#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2019-09-15T14:39:27+09:00","","")
#author("2020-02-14T03:31:21+09:00;2019-09-15T14:39:27+09:00","","")
* マイグリン [#sf627e50]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Maeglin|
|~異訳|マエグリン|
|~その他の呼び名|ローミオン(Lómion)|
|~種族|[[エルフ]]([[シンダール]]と[[ノルドール]]の混血)|
|~性別|男|
|~生没年|[[第一紀]](320)~†(510)(享年190)|
|~親|[[エオル>エオル(マイグリンの父)]](父)、[[アレゼル]](母)|
|~兄弟|なし|
|~配偶者|なし|
|~子|なし|

** 解説 [#Explanation]

名は[[シンダール語]]で「鋭く見通す目(Sharp Glance)」の意。[[エオル>エオル(マイグリンの父)]]と[[アレゼル]]の息子。マイグリンの名は12歳になったときに、父親のエオルによって与えられたもので、母親の[[アレゼル]]からは、エオルによって禁じられていた[[クウェンヤ]]で「薄明の息子(Child of the Twilight)」((「薄暮の息子」の訳もあり))の意であるローミオンの名を与えられた。

>マイグリンは、背丈もすっかり伸びきるほど成長するにつれ、顔形、姿形はノルドールの同族の方に似てきたが、気持や精神は紛れもなく父の子であった。自分の利害に多少とも関係があることを除き、口数は非常に少なかったが、いったん口を開くと、その声には聞く者を動かし、逆らう者を圧倒する力があった。かれは背が高く、髪が黒く、目の色も黒っぽかったが、ノルドール族の目がそうであるように、光を湛えた鋭い目を持ち、肌の色は白かった。((『[[シルマリルの物語]]』「マイグリンのこと」))
>マイグリンは、背丈もすっかり伸びきるほど成長するにつれ、顔形、姿形は[[ノルドール]]の同族の方に似てきたが、気持や精神は紛れもなく父の子であった。自分の利害に多少とも関係があることを除き、口数は非常に少なかったが、いったん口を開くと、その声には聞く者を動かし、逆らう者を圧倒する力があった。かれは背が高く、髪が黒く、目の色も黒っぽかったが、ノルドール族の目がそうであるように、光を&ruby(たた){湛};えた鋭い目を持ち、肌の色は白かった。((『[[シルマリルの物語]]』「マイグリンのこと」))

父[[エオル>エオル(マイグリンの父)]]はマイグリンに名を与えて後、熱心に自分の技術を教え、また[[ドワーフ]]たちの許に連れて行っては彼らの技術をも学ばせた。そのためマイグリンは、父親譲りの高い鍛冶の技術を持つようになった。だがマイグリンは母[[アレゼル]]の方を愛しており、母の話を聞くうちに[[ゴンドリン]]に憧れるようになり、アレゼルと共にエオルの目を逃れて、ゴンドリンに辿り着く。マイグリンは伯父の[[トゥアゴン>トゥアゴン(フィンゴルフィンの息子)]]に一目で気に入られ、マイグリンはトゥアゴンに臣従を誓った。だが彼らの後を追ってきたエオルは、息子を奪われるくらいならと隠し持っていた投げ槍でマイグリンを殺そうとした。アレゼルがマイグリンを庇って投げ槍を受けて死に、エオルは[[カラグドゥーア]]の断崖から突き落とされて処刑されたが、この時エオルは'''それではお前は、お前の父と、父の一族を見捨てるのだな、不孝者めが!この地でお前は、お前の望みの全てを失うであろう。そしてお前も、いつかここでわたしと同じ死を死ぬがよい'''とマイグリンを呪って予言した。
父[[エオル>エオル(マイグリンの父)]]はマイグリンに名を与えて後、熱心に自分の技術を教え、また[[ドワーフ]]たちの許に連れて行っては彼らの技術をも学ばせた。そのためマイグリンは、父親譲りの高い鍛冶の技術を持つようになった。だがマイグリンは母[[アレゼル]]の方を愛しており、母の話を聞くうちに[[ゴンドリン]]に憧れるようになり、アレゼルと共にエオルの目を逃れて、ゴンドリンに辿り着く。マイグリンは伯父の[[トゥアゴン>トゥアゴン(フィンゴルフィンの息子)]]に一目で気に入られ、マイグリンはトゥアゴンに臣従を誓った。だが彼らの後を追ってきたエオルは、息子を奪われるくらいならと隠し持っていた投げ槍でマイグリンを殺そうとした。アレゼルがマイグリンを庇って投げ槍を受けて死に、エオルは[[カラグドゥーア]]の断崖から突き落とされて処刑されたが、この時エオルはマイグリンを呪い、ゴンドリンで自分と同じ死を迎えると予言した。

マイグリンはその後も[[ゴンドリン]]に残り、[[トゥアゴン>トゥアゴン(フィンゴルフィンの息子)]]に仕えて寵愛された。彼は鍛冶師として優れた仕事を行い、[[アングハバール]]の鉄でゴンドリンの武具を強化した。また[[ニアナイス・アルノイディアド]]では[[摂政]]として都に留まるのをよしとせずにトゥアゴンの傍らで戦い、名誉を得た。だが彼はゴンドリンに来た最初の日から、トゥアゴンの娘で、マイグリンにとっては従姉にあたる[[イドリル]]を密かに愛していた。これは[[エルダール]]にとっては近親相姦に相当するものであり、決して報われぬ運命にあった。この叶わぬ恋の代償として、マイグリンはさらに権勢と栄誉を求め、そのためならいかなる労苦も厭わなかった。しかしゴンドリンに[[トゥオル]]が来てイドリルと結ばれると、マイグリンはトゥオルの栄光と、彼が得た愛に嫉妬した。

[[トゥオル]]と[[イドリル]]の間に[[エアレンディル>エアレンディル(トゥオルの息子)]]が誕生してしばらく後、採鉱の仕事のため[[ゴンドリン]]の外に出ていたマイグリンは、[[オーク]]に捕らえられて[[アングバンド]]に連行された。[[モルゴス]]に脅迫されたマイグリンは、イドリルへの恋慕とトゥオルへの憎しみのため、それまで敵には位置が知られていなかったゴンドリンの秘密をモルゴスに話してしまい、マイグリンは裏切りの密約と引き換えに釈放されてゴンドリンに戻った。
モルゴス軍がゴンドリンを襲撃した時、マイグリンはイドリルとエアレンディルに手を掛けようとした。その時イドリルたちを助けに入ったトゥオルと取っ組み合いになり、ゴンドリンの城壁から投げ落とされ、[[アモン・グワレス]]の岩壁に三度激突して炎の海の中へ落下していくという、[[エオル>エオル(マイグリンの父)]]が予言した通りの死に様を遂げた。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)