このページはエアハミオンより転送されました。日本語表記規則についてはこちらを参照してください。

ベレン

概要

カテゴリー人名
スペルBeren
その他の呼び名片手のベレン、隻手のベレン(Beren One-hand)
ベレン・エアハミオン(Beren Erchamion)*1
カムロスト(Camlost)*2
種族人間エダイン
性別
生没年(1)第一紀(432)~†(466)(享年34)
生没年(2)第一紀(469)~(503)(享年34)
バラヒア(父)、エメルディア(母)
兄弟なし
配偶者ルーシエン
ディオル(息子)

解説

ベレン・エアハミオン、すなわち隻手のベレンとして知られる人間エダイン)の英雄。
エルフの乙女ルーシエンと結ばれ、彼女とともにモルゴス鉄の王冠からシルマリルの一つを取り戻した。その功業と運命はレイシアンという歌に歌われている。

「たとえばベレンですけど、ベレンは自分がサンゴロドリム鉄の王冠からあのシルマリルを取ることになろうとは、夢にも考えたことがありませんだ。それでも取ったんですから。それにそこはおらたちのいるところよりももっと悪い場所だし、危険ももっと多かったわけですだ。けど、これはもちろん長い話で、めでたしめでたしだけで終わらないで、そのあと不幸なことになり、そしてそれも越えちまうわけですだ――」*3

エルロンドの母方の曽祖父であり、アラゴルンの遠い祖先にもあたる。
ベレンとルーシエン』などによるとダグモールという剣を使っていたとされる。

前半生

ベオル家の最後の族長バラヒアと妻エメルディアの息子としてドルソニオンに生まれる。

ダゴール・ブラゴルラハベレリアンド北方がモルゴスの手に落ちた後、バラヒアは僅か12人の仲間とドルソニオンに踏みとどまって抵抗を続けた。ベレンはその12人の無宿者たちの一人であった。
タルン・アイルインにあった彼らの隠れ処がサウロン配下のオークの奇襲を受けた時、バラヒア達は全員殺されたが、ベレンは偵察に出ていたため難を逃れた。夢の中で裏切り者ゴルリムの亡霊から危機を知らされたベレンは急ぎ隠れ処に戻り、父バラヒアを埋葬すると、単身敵の後を追って、リヴィルの泉でオークの隊長を殺し、バラヒアの指輪を奪回した。
以後、ベレンは4年の間ただ一人戦い続け、その勲はベレリアンド中に広まった。この放浪時にベレンは鳥獣を友とし彼等に助けられたため、以後肉食をせず、モルゴスに仕えるものを除いていかなる殺生もしなくなったという。

しかしとうとうサウロンの追跡を受けたベレンはドルソニオンから脱出せざるを得なくなり、そこで人間が誰一人足を踏み入れたことがないドリアスに行ってみることを思いつく。
彼は恐怖の地ナン・ドゥンゴルセブを縦断し、その地に巣食う蜘蛛をはじめとした怪物と戦い抜いた。この凄絶を極めた旅は彼の功業の中でも特筆すべきものの一つだったが、その時の恐怖があまりにも大きなものであったため、自らは決して語ろうとはせず、その足取りは謎に包まれている。
ついに恐怖と死を潜り抜けたベレンは、かつてメリアンが予言した如く、大いなる運命に導かれて魔法帯の惑わしと迷路を突破し、ドリアスへたどり着いた。

「レイシアンの歌」に歌われているところでは、ベレンは、辛い歳月を重ねた人のように、髪には霜を置き、背も屈みがちに、よろめくようにドリアスに入ってきたと言われていている。かれの旅の苦しみは、それほどまでに大きかったのである。*4

ルーシエンとの出会い

きびしい山から、ベレンはおりて、道ふみ迷い、さまよう森辺、
エルフの川のとどろくあたり、ひとり嘆いて、たずねていけば、
ヘムロックの葉蔭にかいま見た、黄金の花々を裳と袖にさし、
髪を影のようになびかせて、おどる美しい乙女の姿。*5

夏の夕のネルドレスの森に迷い込んだベレンは、そこでひとり躍るルーシエンに生き逢う。
その美しさにたちまち魅せられたベレンだが、彼は口をきくことも動くこともできず、ルーシエンは視界から消え去り、ベレンは秋が去り冬が過ぎても狂おしく彼女の姿を追い求め続けた。そして春になり、歌い出したルーシエンの声に呪縛を解かれたベレンはついに彼女をティヌーヴィエルと呼び、その呼び声に立ち止まったルーシエンの許に走り寄る。
こうして二人は愛し合うようになり、再び夏になったネルドレスの森を二人は逍遥して過ごした。この時の二人ほど大きな喜びを味わった者は現在に至るまで他にいないと言われている。

だが二人の仲は伶人ダイロンを通じてたちまちルーシエンの父シンゴルの知るところとなり、人間を蔑視していたシンゴルはこれに大いに怒る。
シンゴルはルーシエンの愛に折れ、一度はベレンを殺すことも投獄することもしないと誓ったが、ベレンに対してはルーシエンと結ばれたくばシルマリルの一つをモルゴスから奪ってくるようにと難題を課した。
人々はシンゴルが誓いを違えることなくベレンを葬り去ろうとしていることに気づいたが、ベレンは笑ってこの難題を引き受けた。

シルマリル探求

「岩も鋼も、モルゴスの火も、エルフ諸王国の勢威を一つになしても、わたくしの望みとするこの宝物をわたくしから隔てることはできませぬ。王の娘御ルーシエン殿こそ、この世のすべての子らのうち最も美しい方であられます故」*6

ドリアスを後にしたベレンはナルゴスロンドに向かい、バラヒアの指輪を恃みにフィンロドから助力を引き出すことになる。
フィンロドはかつてバラヒアに立てた誓いに従ってベレンを助けようとしたが、そこにいたケレゴルムクルフィンフェアノールの誓言に突き動かされてそれを妨害。そのためナルゴスロンドの臣民はフィンロドに背き、フィンロドは王位を捨ててわずか10人の従者を伴ってベレンの探索行に同道することになった。
一行はシリオンの山道から北に向かおうとしてサウロンに察知され、トル=イン=ガウアホスの土牢に幽閉される。サウロンは一行の正体と目的を聞き出すため、一人ずつ巨狼に喰わせていった。ベレンの番が来た時、フィンロドは彼を庇って巨狼と相打ちになり命を落とした。

絶望の淵にいたベレンを救い出したのはルーシエンであった。
ベレンの危機を感じ取ったルーシエンはドリアスを抜け出して後を追い、ケレゴルムとクルフィンの奸計も逃れると猟犬フアンの助力を得てガウアホスの島まで到達。そこで歌うルーシエンの声を聞いたベレンはヴァラキアカを題材にした自作の挑戦歌を歌って応え、ベレンが囚われていることを知ったルーシエンはフアンと共に巨狼たちを倒し、ついにはサウロンをも打ち負かして退散させる。
破れた土牢の中でベレンとルーシエンは再会し、二人は自由の身となった。

ブレシルの森では再三ケレゴルムクルフィンの襲撃に遭うも、ベレンの膂力とフアンの働きによってこれを退け、ベレンはクルフィンから短剣アングリストを取り上げる。この時、ベレンはクルフィンの放った矢からルーシエンを庇って傷ついたものの、フアンが採ってきた薬草とルーシエンの愛によって癒やされた。
そこでベレンはルーシエンを探索行に同道させるわけにはいかないと考え、一人アンファウグリスまでやってきて別離の歌を歌う。だが後を追ってきたルーシエンがそれに応え、フアンの助言によってもはや二人の宿命は一つに織り成されていることを悟ったベレンは、共に難題に臨むことを決心する。

ドラウグルインスリングウェシルの皮衣を被って変装した二人は、ついにアングバンドにたどり着き、門番カルハロスもルーシエンの力によって眠らせると、地の底にあるモルゴスの玉座までたどり着いた。そこでルーシエンは魔力を尽くしてモルゴスとその廷臣たちを眠らせ、その隙にベレンはアングリストを使って鉄の冠からシルマリルの一つをこじり取った。
そこでベレンはシルマリルの全てを取り戻そうと考えたものの、それはシルマリルの運命ではなく、アングリストの刃は折れて破片がモルゴスの頬に突き刺さった。恐怖に駆られて逃げた二人を門前で待ち受けていたのは、目を覚ましたカルハロスであった。ベレンは聖なる光が怪物を怯ませることを期待して取り戻したシルマリルを突き出したものの、カルハロスは貪欲さに駆られてベレンの右手ごとシルマリルを噛み切って飲み込み、その光に焼かれて狂乱して走り去った。

二人は大鷲ソロンドールに救われてアングバンドから逃がれ、ドリアスの国境に帰り着いたが、ベレンはカルハロスの毒牙にやられて生死の境をさまよっていた。ルーシエンの懸命の治療によってベレンは再び目を覚まし、二人はかつてのように春の森を逍遥した。以来、ベレンはエアハミオン「隻手」の名で知られるようになった。
シンゴルは難題の成就をベレンに問い質したが、ベレンは失った右手を掲げて「空手」を意味するカムロストを名乗り、これにシンゴルの心は和らげられた。かくして難題の成就はなり、シンゴルは二人の仲を認めてその御前でベレンとルーシエンは婚約を果たした。

死と生還

しかし、シルマリルを飲み込んで狂乱したカルハロス魔法帯を突破してドリアスに攻め入っており、シンゴルは狼狩りを決行。それに同行したベレンは、カルハロスの襲撃からシンゴルを庇って致命傷を負った。
カルハロスはフアンと相打ちになって斃され、マブルングがカルハロスの腹を裂くとほとんど焼き尽くされた腸の中に無傷のベレンの右手に包まれたシルマリルが発見された。マブルングが取ろうとすると、もはやベレンの手は消失し、シルマリルだけが取り出された。瀕死のベレンはシルマリルをシンゴルに捧げ、ここに真の難題の成就がなされた。
ベレンはルーシエンにかき抱かれ、口づけされて息絶えた。だがその時、ルーシエンは大海のかなたで自分を待っているよう、ベレンに告げていた。

ベレンの霊魂は外なる海の岸辺に留まり、ルーシエンの霊魂はマンドスの館までやってきて、子らの悲嘆を歌にして歌ってマンドスの心を動かした。それゆえ、二人はついにこの世の涯なる岸辺で再び相会った。
マンドスはマンウェに相談し、マンウェは心の裡にイルーヴァタールの啓示を求めた。その結果、ルーシエンはエルフの運命である不死の命を捨て、ベレンと同じ死すべき運命に組み込まれることとなり、二人は束の間中つ国に蘇って夫婦として時を過ごすことになった。

ベレンとルーシエンはシンゴルに暇を告げると、トル・ガレンに去り、それゆえその地は「生ける死者の国」を意味するドル・フィアン=イ=グイナールと呼ばれるようになった。
この地で二人の間には息子のディオルが生まれた。また、シンゴルが殺されてシルマリルがノグロドドワーフに略奪された時、ベレンは緑のエルフ達を率いてこれを破り、シルマリルを取り戻してルーシエンの許にもたらした。シルマリルとルーシエンの力により、かの地は束の間ヴァリノールと見紛うほど美しい地になったという。

やがてシンゴルの世継となったディオルの許に使者が来て、シルマリルをもたらした。そこでディオルは父と母が今度こそ本当に死んで、人間の宿命である世界の圏外に去ったことを悟った。
帰ってきたベレンと再び言葉を交わした人間はおらず、ベレンとルーシエンがこの世を去るのを見た者もなく、ついに二人が身を横たえた場所に墓標を立てた者もいなかったという。

運命のみちびく道は、長かった。
冷たい灰色の石の山を越え、
鉄の広間を通り、お暗い戸口をくぐり、
朝の来ない夜の森をぬけ、
別れの海にへだてられたが、
二人はついに、ふたたび出会った。
して、遠いそのかみ、二人はともに、
歌いながら、嘆きも知らず森へ去って行った。*7

トールキン夫妻との関係

ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキンは、自分の妻エディスルーシエンに見立てており、ベレンとルーシエンの物語は二人が経験した苦難に基づいている。
トールキンはエディスが死ぬと、その墓にルーシエンの名を刻ませた。その後、彼自身が死去したとき、トールキンの墓にはベレンの名が刻まれた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 物語の中では「ベレンとルーシエンの死を見届けたものも、彼らの亡骸の場所に墓標を建てた者もいなかった」とありますが、現実世界で教授と奥さんの墓に名が刻まれたことで、ようやく彼ら二人の墓標が出来たということなんでしょうかね -- 2015-03-26 (木) 18:06:37
    • 演出としてはとても切ないですが、教授夫妻も物語のひとつになっていくのを感じます。 -- 2016-02-20 (土) 01:44:43
  • 今度出される新作だと初期構想ではベレンもエルフだったみたいですねー。彼が古代エルフの力持ってたら強すぎるような気が…。 -- 2016-10-22 (土) 17:42:56
    • 人間のベレンも十分強いよ。クルフィンやケレゴルム相手に大立ち回り演じてるんだから。あの兄弟悪辣だけど間違いなく上のエルフだよ? -- 2017-04-13 (木) 20:30:24
  • ドルソニオン時代はともかく、その後のベレンはルーシアン、フアン、フィンロドなどに助けられすぎ。シルマリル奪還は90%くらいルーシアンのお陰だし。 -- 2019-10-15 (火) 20:03:46
    • そんなこと言ったら、「フロドは結局は自分の意思では指輪を捨てれなかった雑魚」みたいな話になるやんけ。指輪物語を通して語られるのは「1人が持つ圧倒的な力」より「周りへの慈しみや素朴な逞しさを持つ一途な願い」の方が結局は強く、勝利するというものじゃないか。ベレンが例えその身に100倍の強さを与えられようと、ベレンが持つルシアンや生あるもの達への愛情が薄れ、傲慢な誇りが取って代わったのなら、アングバンドにたどり着くことすらできなかったのでは。 -- 2019-10-15 (火) 20:47:23
  • なろうじゃん とか言われそう -- 2019-10-15 (火) 23:58:55
    • 放浪時代が過酷だったからまぁ...後半からの優遇されっぷりは中つ国史上でもまず無いレベルだけど。少しはトゥーリンに分けてはやれんかったんかと -- 2020-01-10 (金) 12:54:38
      • でも片手普通に食われるしな。友となった動物の感謝のために肉も絶つし。父も息子も非業の死を遂げるし。トータルで見たらいくら優遇されてもそんな「幸運」と感じないんだよな、ベレンは。ましてや「なろう」ではなぁ...。 -- 2020-01-10 (金) 19:02:51
      • ベレンは主人公補正のかかり方が半端ないが、アレくらいでないとモルゴスに一泡吹かせるのは無理だろう。苦労人でもあるし許容できると思う。トゥーリンに関しては・・グアサングとの相思相愛を全うして欲しいとしか言えない・ -- undefined 2020-01-11 (土) 20:28:18
      • →相思相愛を全うして欲しい   なお、冷たい声の模様。「然り、喜んで汝の血を呑もうぞ。わが主人ベレグの血と、不当に弑せられたブランディアの血を忘れるためだ。いかにも汝の命を速やかに奪ってやろう」 -- 2020-01-11 (土) 20:40:56
      • そういう理屈抜きに某ちゃんねるでは少しでもかすってたら「なろうじゃん」と言われる -- undefined 2020-01-12 (日) 12:23:46
  • そのあたりはまあ、天下のグアサング様ですから。トゥーリンの死と同時にばらばらにへし折れ、ダゴールダゴラスでトゥーリンと一緒に復活して戦うそうですから、ルーシエンと比較するにそん色ないのではないかと。 -- undefined 2020-01-11 (土) 20:53:31
    • →ダゴールダゴラスで共に戦う  なお、心を許したとは言ってない。彼(グアサング)にとって、トゥーリンは自らを振るうに足る、またとなき世界で唯一無二の比類なき振るい手ではあったのでしょう。ただ、彼の「主」ではなかったのだと俺は感じてます。 -- 2020-01-11 (土) 23:04:54
  • 運命に縛らる事はない筈の人間のベレンが なぜ運命に導かれてルーシエンと合うんだろ  タゴールダグラスにおいてマンダスの館から復活して舞い戻ったモルゴスを打ち倒すという予言と言い変な話しだわ  負の運命には縛られないみたいなもんか? -- 2020-06-19 (金) 13:03:35
    • 「他の者にとって運命も同然であるアイヌアの音楽を超えていくことができる」のであって、運命に縛られないわけではない -- 2020-06-19 (金) 17:36:38
      • はぇ〜今初めて正式な意味を知ったわ なんかトンチみたいね -- 2020-06-19 (金) 18:05:47
    • インドのノーベル賞詩人がジェット戦闘機でサルディニア島から飛び立ってトゥーリン助太刀にはせ参じる幻影を見ました。 -- 2020-08-07 (金) 23:58:29
  • ベレンとルーシエンで検索すると弓をもってる事が多いがが弓なんか使ってたっけ? -- 2020-06-19 (金) 20:47:05
  • 蘇った時に片手はどうなったんだろう -- 2020-06-27 (土) 15:57:44
    • 隻手という呼び名が後世まで残るくらいだから、生えてこなかったんでしょうねえ。ヴァラールも気が利かないとも思いますけど、ベレンの片手は中つ国で最も偉大な役割を果たした上で失われたものですから、ある意味中つ国の歴史とセット視されてそのままの形でアマンに返されたんでしょうね。もしベレンが「片手を戻すか」と万が一問いかけられたとしてもシンゴルの前で失われた右手を掲げたが如く、染み入るような笑顔で私には不要とやんわり断る気もします。以上、妄想っす。 -- 2020-06-27 (土) 16:34:04
    • フック船長やライダーマンのように、仲のよい腕利きの工人にルーシエンさんのアイディアも交えて役に立つ義手をいろいろ作ってもらい、とっかえひっかえしながら便利に楽しく暮らしたのかもしれません。 -- 2020-08-07 (金) 20:16:15
  • 邦訳出版決まったようで -- 2020-08-07 (金) 16:22:27
    • いつ、出版されるのでしょう? -- 斎藤チロン 2020-08-08 (土) 08:40:27
    • 出版情報どうもありがとうございました。嬉しいけれどもなんか怖いような・・でもしょうこりもなく買って、またしゃぶりつくすように読んでいるわたくしめやみなさんのすがたがみえます。 -- 2020-08-08 (土) 22:10:02
  • 生没年2に享年34とあるけどこういう場合の年齢の書き方はどうするのが良いのだろう。最初の人生のまま復活して赤ん坊から再スタートでないのなら68が正解な気もするけど -- 2020-08-09 (日) 09:31:12
    • ルーシエン共々魂が吹き込まれて復活と思いたい 赤ん坊から再スタートでなく -- 2020-08-10 (月) 03:14:28
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: