このページはイヴリンより転送されました。日本語表記規則についてはこちらを参照してください。

エイセル・イヴリン

概要

カテゴリー地名
スペルEithel Ivrin
その他の呼び名イヴリンの滝(Falls of Ivrin)、イヴリンの泉(Pools of Ivrin)*1

解説

シンダール語で「イヴリンの泉(Ivrin's Well)」の意。エレド・ウェスリンの南麓にあるイヴリンの滝が流れ落ちる湖。ナログ川の水源。この地でフィンゴルフィンによってメレス・アデアサドが催された。
グウィンドールトゥーリンを連れてナルゴスロンドに向かう際にこの地に立ち寄り、イヴリンの湖水によってトゥーリンを癒したが、後にグラウルングによってこの湖水は汚されてしまった。その後、トゥオルヴォロンウェゴンドリンに向かう道中、ナルゴスロンドからドル=ローミンへと向かうトゥーリンと、この地ですれ違っている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • Ivrinってシンダリンでは水晶の意味みたいだけど、エイセル・イヴリンとは関係あるのかな? -- 2012-01-15 (日) 17:36:39
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: