手したら最後の同盟のモルドール遠征中に、山の民がサウロンの密使によって翻意・蜂起して後方が脅かされる事態もあり得た。万が一に備えるためにアノリアンや沿岸の諸侯は留守の兵を残さざるを得なかっただろう。 -- 2018-05-14 (月) 20:52:19
      • そこはちゃんと呪言で圧して封じ込めてますからマイナスにはならないでしょう。 -- 2018-05-21 (月) 23:30:30
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-01 (日) 21:53:49 (137d)