このページはバランドゥインより転送されました。日本語表記規則についてはこちらを参照してください。

ブランディワイン

概要

カテゴリー地名
スペルBrandywine
その他の呼び名バランドゥイン(Baranduin)

解説

シンダール語で「長い金茶色の川」(long gold-brown river)の意であるバランドゥイン川が、ホビットによって改名された名前。ホビット庄の東の境となっており(ただしバック郷はブランディワインの東岸にある)、東街道ブランディワイン橋でこの川を渡っている。またその南にはバックル村の渡しがある。
イヴンディム湖(ネヌイアル)から始まってエリアドールを南に流れ、サルンの浅瀬を過ぎたあたりで南西へ向きを変え、エリン・ヴォルンの西で大海へと注いでいる。

翻訳について

追補編』によると、この川の古いホビット名はシンダール語のバランドゥイン(Baranduin)に音を似せた、西方語のBranda-nînで、これは「境の川」(border-water)の意味であり、英語に訳せばMarchbournとなる。だがホビット達は川の色をもじって、当時は「頭へくるビール」(heady ale)の意味であるBralda-hîmと呼んでいた。こうした事情を汲んだ英語の意訳がブランディワイン(Brandywine)である。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • wineというのは、ローハン語の「友」とは関係がないようですね。ちなみに、ブランディワインという川は実在するらしいです。 -- 2011-05-26 (木) 17:35:42
  • 追補編にブランディワインの名の由来について詳細な説明が載っています。川の名前ひとつとってみても言語的考察が緻密なんですよね。 -- 2012-02-13 (月) 00:30:48
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: