このページはエグラドールより転送されました。日本語表記規則についてはこちらを参照してください。

ドリアス

概要

カテゴリー地名
スペルDoriath
その他の呼び名エグラドール(Eglador)*1
隠れ王国(Hidden Kingdom)
守り固き王国(Guarded Realm)
魔法帯の地(Land of the Girdle)

解説

シンダール語で「囲われたる国」(Land of the Fence)*2の意。第一紀ベレリアンドに存在した、シンゴルメリアンの治める灰色エルフの王国。隠れ王国とも呼ばれた。
ベレリアンドの中央部、アンドラムの北側で、主としてシリオン川の東岸のネルドレスレギオン、シリオン西岸のニヴリムの三つの領域*3に分かれた森の国。ドリアスの中を南西に向けてエスガルドゥイン川が流れており、その東の畔に王宮であるメネグロスがあった。
ベレリアンド最初の合戦の後にメリアンの魔法帯ができる以前はエグラドールと呼ばれた。

魔法帯の力によって長らくこの国は守られていた。だがナウグラミーアシルマリルを巡る争いが発端となって、ノグロドドワーフシンゴルが殺害され、悲しみのためにメリアンがドリアスを去ると、魔法帯は消滅してドリアスは無防備となってしまい、ノグロドのドワーフによって攻撃され荒廃した。
その後、ベレンルーシエンの息子で、シンゴルの孫にあたるディオルが新たなドリアスの王となり、荒廃したドリアスの再建に力を尽くした。だが今度は、シルマリルを奪おうとするフェアノールの息子たちによって攻撃され、ドリアスは完全に滅亡した。
ディオルの娘エルウィングをはじめとするドリアスの残党は、シリオンの港へ逃れた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 第一紀のロスロリアン的存在。 -- ホビット 2008-11-24 (月) 14:47:10
    • というか、明らかにガラドリエルがメリアンの真似をしてるんでしょう。 -- 2010-02-15 (月) 19:44:45
  • シンゴルが湖の時代から続く古い言葉を愛し、また他地域のような訛りを嫌ったために、ドリアスのシンダール語は他の地域のシンダール語に比べ、非常に古い形式を残していた。他にも、ドリアスのシンダール達はメリアンの傍に住んでいたため、その光を受け、他の地域のシンダールよりも身の丈が大きく、また美しかった。 -- 2010-01-27 (水) 02:04:20
  • このドリアスの滅亡の経緯のために、シンダール、シルヴァン・エルフのドワーフ(もしくはノルドール)嫌いが始まるんだよな。 -- 2014-02-26 (水) 09:35:37
  • 今に至るまでのエルフとドワーフのライバル関係の発端 そもそも相反する アウレが勝手にドワーフ作ったのは裏目に出たのかどうか -- 2019-12-02 (月) 19:33:36
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: