このページはヘルヌーメンより転送されました。日本語表記規則についてはこちらを参照してください。

アル=アドゥーナホール

概要

カテゴリー人名
スペルAr-Adûnakhôr
異訳アル=アデュナコール、アル=アドゥナホール、アル=アドゥナコール、アル=アドゥーナコール
その他の呼び名タル=ヘルヌーメン(Tar-Herunúmen)
種族人間ヌーメノール人
性別
生没年第二紀2709~2962年(享年253)
タル=アルダミン(父)
アル=ジムラソーン(息子)

解説

ヌーメノールの王
第19代
タル=アルダミン
2825~2899
第20代
アル=アドゥーナホール
第二紀2899~2962年(63年間)
第21代
アル=ジムラソーン
2962~3033

アドゥーナイクで「西方の王(Lord of the West)」の意。ヌーメノール20代目の王。
アドゥーナイクの称号で即位した最初の王で、彼の治世よりヌーメノールにおいてエルフ語の使用や教授が禁止された(忠実なる者の間でのみ隠れて使われた)。だが古くからの慣習を完全に断ち切ることが不吉に思われたため、王統譜にはクウェンヤのタル=ヘルヌーメンの名で記された。
名の意味の「西方の王」も、それまではマンウェの称号として避けられていたことも、忠実なる者たちにとっては不遜に思われた。
彼の治世からトル・エレッセアの船は滅多にヌーメノールへ来なくなり、来ても島の西岸へ密かに訪れるだけだった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • いよいよヌーメノールもおかしくなり始めた頃ですね・・ -- 2014-06-25 (水) 18:29:02
  • 今の世でいうと「ジーザス」とか「大日如来」と名乗るという非常にアレなネーミングセンス。 -- 2018-02-07 (水) 03:32:56
お名前:
Last-modified: