• 第一紀以前のエレド・エングリンこと鉄山脈(Iron Mountains)については鉄山脈を参照してください。

くろがね連山(れんざん)

概要

カテゴリー地名
スペルIron Hills
異訳くろがね山、黒がね連山

解説

ロヴァニオンの北東の果てにある山脈。山脈からはカルネン(赤水川)が流れ出ている。

第三紀2589年に灰色山脈ドワーフ冷血竜に襲われてダイン一世が殺されると、ダインの息子グロールは家来を連れてこの地に移住した。くろがね連山のドワーフはグロールの兄スロールが移住したエレボールへ鉱石を輸出した。
2770年にスマウグによってエレボールの山の下の王国が滅ぼされると、スロールの一族郎党は放浪生活を送るようになるが、エレボールのドワーフの多くはくろがね連山へ身を寄せた。

くろがね連山のドワーフの戦士は屈強なことで知られ、鎖帷子と鉄の靴で身をよろい、重いつるはしを武器にした。
2793~2799年のドワーフとオークの戦争では、スライン二世の求めに応じ、グロールの息子ナインがくろがね連山のドワーフを率いて参戦した。ナインはナンドゥヒリオンの合戦アゾグに殺されたが、ナインの息子ダインがアゾグを討ち取って名を上げた。
2941年には、エレボールに立て籠もったトーリン二世の求めに応じ、ダインがくろがね連山のドワーフを率いてエレボールに進軍した。結果的に発生した五軍の合戦でトーリンが死んだため、そのままダインがダイン二世として再興された山の下の王国の王となった。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

指輪戦争終結時点で)トーリン三世の弟であるNáin the Slakelessが、鉱山Járnfastなどのくろがね連山を統治している。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるくろがね連山のJárnfast

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • カザド・ドゥムやエレボールほどではないだろうが、規模はどのくらいだったか等、興味深い場所。 -- 2015-02-17 (火) 03:08:46
  • ちらっとでいいから映画ホビットでふれて欲しかった、ダイン軍の出陣前とか映像という形で。 -- 2015-02-18 (水) 19:47:52
  • 名の通り鉄を豊富に産出し、古くからドワーフの鉱山として他のドワーフの国に鉄を輸出していたらしい。なお、山の下の王国は全ての鉱石をくろがね山連山に頼っていたわけではなく、はなれ山にも坑道を掘って採掘はしていた。 -- 2015-11-20 (金) 01:35:00
    • 鉄鉱石でも武器などの需要が多いから、相当な収入が得られるだろうな。 -- 2018-01-29 (月) 10:00:02
      • 武器の材料として重宝されますからね。原材料の輸出ばかりでなく、それを元に武器を作って売れば、相当な外貨を得られるでしょう。 -- 2018-03-19 (月) 13:22:08
  • ここの軍団にコミケスタッフ任せれば安心だろうな -- 2018-01-23 (火) 00:25:00
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-13 (土) 18:39:28 (61d)