このページはカベド・ナイラマルスより転送されました。日本語表記規則についてはこちらを参照してください。

カベド=エン=アラス

概要

カテゴリー地名
スペルCabed-en-Aras
その他の呼び名鹿越の谷(Deer's Leap)、カベド・ナイラマルス(Cabed Naeramarth)

解説

シンダール語で「鹿越の谷」の意。テイグリン川の峡谷で最も幅が狭まっているところ。ケレブロス川との合流点の北にある。ブレシルハレスの族の間では、かつてハレスの狩人に追われた鹿がここを飛び越えたと伝えられる。

ブレシルを襲撃しに来たグラウルングはここでテイグリンの川越えを行い、それを読んで峡谷に潜んでいたトゥーリングアサングをその腹に突き刺してグラウルングを退治した。また、記憶が戻ったニエノールはここからテイグリン川に身を投じた。
ニエノールが身を投げた後は、「恐るべき宿命に魅入られたる投身(Leap of Dreadful Doom)」の意であるカベド・ナイラマルスと呼ばれ、いかなる獣も鳥もここに来ようとはせず、一本の木も育とうとはしなかったという。

ここにはトゥーリン、ニエノール、そしてモルウェンの墓石である不運なる者たちの墓石が作られた。更にその後、この地はベレリアンドの崩壊を免れ、トル・モルウェンという島になったと言われる。

コメント

コメントはありません。 Comments/カベド=エン=アラス

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: