このページは魔法使いより転送されました。日本語表記規則についてはこちらを参照してください。

イスタリ

概要

カテゴリー種族
スペルIstari*1
その他の呼び名魔法使い(Wizards)*2
賢人団、結社(Order)
イスリン(Ithryn)*3

解説

クウェンヤthose who know(知る者たち)の意*4。一般に魔法使いと呼ばれる。
かれらは西方から中つ国に派遣された使者であり、自由の民サウロンの脅威に抗することを援助する任務を帯びていた。人間の老人のような姿をしているが実際は人間ではなく、長い年月が過ぎても心労でわずかに老け込んでいくのみで、知的にも技能的にも様々な力を秘めていた。それぞれが固有の「色」の衣を身に纏い、杖を携えている。
中つ国の民の中で、彼らの正体と目的を正しく把握しているのはキーアダンエルロンドガラドリエルなどのごくわずかなエルフの賢者に限られていた。

(『終わらざりし物語』によると)その正体はヴァラールより遣わされたマイアの精霊である。
ヴァラールは、かつてエルフを守ろうとして自らの栄光と力を誇示したことを重大な過ちだったと考えていた(クイヴィエーネンからアマンへ移住させた時など)。そのためイスタリは、直接力でもってサウロンに対抗することも、中つ国の民を支配することも禁じられ、あくまで助言者で援助者という立場からサウロンおよびその召使と戦うことが要求された。
ゆえにイスタリは見せかけでない本物の人間の肉体を身に纏っていた。これによりアイヌア本来の叡智と力は曇り、飢えや恐れなどの肉体的脅威に晒され、容易に堕落することも死ぬこともありえた。
結果的に、任務を完遂して帰還したのはガンダルフただ一人であった。

このように、自ら進んで流浪の苦しみとサウロンの罠に耐えることで、かれらはその時代の悪を正したと言えるかもしれない。*5

魔法使いの結社(ヘレン・イスタリオン)

「われら両人はともに、この中つ国では最もすぐれた、古い歴史のある高等なる結社の成員ではないか?」*6

魔法使いの結社(Order of Wizards)、クウェンヤヘレン・イスタリオン(Heren Istarion)とは、中つ国のイスタリからなる組織である(白の会議とは別個のもの)。単に賢人団あるいは結社とも呼ばれる。白のサルマンが彼らの長と見なされていた。

結社の詳細は不明であるが、彼らは第三紀1000年頃に灰色港に上陸し、人知れず中つ国の知識とサウロンに対抗する方法を探し求めた。やがてサウロンが闇の森死人占い師としての姿をとり、その影が伸びると、イスタリは自由の民の援助者として立ち上がり、その活動が賢者や王侯達に広く知られるようになる。
イスタリの持つ性向や能力はそれぞれ異なっており、かれらは結社として一丸となるというよりも、それぞれの異なった側面から独自に自由の民を助けることを想定されていたという。

イスタリの総数は『指輪物語』本編や『追補編』をはじめ、全員で五人だったと読める記述が多く*7サルマンガンダルフの二名が彼らの中で上位にあったという。
だが『終わらざりし物語』に収録されている草稿の中には、中つ国北西部に派遣されたイスタリの「指導者」が五人であるとする記述があり、その総数は不明であるとされている。

イスタリの名

以上は『終わらざりし物語』に登場するクウェンヤによる名(および本編中の呼び名)である。
終わらざりし物語』によればクルモアウレに、オローリンマンウェヴァルダに、アイウェンディルヤヴァンナに、アラタールパルランドオロメに属する民であったとある。
ただし青の魔法使いの二人に関しては『The Peoples of Middle-earth』などに異説もあり、はっきりしない。詳細はイスリン・ルインを参照。

その他

ギルドールによると、魔法使には、おせっかいをやくな、変幻自在で、よくおこる (Do not meddle in the affairs of Wizards, for they are subtle and quick to anger.)*8と言われているという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • アラタールとパルランドでなく、ローメスターモとモリネフタールの方だったらサウロン打倒に貢献してるから、アマンに帰還できたかも。 -- 2017-04-17 (月) 21:58:07
  • ヴァラとマイアには男女の区別があるけど、イスタリはどうなんだろ? 見た目的にはガンちゃんもサルマンも爺さん=男性だよね。 -- 2017-07-19 (水) 10:27:02
  • wizardの訳語が魔法使いや魔術師で定着しちゃってるのが、我々の世界を何か間違った方向へ導いてしまった感があるよね。 -- 2017-10-28 (土) 12:38:52
    • 後の世で言う、「大賢人」みたいなイメージですかね。ヒラのソーサラーやマジックユーザーとは確かに印象が違います。(金) 18:31:50};
  • イスタリ以外に人間・エルフ・ドワーフの魔術師もいたのかね? -- 2018-07-19 (木) 00:06:05
    • アングマールの魔王とか見る限りいたんでは無いだろうか -- 2019-12-03 (火) 05:20:12
      • いわゆる奇跡とか闇術はあっても ガンダルフ的な魔法はそんな無さそうな気が -- 2020-02-18 (火) 10:09:51
    • そもそもなんというガラドリエルなんかが使うのは 今の俗にいう奇跡 聖なる光? ガンダルフとかのが魔法 アングマールの魔王とかサウロンやモルゴスSide的な闇から力を得た闇術とか呪術といった感じがする -- 2019-12-03 (火) 05:22:55
  • 衣の色は空模様(白雲、曇天、黄昏と暁、晴天、夜空)を表してるという説を聞いたんですが、信憑性は如何程でしょうか? -- 2019-08-14 (水) 20:20:42
    • 青の魔法使いの衣は「海の青」だと書かれているので、空模様とは無関係でしょうね。ガンダルフの灰色(銀)も、夢幻の色であるとトールキンは述べています。 -- 2019-08-14 (水) 21:25:49
    • しかし趣味の良い考察だと思います。トールキンは灰色を好んでいる印象があるので(ミスリルや雨の帳、エルフのマントやシンダールなど)何かしらの意味が込められているとは感じていたのですが、色一つにも教授は答えを出しているのですね -- 2019-08-16 (金) 23:06:06
    • 空というより太陽の色だと思われます。灰色は褪色、茶色は脱色、青の2つはいろいろ説があるみたいです -- 2020-02-22 (土) 14:43:09
  • 「わしと契約して、魔法少女になってはくれまいかのう?(訳:人手足りないから手伝って)」 -- undefined 2020-02-17 (月) 23:12:35
  • アイヌアの追加要員寄こせとよく愚痴らなかったね -- 2020-02-22 (土) 03:22:34
    • 5という数字に意味があったんでは?1,3,7,9は全て指輪で埋まっていたし -- 2020-02-23 (日) 00:16:03
      • 12人寄越すような余裕は無かったようだな -- undefined 2020-02-23 (日) 01:50:20
  • 第三期1100年と言えばゴンドールは最盛期だしアルノールの分割王国もまだ無事だったけどアンヌ―ミナス、オスギリアス、ミナス・イシルを訪問したりサウロン帰還前のモルドールを旅したりすることもあったんだろうか -- 2020-07-16 (木) 23:33:58
  • サウロンの声がマイアの力じゃなくて中つ国の技だったとしたら、1/f揺らぎみたいな解釈になるんでしょうかね? -- 2021-03-29 (月) 22:45:26
    • サルマンの声では? -- 2021-03-29 (月) 23:52:39
      • サルマンですね……恥ずかしい…… -- 2021-03-30 (火) 12:18:28
  • 今後、ドラマなりゲームなりの商業作品に残り二人のイスタリを出すならどこまで制約が掛かるんだろう。名前は当然違うとして、衣の色はどうなるのか -- 2021-05-22 (土) 19:48:46
    • いやシャドウオブウォーだかモルドールで普通に青の二人と言及されてたよ 消息不明だともね -- 2021-05-28 (金) 19:28:58
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: