このページはより転送されました。日本語表記規則についてはこちらを参照してください。

(りゅう)

概要

カテゴリー種族
スペルdragon, drake*1
異訳竜、ドラゴン、ドレイク
その他の呼び名ウルローキ (Urulóki)
北方の火龍 (fire-drakes of the North)
長虫 (worm)*2

解説

クウェンヤでは「火の蛇(fire-serpent)」を意味するウルローキと呼ばれる。上古モルゴスが作り出した巨大な怪物。
第一紀末の怒りの戦いでほとんどが滅ぼされたが、一部は後の世まで生き残った。第三紀の頃には主にロヴァニオン北方(灰色山脈付近)に棲息していた。

邦訳では『ホビットの冒険』『指輪物語』『終わらざりし物語』ではの字が使われているが、『新版 シルマリルの物語』ではの字が使われている。

特徴

外見

巨大でとぐろを巻くほどの長い体を持ち、足は四本。全身が硬い鱗に包まれており、通常の攻撃を寄せ付けないが、腹の側だけは柔らかく容易に致命傷を受ける。怒りの戦いでは、空を飛ぶ有翼の龍が初めて現れた。

能力

強い生命力と怪力を持つ。口から炎を吐くことができ、龍の火は力の指輪を溶解させられるほど強力であるという。翼を持ち飛行することのできる者もおり、そうした龍は大変な脅威となった。充分に成長した鱗は、通常の攻撃を寄せ付けないほど堅い。聴覚や嗅覚にも優れ、遠くからでも敵の接近を察知できる。また非常に高い知能を持って悪巧みを行う。呪言や邪視の力を持つものもいる。
寿命は長く、年を取るごとに成長して強力になっていき、狡知も深まっていく。だがその分、成長も遅く、龍の祖グラウルングは初めて存在を知られてから完全に生長しきるまでに200年以上かかっており、それまでは身を鎧う鱗が完全ではなく傷つきやすかった。

文明・文化

文明と言えるものはなく、もっぱら単独で暮らす様子がある。自分で作ることも使うこともしないのに金銀宝石などの宝物を好み、奪い取ったそれらを積み上げて体を横たえて眠り、死蔵する。また高い狡知を持つためか、謎かけの魅力に抗えないという性質がある。

住居

エルフドワーフ人間などの砦、洞窟などを奪って住み着く。

歴史

第一紀アングバンドの包囲の時代にはじめて龍の祖グラウルングが地上に現れ、エルフを仰天させた。グラウルングはダゴール・ブラゴルラハモルゴス軍の先陣を切って突撃し、包囲を打ち破った。
ニアナイス・アルノイディアドではモルゴス軍の切り札としてグラウルングの他にも多くの龍たちが出撃し、やはりエルフと人間に大損害を与えた。その後グラウルングは、自らが滅ぼしたナルゴスロンドに巣食って周辺の脅威となったが、最後にはトゥーリン・トゥランバールに退治された。
怒りの戦いでは、モルゴスの最後の切り札としてアンカラゴンをはじめとする翼を持つ龍たちがはじめて出撃し、一時はヴァリノールの軍勢をも押し返すほどの猛威を見せた。この有翼の龍たちはヴィンギロトで駆けつけたエアレンディルソロンドール率いる大鳥たちによって退治された。
第三紀にはロヴァニオン北方の灰色山脈ヒースのかれ野に主に巣食っていたらしく、付近のドワーフ人間を悩ました。特にフラムに退治されたスカサや、ドワーフを襲った大冷血竜などが知られている。
2770年に灰色山脈から飛来して山の下の王国谷間の国を滅ぼしたスマウグは有翼の火龍で、2941年にバルドに退治されるまでエレボールの廃墟に巣食い、北方の大きな脅威であった。
スマウグの死後、強力な火龍の類は途絶えてしまったと思しい*3。しかしその末裔は後代まで残った。

氏族

火を吐くウルローキ(火龍)には、翼のない龍と、翼のある龍とがいる。また火龍とは別に、冷血竜という種類もいたと思われる。小さい龍は小竜(dragonet)*4と呼ばれることがある。

言語

複数の言語を巧みに操る。

偏見

他の全ての種族を蔑視しており、略奪と殺戮の対象としか思っていない。

名の残っている龍

その他

原作者のトールキンは幼少時から龍を非常に好み、手がけた作品のほとんどに龍を登場させ、龍を題材にした詩も残している。

仔犬のローヴァーの冒険』には、月の裏側に住み蝕などを起こさせる「白い龍」が登場する。月の白い龍はトールキンが子供達のために書いた『サンタ・クロースからの手紙』でも言及されている。
農夫ジャイルズの冒険』では、主人公ジャイルズに噛尾刀(こうびとう)(龍退治のために鍛えられた剣)で脅される「黄金龍」が登場する。

どんな世界にいようと、竜がいるところは別世界なのである。空想(ファンタジー)、すなわち別世界を創造したり、あるいは眺めたりすることは、妖精の国を知りたいという願望の真髄だったのである。私は竜を深く望んだ。近所に竜がいて、比較的安全な私の世界に侵入してくることを、この臆病な私が願わなかったことはもちろんである。 … しかし、想像のうちにおいてだけでも、ファフニールをもつことのできる世界は、たとえどんな危険が伴うにしても、平穏な私の世界よりも、はるかに豊かで美しい世界である。*5

Iron Crown Enterprises』における設定

生息している場所と翼の有無によって細かく分類されている。また、原作に登場する個体以外にも多数の名のある龍について言及されている。

氏族

洞窟龍(Cave Drakes)
クウェンヤでロンドローキ(Rondolóki)と呼ばれる、最も初期の頃に現れた龍とその子孫。比較的小さく、翼も火を吐く能力も持たない種で、知性も後代の龍に劣る。グラウルングのように策謀を練るよりも本能に忠実なため、原石のまま輝きの無い宝石よりも、光沢のあるガラスの方を好む。縄張り意識が強く好戦的だが、他の強力な龍を恐れており、自由の民には殆ど脅威とならない。中にはスカサら名のある龍と知己であるとうそぶく個体もいる。
洞窟長虫(Cave Worms)
洞窟に住む竜の中で最も主要でかつ忌まわしい種。四肢は小さく、視力も色覚も僅かしかないため、専ら舌を感覚器兼腕代わりとしている。骨を好んで食べるが、可能なものは殆ど何でも食す。全身を粘液で保護し、頭の角で岩を砕きながら地底を這いまわる。決して地表には出てこないため、モリアなど一部の地域で見られる程度である。
冷血竜
クウェンヤでヘルカローキ("Helkaloki)と呼ばれる。最も古くかつ一般的な種。他の全ての龍はこの種から派生した。亜種として翼を持たない氷龍(Ice Drakes)、地龍(Land Drakes)の他、翼を持つ種(Winged Cold Drakes)もいる。
水龍(Water Drakes)
離島や海など、水のある場所に住む種。鰭と鶏冠を持ち、身体に密着した細かい鱗を持つ。火ではなく、体内に蓄えた水を一息に噴出する水雷(Water Bolt)という能力を持つ。長期間水中に潜ることができるため、多くの個体は深い場所に隠れて滅多に姿を現さない。
雨龍(Rain Drakes)
水龍のうち、主に川や湖などの真水に生息する種。青みのかかった黒か、完全な黒色をしている。洞窟に住むものだけでなく、岩や木などで自ら巣を作るものもいる。
リングウィローキ(Lingwilóki)
水龍の本種(True Water Drakes)で、あらゆる水域に生息している。殆どの個体が藍色(Deep blue)や青緑色(Sea green)をしている。日光や火を恐れているため、浅瀬や陸地には滅多に近づかない。イルカのように音波を用いて獲物を探知したり、地形を調べる事ができ、大きな個体は小型の船を掴んで押し潰すこともできる。
恐ろしい長虫(Were Worms)
砂漠や草原に住む種。見た物や念じた物に擬態するという、他の種にはない魔力を持っている。東方の山脈に住む翼を持たない種と、ハラドの砂漠に生息する有翼の砂龍(Sand Drakes)があり、ホビットの伝承ではこの2種が混同されている。

火龍

亜種として、沼地に住む龍(Marsh Drakes)がいる。引火性の有毒ガスを吐くが、棲息地の環境上、火を起こすよりも毒で獲物を蝕んだり、窒息させる事に使われる。

出典

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

翼のない種はworm、翼のある種はdrakeと定義されている。
大型の龍としては、トログやDraigochなどが登場する。ダイン一世らを殺した冷血竜には、Vethúg Wintermindという固有名がつけられている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • スマウグは素直に火を吐いたけど、あれがさらに強くなってシン・ゴジラの熱線クラスにバージョンアップしたのが、「力の指輪を熔かし、焼き尽くす」という龍の火じゃないだろうか。 -- 2020-06-04 (木) 16:29:49
    • でも正直、力の指輪を溶かせそうな名有りの龍ってアンカラゴン以外思い付かないよね。そりゃ第一紀にはスマウグも赤子扱いするような強力な龍がアンカラゴン以外にも沢山いたんだろうが。グラウルングなんかは逆に指輪を溶かすよりそれを使って人を堕落させたり敵を内部崩壊させてほくそ笑みそうだ。 -- 2020-06-04 (木) 18:02:52
      • ドワーフの指輪は4つ龍の火で失われている。第二紀から第三紀に。 -- 2020-06-04 (木) 19:53:29
    • スマウグなら溶かせるんじゃないの?第三紀最大の龍なんだから。 -- 2020-06-04 (木) 19:51:08
      • スマウグさん、もしかするともうちょっと勢いよく火を吹いてたらば、ビルボさんの燃えかす(魔法のヘビ玉状態)から指環を取り出し、後先考えず「ケッ」とかいいながらちょっと飛んで滅びの亀裂にポイと溶かして始末したかもしれませんね。 -- 2020-06-04 (木) 23:41:52
      • ↑なんかよくわからんけど昔流行ってたの?こういう言い方。 -- 2020-06-05 (金) 00:13:57
      • 「この一つの指輪、支配する指輪を損ねることはいかな龍にも、かの黒龍アンカラゴンにすら、できなかったろう。」ガンダルフが原作中で名言しているのが公式。ドワーフ用はいくつか普通の龍にこわされた事例あり。 -- オレは別人 2020-06-05 (金) 07:56:06
      • 「力の指輪」はケレブリンボール達が鍛えた、1つの指輪を含む20個の指輪の事だから「第一紀にいたような強大な龍は力の指輪を破壊できる」「だが1つの指輪は龍の火では決して損なわれない」のは確かだろうね。ガンダルフも「力の指輪を溶かせるような古い火を蓄えた龍はもはやおらん」みたいなこと言ってるし。 -- 2020-06-05 (金) 09:45:36
  • 全くおっしゃる通りで、「スマウグがドワーフと抗争した龍と同じくらいの炎を吐けるかどうか」が論点なのではないかと。第三期最強のスマウグとて第二期の龍と比べれば並みだったというロマンも面白いのではないか。 -- オレは別人 2020-06-05 (金) 11:58:08
  • 海や水中に住む竜の存在が見られないのは水がウルモの司る領域な事と関係してるのだろうか。モルゴスも海に直接手出ししたという話は無いし -- 2020-09-17 (木) 08:24:59
    • ウルモの影響もあるでしょうが第一紀は陸が覇権の中心ですし、モルゴスの国も典型的な大陸型帝国ですのでシーパワーの概念自体がなかったんでしょうね。だから半ばシカトしてたみたいな。脚光を浴びなかっただけで、結局世界の運命を変えたのは海に関わりのある偉業だったのが面白いとこですが。海にもモルゴスが気を配っていたなら、エアレンディルの勲もなく世界は暗黒時代だったかも。 -- 2020-09-17 (木) 13:10:54
    • 海担当だったオッセが早々にウルモに降伏しちゃったし… -- 2021-05-30 (日) 19:34:19
  • 後発の作品のように火以外の何かを放てる種がいた可能性はあるのかな? -- 2020-10-04 (日) 01:07:28
    • どうなんでしょうかねぇ。トールキン世界における龍って自己進化というよりはモルゴスの業で産み出された究極の進化生物ですし、自ら進化するイメージはあまりないですね個人的には。はるか後世の龍スマウグもできることは第一紀の空飛ぶ火竜と変わらないか、むしろ劣化してる可能性がありますし。炎だけではなく呪いや魔法を使えるグラウルングがむしろ例外中の例外なのでは。 -- 2020-10-04 (日) 04:54:39
      • 試作の段階で火以外の物を吐く種を作ってはいそう。酸とか、冷気とか -- 2020-10-04 (日) 15:59:46
    • 体内に宿した何かではなくとも、水なり岩礫なりを飲み込んで吐き出せば十分強力ではありそう。火龍に水は厳しいだろうけど -- 2020-10-04 (日) 15:57:57
    • ↑↑呪いはグラウルングの専売特許ではなく、竜の標準装備ですよ。ビルボもスマウグと対峙する時に竜の呪いにかからないよう注意しています。 -- 2020-10-04 (日) 16:00:14
  • リングウィローキって確か草稿の中に名前だけ出てなかったっけ? -- 2020-10-04 (日) 16:01:12
  • オロメならポンポコ撃ち落とせたりするんだろうか。 -- 2021-08-23 (月) 07:47:08
    • ダークソウルみたい

それはそうと浴びせた火炎で力の指輪も溶けちゃうからナズグルにこいつらの相手は無理やね向かわせるのも危険 そういう理屈でモルゴスから炎の力を分け与えられたバルログ達の炎の鞭にも致命的に弱かったりするのかね -- 2021-08-23 (月) 13:45:32

  • 力の指輪はナズグル達は持参せず、サウロンが改めて取り上げて手元に置いている説が有力なのでそれはないのでは。
    またガンダルフは裂け谷で
    「力の指輪を溶かせるような古い火を蓄えた龍はもはやおらん」
    と言っていたので、第三紀生まれである事がほぼ確実なスマウグは力の指輪を溶かす事ができない公算が強い。
    ※スマウグはエレボール襲撃という約200年前の自分自身を“まだおれは若く弱かった”と言っているため
    従って第三紀最大の龍とは言え、第一紀や第二紀にいた古い火を持つ龍達とは比較にならず力の指輪を損ねる事は難しいのでは。
    ドワーフ達の七つの指輪の幾つかを焼いたのはそういう龍ではないかと思う。
    まあ、ナズグルの力は恐怖なのでそれが通用しない龍(もちろんスマウグも)の相手はいずれにしろできないでしょうね。一瞬で燃やされて終わりかと。 -- 2021-08-23 (月) 19:38:07
  • 力の指輪はナズグル達は持参せず、サウロンが改めて取り上げて手元に置いている説が有力なのでそれはないのでは。

    えーそうなの??映画とかゲームだとナズグルは指に嵌めてるから原作でもそういうイメージだったんだけど -- 2021-08-23 (月) 22:16:41
  • 流石にあのガンダルフの発言は竜の中でも≪最強型≫の最後の生き残りであったスマウグの死を持ってそういう竜はいないと考えてると思うんだけど -- 2021-08-23 (月) 22:19:18
  • 二つ上の方へ。九つの指輪の所在については『終わらざりし物語』の指輪狩りの章ではっきりとサウロンが所持していると書かれています。
    ナズグルが填めていないからこそ、ナズグル達はやられても自らの存在の根幹である九つの指輪を持つ主人の下に帰れるわけです。
    それに魔王が倒されたときにもそこには何も残らなかったのが、幽鬼になってからナズグル達は指輪を填めていない一つの証左かと。 -- 2021-08-23 (月) 23:20:03
  • ヌメノーリアンなら龍討伐出来んのかな。
    暇を持て余したムキムキ貴族達の命懸けの暇潰しみたいな感じで。 -- 2021-08-23 (月) 19:45:02
  • →流石にあのガンダルフの発言は竜の中でも≪最強型≫の最後の生き残りであったスマウグの死を持ってそういう竜はいないと考えてると思うんだけど
    俺もそうは思わなくはないですが、ガンダルフがわざわざ『古い火』と言ったのにはわけがあるのではないかと。
    一つの指輪が滅びの亀裂でしか葬れないように、力の指輪を破壊するには単純な高熱だけではなく、古い霊的または呪力的な力と恐るべき高熱があいまって初めて適えられるものではないかと思ったわけです。
    単純な火力ではスマウグの炎の恐ろしさは間違いありませんが、スマウグの呪いの力はトゥーリン達ですら自由に操ったグラウルングとは比べ物にならないですからね。
    そういう『古い力』はアマンまたは上古からの者達しか持ち合わせてはいないのでしょう。勿論、スマウグは第三紀最強の存在の一つではありますが、わざわざ『第三紀最大最強の』と付く時点でいかにスマウグであろうと第一紀や第二紀の龍達には抗すべくもないのでは。 -- 2021-08-23 (月) 23:27:03
  • 終わらざりし物語は矛盾もあるからなぁ -- 2021-08-24 (火) 07:21:04
    • それでも九つの指輪がナズグルではなくサウロンのもとにある、というのは納得できるかな。
      ナズグル達が指輪はめてたならブルイネンの浅瀬あたりで指輪も失われるわけだし。
      あとは人間の君主達を堕落させておきながら、彼らが不死かつ絶対の忠誠を誓う存在になったら改めて指輪を取り上げるというのがサウロン“らしい”のでw -- 2021-08-24 (火) 07:35:29
  • エレギオンとの交易や七つの指輪により第二紀のドワーフ達は富み栄えたろうけど、それでも第二紀の中つ国の富の大半はヌメノールが握っていたはずなので、第二紀は龍達からしたら忌々しかった時代なのかも。
    (ヌメノール本国まで飛んではいけないし、下手したら返り討ちに合いそうだし) -- 2021-08-24 (火) 07:40:59
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: