このページはマリノルネより転送されました。日本語表記規則についてはこちらを参照してください。

マルローン

概要

カテゴリー植物
スペルmallorn*1
その他の呼び名マリノルネ(malinornë)*2、金色の木(Golden Tree)

解説

シンダール語で「金の木」の意。クウェンヤでの名はマリノルネ。第三紀中つ国ではロスローリエンにのみ生えていた樹木。この木々のために、ロスローリエンは「黄金の森」やそれに類する名で呼ばれた。
一つの幹から枝がほとんどまっすぐに伸びた後に反り上がり、樹冠付近で王冠状に枝分かれする。ガラズリムフレトはその間に設けられる。

「あの土地の木々に似た木はどこにもない。秋になっても葉は落ちないで金色に変わります。春が来て、新緑が萌え出して、はじめて金色の葉が落ち、枝々には黄色い花がたわわに咲いて、森の床は一面に金色、屋根も金色、そしてその柱は銀色になるのですよ。木々の樹皮がすべすべとなめらかで灰色に光っているんですから。」*3

銀色の堅い殻におおわれた小さな種子をつけ、ガラドリエルからサムワイズ・ギャムジーに贈られた小箱の中には、このマルローン樹の種子が彼女の庭の土と共に入れられていた。この贈り物サルマンとその配下のごろつきによって傷つけられたホビット庄を修復するのに大きな力を発揮し、種子は切り倒された誕生祝いの原の木の代わりに植えられ、遠方から人々が見物に来るほど見事な樹に育った。ホビット庄のマルローン樹は、大海より東、霧ふり山脈より西にある唯一のマルローン樹となった。

終わらざりし物語』での記述

一説によると、元々マルローン樹はトル・エレッセアに生育していたもので、そこからエルフによってヌーメノール西部のニーシマルダールにもたらされた。さらにその種子をタル=アルダリオンギル=ガラドに贈り、ギル=ガラドはその一部を縁者のガラドリエルに与えた。マルローンはギル=ガラドのリンドンでは根付かなかったが、ガラドリエルのロスローリエンでは彼女の力によって成長し、生い茂った。だがロスローリエンでもニーシマルダールのものほどの大きさには育たなかった。
しかしクリストファー・トールキンはローリエンはガラドリエルが統治する以前から「黄金の森」を意味する名で呼ばれており、『指輪物語』劇中での記述からもマルローン樹はもともとローリエンに自生していたと考えるのが自然であり、ガラドリエルがもたらしたというこの説は考えづらいと述べている。

また、第一紀ゴンドリンにも生えていたとの記述がある。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • マルローン樹のモデルはブナの木かもしれない。 ヨーロッパのブナ林は下草があまりないから、林立するブナの樹幹が柱の如く見渡せるほど。 特に秋になると記述どおりに光景が。 こないだ新潟の美人林を散策したから間違いない。 -- カンナ 2010-11-08 (月) 16:55:24
  • ロスローリエンではマルローン樹のみの林だったから、紅葉のブナ林の如き、壮観な景観を見せていただろうが、ヌーメノールでは他にもアマンにしかない木がたくさん生えていたから、マルローン樹自体は立派でもそんなに目立つものでもなかったかも。 -- 斉藤チロン 2010-11-15 (月) 15:49:58
    • マダガスカルの壮大なバオバブも周りに他の樹木が生い茂っていた頃は確かに目立つものではなかったような。 -- ももたる 2010-12-16 (木) 08:22:09
  • マルローンの枝はバオバブのように水平には伸びない。 -- 2017-09-22 (金) 00:20:53
  • 引用ですが、終わらざりしからの引用部は解説的でその内容も記事に記されていることと重複していますから、それよりは本編からの素描的なマルローン樹の言及を引用したほうが印象をより伝えるものと思います。 -- 2019-06-07 (金) 21:50:49
    • レゴラスの言葉の引用を戻しました -- 2019-06-08 (土) 21:39:35
  • 自分のマルローン樹のイメージはシイの樹かな。春先に咲くシイの花は樹全体をクリーム色に染め上げて、離れて山肌を見るとまるで黄金樹の森のようだよ。 -- 2019-09-29 (日) 21:34:26
  • この木なんの木 気になる木になる -- 2019-09-30 (月) 10:19:05
  • 千本マルローン~、夜に紛れ~♪ -- undefined 2020-04-21 (火) 01:04:00
  • 終わらざりし物語からの引用は、いらないと思います。そこに書かれてる内容は、もう記事に書かれてる。 -- 2020-05-29 (金) 18:26:30
    • いらないと思った部分は読み飛ばしてください -- 2020-05-29 (金) 21:14:33
    • ↑そうゆう問題じゃないでしょう -- 2020-05-29 (金) 22:50:44
      • 何々ついて載せたいvs削りたいの対立は水掛け論となって解決をみないことが多いので、「自分にとって必要と思えない情報は読み飛ばす&削らない」でそういった対立を回避するのです -- 2020-05-29 (金) 23:08:28
      • そんなことしたら記事がだらだらする一方でしょ -- 2020-05-30 (土) 00:50:24
    • よこからすみません。確かにおっしゃるとおり、きれいなコードを書いたり、法律体系を構築したり、論文のリファレンスを取るとき、「もう書かれている」ことを繰り返すのは冗長かもしれませんが、このようなサイトでは、あちこちに同じ内容が書かれていても別に問題は無いと考えますがいかがでしょう。 -- 2020-05-30 (土) 21:26:53
      • 別の記事ならわかりますけど、同じ記事内ではちょっと・・・ -- 2020-05-30 (土) 22:02:54
      • 引用は目立つため、不必要に多かったり長かったりすると見苦しくなるという問題もあります。 -- 2020-05-31 (日) 23:13:06
    • 「終らざりし物語」を持っていない方々に、「本編」の記述との比較参照をゆるさない、2020-05-29 (金) 18:26:30、2020-05-29 (金) 22:50:44、2020-05-30 (土) 00:50:24、2020-05-30 (土) 22:02:54、他には、(論理的説得の意志が見られず)賛成できません。(ゴメンネ) -- 2020-08-05 (水) 23:29:09
      • 比較は個々人でやればいい。持ってない人をターゲットにするのは本文を読まずwikiだけで知った気になる人を量産するので悪手。記事に載せるからにはある程度の公共性が必要。あなたの自己満足という以外に載せる理由が見当たらない。 -- 2020-08-06 (木) 00:41:01
      • 比較するならば原文を投げっぱなしではなくせめて比較と明示して内容を論じないと意味がありませんし、それをするにしても根本問題その行為は事典形態にそぐうのか、という点に議論の余地が十二分にあるでしょうね -- 2020-08-06 (木) 07:22:41
      • 丁寧なご返信頂きありがとうございます。「本文を読まずwikiだけで知った気になる人を量産するので悪手」 !!古狸の読み手のひとりとして、心底同感致します。でも、「そじゃないひとがいてもいいじゃん」ともおもいます。何でもありでいろいろのせてゆるくいければとも考えます。あと、私( 2020-08-05 (水) 23:29:09含む)はマスターではありませんので自己満足には当たりません。では、また。良い夢を。 -- 2020-08-06 (木) 21:21:21
      • こういうしゃべり方ってどっかで流行ったの?もしアニメやネットネタとかだったらあんま持ち込まないでほしいな…。元ネタ分からんし。 -- 2021-03-08 (月) 13:17:05
  • mallornのカナ表記について、ファンゴルンFangorn(木の鬚及びエント森)やトル・エレッセアの白の木ケレボルンCeleborn(銀の木)、ルーシエンが幽閉されたドリアスの橅の木ヒーリロルンHírilorn(姫の木)と由来が同じシンダール語orn(木) で、いずれもrnのrをルと読んで表記しているので、これもマルロルンとなりませんか? -- 2020-10-23 (金) 13:54:30
    • おっしゃる通りだと思います。「マルローン」表記の理由はわからないですが。ちなみに電子書籍版ではエルフ語のカナ表記が見直され「マッロルン」になったようです。 -- 2021-03-08 (月) 12:03:50
      • マッロルンはやだなあ。
        マルロルンならまだしも。 -- 2021-03-08 (月) 12:34:18
    • まあ日本語訳の原文表記には従うしかないよね。新訳が出たらもしかしたらこっそり変わるかもしれないが。 -- 2021-03-08 (月) 13:18:51
  • パイプ草の草に加工したら旨そうだな😋😋 -- 2021-05-20 (木) 00:33:47
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: