#author("2021-10-07T01:13:54+09:00;2021-02-27T21:13:13+09:00","","")
#author("2021-10-08T23:28:22+09:00;2021-02-27T21:13:13+09:00","","")
* ロンド・ダイア [#xce3b0b7]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Lond Daer|
|~その他の呼び名|ヴィンヤロンデ(Vinyalondë)、ロンド・ダイア・エネズ(Lond Daer Enedh)|

** 解説 [#Explanation]

[[シンダール語]]で「大港(Great Haven)」の意。[[エリアドール]]の[[グワスロ(灰色川)>グワスロ]]河口にあった、[[ヌーメノール]]の港および造船所。建設当時は[[クウェンヤ]]で「新港(New Haven)」の意である''ヴィンヤロンデ''と呼ばれた。

[[タル=アルダリオン]]によって設置される。当初は、[[ミンヒリアス]]と[[エネドワイス]]に広がる大森林から木材を伐採するための小さな港だった。
[[第二紀]]1700年から1701年にかけての[[力の指輪]]を巡る戦いにおいて、[[タル=ミナスティア]]が派遣した[[ヌーメノール]]大艦隊の提督[[キアヤトゥア]]は、分遣艦隊をヴィンヤロンデに上陸させ、[[サルバド]]でサウロンをさんざんに打ち破った。それ以来、ヴィンヤロンデは戦略上重要な地点と認識されるようになり、大規模な要塞化がなされてロンド・ダイア、あるいは[[リンドン]]と[[ペラルギア]]の中間地点にあることから「大中央港(Great Middle Haven)」の意である''ロンド・ダイア・エネズ''と呼ばれるようになった。
[[ヌーメノール人]]はここを拠点にして大森林を徹底的に伐採し、原住民である[[褐色人]]の祖先(かれらはやがて、サウロンに与するようになった)との軋轢によって、一帯はますます荒廃した。

[[亡国の民の王国]]([[アルノール]]と[[ゴンドール]])の初期の時代には、ロンド・ダイアの港はすでに荒れ果てていたという。((日本語訳『[[終わらざりし物語]]』「ガラドリエルとケレボルンの歴史」の註24ではロンド・ダイアの港について「古い港とその大きな埠頭は荒れ果てていたが、長年の労働の結果、港は[[サルバド]]へ向かう船をつけられるようになった。」とあるが、この文章は誤訳であり、正しくは「古い海港とその大きな埠頭は荒れ果てていたが、長年の労働の結果、サルバドに航洋船を受け入れる港が作られていた。」となる。原文"The ancient sea-port and its great quays were ruinous, but with long labour a port capable of receiving seagoing vessels had been made at Tharbad,"))
[[亡国の民の王国]]([[アルノール]]と[[ゴンドール]])の初期の時代には、ロンド・ダイアの港はすでに荒れ果てていたという。((日本語訳『[[終わらざりし物語]]』「ガラドリエルとケレボルンの歴史」の註24ではロンド・ダイアの港について「古い港とその大きな埠頭は荒れ果てていたが、長年の労働の結果、港は[[サルバド]]へ向かう船をつけられるようになった。」とあるが、この文章は誤訳であり、正しくは「古い海港とその大きな埠頭は荒れ果てていたが、長年の労働の結果、サルバドに航洋船を受け入れる港が作られていた。」である。原文は"The ancient sea-port and its great quays were ruinous, but with long labour a port capable of receiving seagoing vessels had been made at Tharbad,"))

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)