アルダ

概要

カテゴリー天文
スペルArda
その他の呼び名地球、大地(the Earth)
地球王国(Kingdom of Earth)
傷ついたアルダ(Arda Marred)
湾曲せる世界(Bent World)

解説

イルーヴァタールの命によりアイヌアによって作られた世界で、中つ国などが含まれる。地球のこと。
元来は「王国(Realm)」の意で、マンウェが王として統べる国ということに由来していた。

イルーヴァタールの主題とアイヌアの音楽によってその構想と運命が示された後、エアの只中に実際にヴァラールマイアールによって造られた。アルダの創造ではマンウェアウレウルモの三者が特に中心的な働きをしたが、メルコールの介在と妨害によってその形は大きく損ねられた(傷ついたアルダ)。

第二紀に起こったヌーメノールの没落にともなう大変動の前後でアルダの構造は大きく異なっており、それまでは平面的な世界であったが、大変動の後は今の我々が知っているような球形の世界(湾曲せる世界)となった。

アルダの構造

そして、この世界のありとある壮麗、その広大なる数々の館、空間、回転する火の中にあって、イルーヴァタールは原初の時、無数の星々の只中にかれらの住まう場所を選び給うた。*1

The Shaping of Middle-earth』などに詳細に記述されている。

アルダははじめ平面な地表を持ち、エアに浮かぶ船のような形をしていた。一方でその領域は球形を成していた。
地表の上はヴィスタ?(大気)が、地表の下はアンバール?(大地)が占めていた。
そして全体をヴァイヤ(取り巻く海)が覆っていた。ヴァイヤの内側には星々が運行するイルメンがあった。ヴァイヤの外側には夜の壁があり、クーマ(虚空)と隔てている。
アルダの東西の果てにはそれぞれ夜の扉朝の門?がある。

だが第二紀末にヌーメノール人アマンへ足を踏み入れると、ヴァラールの呼びかけを受けたイルーヴァタールによって、平面だったアルダの地表は球形に創り変えられた。
アマン世界の圏外に移され、エルフのみがまっすぐの道を通ってアマンへ渡ることが許された。

地名

画像

トールキン直筆のアルダ全図(二つの木の時代)(『The Shaping of Middle-earth』)
quroJ.jpg

上を基にK・フォンスタッドが作成したアルダ全図(左が第一紀、右が第二紀)(『中つ国歴史地図』)
Map of complete First Age Arda.gif 84DMi.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • アルダの果てまでイッテQ -- 2015-04-12 (日) 12:00:22
  • 「まだ地球が平らだったころ」(日本語だと、なんか酷いことになるねw)と言うと、昨年亡くなったタニス・リーを思い出す -- 2016-02-10 (水) 00:13:37
  • ウンバール(Umbar)に倣いAmbarの日本語表記を変更しました。先ヌーメノールとクウェンヤ、アドゥーナイクなどの言語とでは発音則が違う可能性もあるので間違っていれば修正お願いします -- 2016-06-16 (木) 00:36:29
  • 地表が球のように湾曲していたら、下側の人や水は取り巻く海に落っこちちゃう(戦国時代に地球儀を初めて見た日本人的感想)。 -- 2018-04-05 (木) 14:55:47
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シルマリルの物語』「アイヌリンダレ

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-05 (木) 18:50:21 (224d)