最後(さいご)(いこい)(やかた)

概要

カテゴリー地名
スペルLast Homely House
その他の呼び名エルロンドの館(House of Elrond)

解説

裂け谷にあるエルロンドの館の名。大海の東に残る「最後の憩」館と述べられている。

ホビットの冒険』ではトーリンとその仲間が、『指輪物語』では旅人たちがそれぞれの旅の途中で立ち寄り、休息と助言を得た。指輪の仲間が結成され、旅立ったのもこの館からである。
ビルボ・バギンズホビット庄を去ってからはエルロンドの客人としてこの館に住まい、隠遁生活の傍ら西境の赤表紙本の基となる伝承資料を収集した。

この館はずっと以前ビルボが語って聞かせてくれたように「何一つ不足のない館であって、好きなことが、物であれ、眠りであれ、物語を聞くことであれ、歌であれ、ただじっと座って考えていることであれ、あるいはこれら全部を好き勝手に混ぜ合わせることであれ、そのすべてを満足させてくれる」ところでした。ただここに滞在するだけで、疲れや心配や悲しみから癒されるのでした。*1

大広間

フロドモルグルの刃の傷から快癒したことを祝する宴会が開かれた広間。
宴会にはエルロンドアルウェングロールフィンデルといった家中の者達をはじめ、ガンダルフフロドサムメリーピピンといった賓客、グローインのような遠来の客が出席した(アラゴルンエルラダンエルロヒアは所用のため留守だった)。

火の広間 (Hall of Fire)

大広間の向かいにある広間で、一年を通して絶えることなく暖炉の火が燃やされている。
普段は個々人の瞑想の場、祝日には歌と音楽が奏でられる談話室となる。フロドはここでビルボと再会した。

この広間にはテーブルは一つもなく、代わりに、彫り物をした二本の柱の間に大きな暖炉があり、火が赤々と燃えていました。
フロドは気づいてみると、ガンダルフが一緒に歩いていました。「これは『火の広間』じゃ。」と、魔法使はいいました。「今からここで歌や物語をたくさん聞かせてもらえるよ──あんたが目を覚ませていられればのことじゃが。だが、祝日以外の日には、この広間はたいてい人気がなく静かで、ひとりで静かに考え事をしたい者たちがここに来る。ここには一年を通じていつでも火が燃えていて、燃える火以外にはほとんど明かりらしいものはないのじゃ。」*2

東側のポーチ

館の東側にあるポーチ。エルロンドの会議が開かれた場所であり、傷から回復したフロドが友人達と再会した場所。

ビルボの部屋

ビルボにあてがわれた小さな部屋。庭に面しており、ブルイネンの流れる峡谷を南に見下ろすことができる。
ここでフロドはビルボからつらぬき丸ミスリルの胴着を譲り渡された。

その他の施設

鐘楼
澄んだ鐘の音で刻が告げられていることから、直接の言及はないものの鐘楼を備えているものと思われる。
鍛冶場
折れたナルシルをアンドゥリルに鍛え直した鍛冶場もあるものと思われるが、館の中にあるのか離れとして備えているのかは不明。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

大広間における宴会の場面、および火の広間は登場しない。
イシルドゥアサウロンから一つの指輪を奪った場面が描かれた壁画のある一室が登場し、そこに折れたる剣も保管されている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』における「最後の憩」館『ロード・オブ・ザ・リング』における「最後の憩」館『ロード・オブ・ザ・リング』における「最後の憩」館『ロード・オブ・ザ・リング』における「最後の憩」館

グッズ

映画『ホビット』における設定

白の会議のシーンも登場している。『ロード・オブ・ザ・リング』に出てきたのと同じ、最後の同盟の戦いにおけるサウロンイシルドゥアの絵があるが、『ホビット』ではサウロンの手に一つの指輪が描き足されている。

画像

『ホビット』における「最後の憩」館『ホビット』における「最後の憩」館『ホビット』における「最後の憩」館

グッズ

ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における「最後の憩」館外観『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における「最後の憩」館『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における火の広間

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • この館の名前はロスロリアンの存在を無視しているな。 -- ホビット 2008-12-29 (月) 15:32:58
    • 最恐の姑のそばでは憩えないからでは -- 2009-01-28 (水) 07:23:14
    • シンダールやシルヴァンは元々中つ国に根付いていた種族なので、「大海の東の最後の」説をとるなら、その呼称はノルドールによるものではないかと。ロスロリアンはノルドールの地じゃないですからね。どちらかというと「全ての種族に開放されている最後の」じゃないかという気はしますが。 -- 2009-01-28 (水) 09:41:50
    • ケレボルンはロスロリアンですら憩えなくなって、ここにたどり着いた。したがってヴィルヤが無しでもここがほんとうに最後。 -- 2010-07-24 (土) 10:08:10
      • エルロンドが自分たちの行く末を知った上で「最後の」という名前を付けたのなら深いですねえ。 -- 2013-05-18 (土) 09:23:53
    • ロリアンはかなりネンヤの力に依存して保たれていた様子があります、それこそ「エルフでしか生きられない地」(エルフでない者までエルフ化してしまう地)になってしまうほど。対してイムラドリスは、裂け谷の方で引用されているサムのセリフや上のかたのコメントにもあるように「すべての物が少しずつある」「全ての種族が共に憩うことのできる」場所となっています。
      おそらくエルロンドは、やがて力の指輪を放棄せざるを得ないことを承知していたため、ヴィルヤの力をロリアンほどには支配的に用いなかったのだと思われます。彼は安息所をエルフの夢と力だけで築くのではなく、中つ国のあらゆる要素(すなわち歴史や伝承や避難者達)を蓄積することによって保とうとしたのではないかと。だからこそ、ここはエルフの時代が完全に終わった後も「最後」まで残ることができたのでしょう。
      これにはおそらくガラドリエルが生粋のノルドールであるのに対して、エルロンドの半エルフとしての生い立ちも多分に影響しているのではないかと思います。
      そして裂け谷が最後には色褪せたのも、エルフの力が去ったからというよりは、「全ての種族が共に暮らすことのできる時代」が終わってしまったことの方に起因するのではなかと。 -- 2014-08-14 (木) 15:06:23
    • ロスロリエンは森の存在が勝ち過ぎているから。イムラドリスはなんというか空気みたいなもん。 -- 2016-04-14 (木) 11:02:22
  • ロスロリアンはドル・グルドゥアにもモルドールにも近いからね。奥方がネンヤでしっかり防衛する必要があったのもやむなし。そういう意味ではエルロンドの館は本当に憩えた最後の場所なんでしょう。 -- 2016-04-14 (木) 22:24:38
  • 鍛冶場は最後の憩館の中にあるとは限らないでしょう。実際LotROでも、鍛冶場は裂け谷内の、館からは少し離れた屋外に存在しています -- 2018-09-05 (水) 08:50:23
    • おっしゃる通りですね。修正しました。 -- 2018-09-05 (水) 18:31:56
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間』「数々の出会い」
*2 同上

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-05 (水) 18:31:56 (98d)