このページはエオルの家の子より転送されました。日本語表記規則についてはこちらを参照してください。

ロヒアリム

概要

カテゴリー種族
スペルRohirrim
異訳ロヒリム
その他の呼び名エオルの家の子(Eorlingas)*1
騎士国(リダーマーク)人(Men of Riddermark)
エオセオド(Éothéod)
北方の騎馬族(Horsemen of the North)
馬乗り(びと)(Horse-men)*2
藁頭(Strawheads)
白肌(Whiteskins)*3

解説

シンダール語で「馬の(つかさ)(Horse-lords*4, Masters of Horses)」の意。ローハン人間を、ゴンドール人が呼んだ名*5。ロヒアリム自身は自らをエオルの(いえ)の子騎士国(リダーマーク)と呼んだ。

ロヴァニオン北国人を祖先とする民族で、元来はアンドゥインの谷間の上流域に住んでおり、エオセオドの名で知られた。第三紀2510年のケレブラントの野の戦いで青年王エオルに率いられてゴンドールを救出したことの謝礼としてカレナルゾンの地を割譲され、同地に移住してローハンを建国した。

色白で金髪、背が高い*6。幼い頃からに親しんで生活するため、高い騎乗の技能を持つことで知られる。
言語は先祖伝来のローハン語を話し、人名や地名などの固有名詞はローハン語で名付け、文字も先祖伝来のキアスを使用した。支配者層は西方諸国の共通語である西方語も解し、ゴンドール人に倣った古雅な言葉使いで話した。

「かれらは誇り高く意地っ張りだが、心中は誠実で、思うことも行うことも高潔だ。大胆ではあるが残忍ではない。賢明ではあるが学問はない。本を書くことはせぬが、暗黒時代以前の人間の子らの流儀に従って、たくさんの歌を作って歌う。」*7

ロヒアリムの一覧

ロヒアリム歴代の王についてはローハンの項目も参照。彼らの名前には古英語が用いられている。

スペル名前人物説明
Aldorアルドール長命王。第3代国王
Baldorバルドールブレゴの長男
Bregoブレゴ第2代国王
Bryttaブリッタレーオヴァ。第11代国王
Ceorlケオル兵士
Déorデーオル(デオル)第7代国王
Déorwineデオルヴィネ王の騎士の隊長
Dernhelmデルンヘルムエオウィンが使った偽名
Dúnhereドゥンヘーレ(ドゥーンヘレ)馬鍬谷の領主
Elfhildエルフヒルドセオデンの妻
Elfhelmエルフヘルム軍団長
Elfwineエルフウィネ金髪王。第19代国王
Eoforエオフォールブレゴの三男
Éomerエオメルエアディグ。軍団長。第18代国王
Éomundエオムンド軍団長。エオメルとエオウィンの父
Eorlエオル青年王。初代国王
Éothainエオサイン兵士
Éowynエオウィン盾の腕の姫
Erkenbrandエルケンブランド西谷の領主
Fastredファストレドフォルクウィネの息子
Fastredファストレドムンドブルグの塚山の歌での言及のみ
Fengelフェンゲル第15代国王
Folcaフォルカ第13代国王
Folcredフォルクレドフォルクウィネの息子
Folcwineフォルクウィネ(フォルクヴィネ)第14代国王
Fréaフレア第4代国王
Fréaláfフレアラフ(フレアラーフ)第10代国王
Fréawineフレーアウィネ(フレアヴィネ)第5代国王
Frecaフレカ西境の有力者
Gálmódガルモドグリマの父
Gamlingギャムリングヘルムの堤防の守備隊長
Gárulfガルルフ兵士
Gléowineグレオヴィネ吟遊詩人
Goldwineゴールドヴィネ第6代国王
Gramグラム第8代国王
Grímaグリマ(グリーマ)蛇の舌。セオデンの相談役
Grimboldグリムボルド(グリンボルド)西谷の騎士
Guthláfグスラフ王の旗手
Halethハレスヘルムの息子
Hámaハマ近衛隊長
Hámaハマヘルムの息子
Hardingハルディングムンドブルグの塚山の歌での言及のみ
Helmヘルム槌手王。第9代国王
Herefaraヘレファラムンドブルグの塚山の歌での言及のみ
Herubrandヘルブランドムンドブルグの塚山の歌での言及のみ
Hildヒルドヘルムの姉妹
Hornホルンムンドブルグの塚山の歌での言及のみ
Théodenセオデンエドニュー。第17代国王
Théodredセオドレド軍団長。セオデンの息子
Théodwynセオドウィンエオメルとエオウィンの母
Thengelセンゲル第16代国王
Waldaワルダ(ヴァルダ)第12代国王
Wídfaraウィドファラ兵士
Wulfウルフフレカの息子。王位僭称者
以下はエオセオド時代の人物
Forthwiniフォルスウィニマルフウィニの息子。ゴート語の名前
Framフラムスカサを退治した人物
Frumgarフルムガールフラムの父
Léodレオドエオルの父
Marhwiniマルフウィニ北国人マルハリの息子。ゴート語の名前

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • エオメルとロシーリエルの結婚により、エオル王家にドゥーネダイン&エルフの血が流れることとなった。 -- ホビット 2008-12-28 (日) 17:58:35
  • ロシーリエルはドゥネダインの血は引いているかも知れませんがかなり薄いような…ドル=アムロスの家系の話をするならば、そもそもモルウェンがいるじゃないですか。 -- 2009-11-30 (月) 02:19:52
  • ヌーメノール人の元となったベオル・ハドル・ハレスの民とは同族らしいが根性が悪い。 先住民の褐色人と対立して土地を奪ったり、ドルーエダインに至っては人間とみなさずにスポーツハンティングにターゲットにして殺しまくる。 たまたま、ゴンドール側についた事と金髪だったため悪くは言われないが本質的に東夷共と変わらない気も。 -- ももたる 2010-12-21 (火) 20:25:21
    • 中世(以前)のゲルマン人がモデルと思われるので、基本は蛮人。勇敢なことだけが美徳。 -- 2010-12-25 (土) 18:22:08
    • 初めのころはゴンドールとも衝突をしたこともあるし。 後にゴンドールと同盟を結んだから結構、世渡り上手な連中だよな。 -- ピーチ番頭 2011-02-05 (土) 09:21:49
    • もともと、騎馬民族は略奪、殺戮を旨とする連中だからね。  -- 2012-04-12 (木) 18:22:09
    • こんな蛮族に国の一部を割譲して大丈夫だろうか? おまけに通り道に当たるカレナルゾンを。 指輪物語の時代までは良好な関係を築けたがそれ以降の時代、連中が謀反を起こしたらゴンドールは分断される可能性も -- 2012-04-15 (日) 21:47:43
      • 始めから、変節漢揃いの連中だったら大事な国土を分け与えたりはしないっての。 確かにドゥネダインと比較すれば文化的水準は低いかもしれないが蛮族だの東夷だの根性悪いだの言われたら敵わないって。 どんな過酷な状況に何度も陥っても同盟者を裏切ったりはしなかったじゃない。 そのような誠実な連中だったからこそ信用できると見たんだよ。 -- 2012-04-16 (月) 21:26:59
      • カレナルゾンは確かにエリアドールへ至る要所にあるね。 彼らがサウロンに寝返ったらゴンドール含む西方諸国は終わったかも。 しかし、彼らはどんな不利な状況に陥っても忠節を尽くす謹厳実直さ。 それ故、敵さんは馬を盗んだり、馬を売っているとのデマをばら撒くしかなかっんだろうよ。 -- 2012-04-19 (木) 21:50:59
      • HoME読むと分かるけど、実はローハンは当初、東夷やハラドと同じくサウロンに隷従しているって設定だったんだよね。馬も実際に貢いでたりする。その後教授が大幅に書き換えた際、モルドールに馬を売ってるなんて一文や、ロヒリムの野蛮で残酷な描写が残っちゃったのかもしれない。 -- 2012-04-19 (木) 23:21:48
      • "The Letters of J.R.R. Tolkien"で、エオルの誓いが破られるようなことは決してないだろうし、ミナス・ティリスの宮廷とはこの先ずっとよい関係が続いていくだろうと教授が書いてますから、ローハンと統一王国が相争うってことはないんじゃないかと。 -- 2012-05-26 (土) 00:04:02
      • そもそも騎馬民族ではない -- 2013-08-19 (月) 08:44:52
      • ローハンがゴンドールを裏切る事で得るメリットが少なすぎるからね。それよりはゴンドールにはモルドールや東夷への盾であり続けてもらい、自分達は国土を褐色人相手とかで広げていくのがSLGでも似たような国では常套手段。そもそも国土を広げたいのならエネドワイスやら、手つかずの地はいっぱいあるしわざわざゴンドールと敵対する必要はないでしょ。どちらかというとゴンドール側がカレナルゾンを再び直轄地にしたがり対立する方が可能性高い。 -- 2021-02-16 (火) 07:57:40
    • ヌーメノールも先住民と対立して土地を奪ってるからそのあたりはどっちもどっち -- 2012-10-24 (水) 22:27:47
  • 良くも悪くも人間だと思った人種 -- 2014-04-15 (火) 21:45:31
  • ロヒアリムはゴンドール人から文字を学んだ、とはどこにある記述でしょうか?あと、ローハン語は第三紀末でもロヒアリムの母語だったと思うのですが。 -- 2016-03-22 (火) 23:14:17
  • ローハン人の語句でよく使われる「エオ」と「セオ」はどのような意味があるのでしょうか? -- 2018-09-07 (金) 00:41:13
    • eoは軍馬の意味、theodは民の意味です。 -- 2018-09-07 (金) 18:27:39
      • ありがとうございます。エオウィンもエオメルも馬を意味する名前なんですね。となるとセオデンやセオドレドは民の、あるいは~の人のような意味なのでしょうか?日本語で言えば「~男」君という感覚だとイメージしていますが -- 2018-09-08 (土) 23:41:28
      • セオデンは民の長で「族長」という意味、セオドレドは民+助言という意味ですね。ロヒアリムの名前についてはこちらのサイトが参考になりおすすめです。http://www5e.biglobe.ne.jp/~midearth/languages/rohan/index.htm -- 2018-09-09 (日) 21:22:19
      • ありがとうございます。自分のイメージとはまったく違いましたが、どういう意味かを創造する -- 2018-09-10 (月) 01:19:35
  • ロヒアリム騎兵のほとんどは槍装備だけど、たまーに混ざってる白ヒゲに鎖頭巾(コイフ)、手斧装備の老戦士が十字軍崩れの騎士みたいでなぜか知らんがたまらなく好き。 -- 2018-09-11 (火) 07:11:00
    • めっちゃ分かる。 -- 2019-12-03 (火) 16:10:31
  • ポリコレ補正掛けたらアジア系枠になる -- 2020-05-22 (金) 23:01:15
  • オンラインでは原作に登場する名有りの脇役たちが血縁だったり近しい間柄にあったりしてかなり複雑な関係になってる -- 2021-02-07 (日) 22:55:17
    • ファストレドがセオデンの大甥でエルフヘルムの娘婿でデオルヴィネの従兄弟。ヘレファラとヘルブランドが親子だったり、ホルンの妹がセオドレドの婚約者だったり -- 2021-02-07 (日) 23:01:18
  • 今話題の競走馬擬人化ゲームアプリについてロヒアリムのコメントが聞いてみたい。 -- 2021-08-28 (土) 18:46:35
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: