このページはアモン・ランクより転送されました。日本語表記規則についてはこちらを参照してください。

ドル・グルドゥア

概要

カテゴリー地名
スペルDol Guldur
異訳ドル・グルデュア
その他の呼び名アモン・ランク(Amon Lanc)

解説

ただ遥か先の方で土地はふたたび高くなり、あたかも暗い荒涼とした長城が横わたっているかのように見えました。ロスロリアンを照らす太陽も、あの遥かな高い土地をおおう影をはらう力はありませんでした。
「あそこにあるのは南闇の森の要塞です。」と、ハルディアがいいました。「暗い(もみ)の林でおおわれていて、その木々が互いに張り合い、枝々はみな枯れ朽ちています。真ん中の高くなった岩の上にドル・グルドゥアがあります。われらの敵が長い間身を隠して住んでいたところです。」*1

シンダール語で「妖術の丘(Hill of Sorcery)」の意。闇の森の南西部の端の高地にある、頂上に木が生えていない丘。ロスローリエンからは、アンドゥインを挟んで東に見える。
かつては「はだか山(Naked Hill)」の意であるアモン・ランクと呼ばれた。

第二紀緑森大森林のエルフ王だったオロフェアの一党は、モルドールでのサウロンの勃興の噂を聞いて北へ移るまではこの丘の周辺に住まっていた。

第三紀1050頃から緑森大森林に影が広まり、1100年頃にはこの地が死人占い師サウロン)の要塞となっていることが判明する。
2060年にはドル・グルドゥアの力が強まり、サウロンの復活が疑われたため、2063年にガンダルフがドル・グルドゥアに潜入した。当時まだ力を取り戻していなかったサウロンは、自らの正体が露見するのを恐れて東に逃れ、以後警戒的平和が始まった。

2460年に力を増したサウロンがドル・グルドゥアに戻り、警戒的平和が終わった。
2510年のケレブラントの野の戦いカレナルゾンに侵入したバルホス族は、当時ドル・グルドゥアに支配されており、ロヴァニオン南東部を事実上占拠していた。
2845年、放浪していたスライン二世がこの地に捕らえられ、彼が持っていた七つの指輪の最後のひとつが取り上げられた。その後、2850年にガンダルフがドル・グルドゥアに再び潜入し、死人占い師の正体が間違いなくサウロンであることを突き止めるとともに、地下牢に放置されていたスラインからスロールの地図エレボールの鍵を受け取って脱出した。
五軍の合戦が行われた年である2941年にドル・グルドゥアは白の会議の攻撃を受け、サウロンはモルドールに撤退した。

2951年にドル・グルドゥアはサウロンが送り込んだ三人のナズグールによって再び占領された。以後ドル・グルドゥアはモルドールの前哨地として、ロスローリエン及び闇の森の王国を脅かした。
3019年(大いなる年)には、ドル・グルドゥアから出撃した軍勢がロスローリエンを三度攻撃したが、ロスローリエンの守りを破るには至らなかった。同時期に森の王国への攻撃も行われたが、撃退された(闇の森樹下の合戦)。
その後、一つの指輪の破壊とサウロンの力の消滅後、ドル・グルドゥアはケレボルンが指揮するロスローリエン軍の攻撃によって陥落した。さらにガラドリエルの手によって要塞は破壊され浄化された。

映画『ホビット』における設定

『決戦のゆくえ』エクステンデッド・エディションのメイキングによると、元来はヌーメノールの技術によって作られたことにされており、パランティーアの一つが置かれている(ガンダルフを抱えたガラドリエルナズグールに包囲される場面の、ガラドリエルの側にある彫像が持っている)。

『思いがけない冒険』では闇の森の異変を感じ取ったラダガストが、この廃墟に潜入。ネクロマンサー(死人占い師)を発見し、証拠としてモルグルの刃を持ち帰るシーンが描かれている。

『竜に奪われた王国』では、エレボールへの旅の途中で闇の森に入る直前、ガラドリエルの警告を受けて*2ガンダルフがエレボールへの道を逸れ、ラダガストと共に、ルダウアにある魔王ナズグールの塚が空になっているのを確認したあと、ラダガストにガラドリエルへの伝言を頼んでから、ドル・グルドゥアに潜入。アゾグや、死人占い師ことサウロンと対峙、その軍勢が集結していることも発見している。
さらにエクステンデッド・エディションではガンダルフは、行方不明になっていたスラインともドル・グルドゥア内で遭遇している。

『決戦のゆくえ』では、ラダガストの伝言を聞き、ガンダルフを救うためにやってきたガラドリエルの前に、九人のナズグールが現れている。ナズグールは、ガラドリエルを助けに来たエルロンドサルマンと戦い、最終的にはガラドリエルの力で撃退され、サウロンも東へ去った。

画像

『ホビット』におけるドル・グルドゥア

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『Siege of Mirkwood』における闇の森南部最大の敵拠点として登場。この中の最も高い塔であるバラド・グルドゥア(Barad Guldur)には、恐るべき獣に乗った、ナズグールのひとりであるLieutenant of Dol Guldur(ドル・グルドゥアの副官)がいる(権利上の問題により直接表記はされていないが、このナズグールはハムールであることが示唆されている)。
他にも、スライン二世が捕らえられていたという土牢(Dungeons of Dol Guldur)、ガンダルフが潜入に使ったという秘密の通路も再現されている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ここに照明弾を大量に撃ち込んだら効果はあるんでしょうか?それとも、只の光じゃなくて浄化作用か何かが必要なんでしょうか? -- 2015-02-13 (金) 10:45:05
    • 物理科学的な兵器では効かない気がしますね。エアレンディルの玻璃瓶を大量に打ち込めばあるいは・・w -- 2015-02-13 (金) 11:30:12
      • ガラ様「ヒャッハーッ!!汚物は照明だーっっ!!」 -- 2018-12-27 (木) 19:15:14
  • 映画『ホビット』でドル・グルドゥアの戦い見て何かデジャヴを感じると思ったら、あれだ。展開が水戸黄門 -- 2015-04-17 (金) 01:17:06
  • 白の会議と戦うシーンでの、ナズグルの暗黒語?はなんて言ってるか、どなたかわかりませんか? -- 2015-08-18 (火) 03:04:21
  • どんな構造なのか、作った本人も分からなそうw -- 2017-03-22 (水) 13:30:15
  • アルノールの飛び地の領地だったのなら、エルフが手出し出来なかったのも納得できるかな。管理が放棄されてゴミ屋敷状態の迷惑物件でも勝手に片付けられないという。 -- 2018-06-15 (金) 09:55:15
    • アルノールってエルフ達にとっちゃ実際かなり迷惑な国だよね。勝手に分裂して内戦始めるし、魔王引き込むし...。その上処理できない産廃まで押し付けられたんじゃなぁ。裂け谷で育ったアラゴルンもルダウアの遺跡とかには容赦なく辛辣だし、エルフ達の間でアルノールやその末裔国家達は触れたくない、でも援助するしかない愛憎半ばな親族みたいな立ち位置でもあったのかもね。 -- 2020-06-30 (火) 16:08:15
  • ロスロリエンの軍と戦ったときは誰が指揮してたんだろ -- 2018-09-02 (日) 07:57:39
  • 確かケレボルンだったと思います -- 西ローマ軍人 2020-04-26 (日) 20:09:51
    • 文脈的に、ドル・グルドゥアの軍を誰が指揮していたのか?という話じゃない?ナズグルはみな指輪狩りやゴンドール攻略戦に使ってたわけだし。でも闇の森とロスローリエンへの攻撃ってぶっちゃけ定見のない「とりあえず押し寄せた」感がなんとなくあるから、ドル・グルドゥアの軍はせいぜいオークか堕落させた人間程度にしか指揮させていないと思う。サウロンからしたらゴンドールさえ潰せばあとの勢力は個別撃破できる自信があっただろうし。 -- 2020-04-27 (月) 01:44:30
    • ゴスモグみたいなオークの副官がいたと推測。アゾグやボルグの血縁者が復讐に燃えて指揮していたとか -- 2020-04-27 (月) 13:37:05
  • 結局、ドル=グルドゥアの成り立ちってよくわからんのだよね。追補でも終わらざりしでも言及ないし。なんとなくは、映画通りヌメノールの城塞が堕落(おかしな使い方だが)したイメージではあるが。当初はエリアドールへのサウロンの再侵攻を防ぐために第二紀にアイゼンガルドと対になる形で築きあげられた要塞とかだったらいいのになァ。 -- 2020-06-16 (火) 23:14:58
    • ヌーメノールがあそこに城塞作る意味がない。ゴンドールがアイゼンガルドと対で築き上げたとしても、モルドールへの監視が疎かになるのは大悪疫後。それより遥か以前からサウロンはここで活動してる。その辺鑑みても、ドル・グルドゥアはサウロンが秘密裏に建造した拠点と考えたほうが自然。 -- 2020-07-04 (土) 18:52:21
      • 戦いじゃなくて探検や交易の拠点として最初の居留地を築いた可能性はあるんじゃ。で、芳しい成果も利益も無くて短期間で放棄されたと。それを上手く利用して拡張したとか -- 2020-11-15 (日) 00:21:15
      • ↑この考えでみるとカザド=ドゥム-くろがね連山間のドワーフ交易路とゴンドール-エリアドール間の交易路に絡みつつ、南北の連絡を維持する為に築かれた拠点と言い張ることが出来なくも無い位置にありますね。それでも場所がおかしいし、交易拠点として見るとカーロックの方が断然良いとは思いますが(ただしカーロックはゴンドールから遠すぎる) -- 2020-11-15 (日) 13:40:30
      • 続き)カーロックが良いと書いたものの、あの辺りに交易拠点築くとエリン・ガレン(闇の森)を南周りにロヴァニオン側を横断する交易路の入り口になりそうでもある… -- 2020-11-15 (日) 14:31:35
      • 第二紀の最初の頃はヌメノールも内陸の詳しい地理も分かって無かっただろうし、サウロンの領域がどの範囲まで及んでるかも分からなかっただろうから、良さげなポイントには仮の拠点を随時設置してその後で取捨選択していったんじゃないでしょうか。だから探せば他の場所にも遺跡がある可能性が -- 2020-11-15 (日) 21:01:51
      • ↑×4 元はオロフェアたちエルフの領域だったんだよ、ヌーメノールの領域じゃない -- 2020-11-15 (日) 22:49:33
      • ↑原作ではなくメイキングで明かにされた映画設定の考察では -- 2020-11-15 (日) 23:04:37
      • 正体も由来もよくわからん癖に名前は変にカッチョいいのがこの城塞の魅力だな。 -- 2021-02-03 (水) 08:02:12
    • そもそもアイゼンガルドって第三紀に建てられたものでは。 -- 2020-07-04 (土) 18:55:07
      • アイゼンガルドに関してはゴンドールに知識も技術力もある時代に築かれパランティーアが据え付けられたと考えると第二紀の建造でほぼ間違いない気がします。なんとなくドル=グルドゥアはオロフェアが簡単な城塞を築いて後に廃墟になってたのを最初はこっそりと、後に公然とスクラップ&ビルドしていって原型が残ってないイメージ -- 2020-07-04 (土) 19:42:33
    • 丘の上に石造りの砦を建てるという建築様式からして、ノルドールかドゥネダインの砦だとおもうぞ。 -- 2020-07-05 (日) 03:47:54
      • 高いところに砦を建てるってのは防衛の基本セオリーなので、それだけでノルドールやドゥネダインの様式とは言えないと思います。 -- 2020-07-05 (日) 16:20:54
      • ↑いや、これはただ単に「丘の上に石造りの砦を建設」ってのを当時この場所でやれたのはエルフかドゥーネダインくらい、って意味じゃない?オークにはそんな技術ないし、技術あるドワーフはそういう建築はしないし、東夷の勢力圏でもないしさ。 -- 2020-12-26 (土) 01:14:57
    • いずれにしろロマンのある話だ。ロマンスはありえないが。 -- 2020-07-05 (日) 21:52:31
    • エルフの土地でも租借するなり許可もらって何か建てる事はできなくもないし、ヌメノールならやってそう。なんならそれで揉めて引き上げたとか。まあどんな目的があったにせよ、築いた時点ではあくまで仮設の基地でしかなかったし仮設のまま放棄されたんだと思うけど -- 2020-11-17 (火) 22:49:13
      • 中途半端な建築途上と立ち位置がこの要塞の魅力だよね。 -- 2020-11-26 (木) 13:06:13
      • 建設途中で放棄されたものが幽霊ビル呼ばわりされて地元ヤンキーの溜まり場になる、のすごい版 -- 2020-11-26 (木) 22:21:59
  • このdolと国=dorってどっちもドルだけど綴りが違うのね 発音的にLとRの区別がつかない日本語はengrishと揶揄されるだけあってやはりちと不便だな -- 2020-06-17 (水) 00:11:08
  • ここは「攻撃しづらいし落としても全くメリットないのに放置しとくと厄介」感がべらぼうにある。毒と刺だらけで食えないくせに獰猛に釣り餌を取る、しかも釣ってもつまらん心底いらねえ魚のような立ち位置だ。 -- 2020-12-23 (水) 21:23:16
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileDolGuldur.jpg 786件 [詳細]
Last-modified: