#author("2020-01-09T00:52:19+09:00;2020-01-09T00:51:09+09:00","","")
#author("2020-01-27T13:29:07+09:00;2020-01-09T00:51:09+09:00","","")
* Lalia of the Clayhangers [#ebaa4982]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~その他の呼び名|Lalia the Great, the Fat|
|~種族|[[ホビット]]|
|~性別|女|
|~生没年|[[庄暦>ホビット庄暦]]1283年([[第三紀]]2883年)~†1402年(3002年)(享年119)|
|~配偶者|[[フォルティンブラス・トゥック二世]]|
|~子|[[フェルンブラス・トゥック三世]](息子)|

** 解説 [#Explanation]

[[Letter#214>The Letters of J.R.R.Tolkien]]で言及されている、[[フォルティンブラス・トゥック二世]]の妻で、[[フェルンブラス・トゥック三世]]の母。'''Lalia the Great'''と呼ばれたが、不躾に'''the Fat'''とも呼ばれた。

[[庄暦>ホビット庄暦]]1314年([[第三紀]]2914年)、31歳の時に当時36歳だったフォルティンブラス二世と結婚。1316年(2916年)に息子フェルンブラス三世を産んだ。
1380年(2980年)の夫の死後から事故死するまでの22年間は[[トゥック家>トゥック一族]]の家長の地位にあり、広く愛されたとは言えないにしても、トゥック家と[[大スミアル]]を支配する強大な女族長として知られた。
[[ビルボの別れの宴]]の時には存命だったが、出席できなかった。それは老齢のためというより、その巨体ゆえに遠出ができない為だった。

晩年の彼女は天気のいい朝には車椅子に乗って大スミアルから出て、外の空気を吸うのを日課としていた。1402年(3002年)の春、付添人(噂では[[パール・トゥック]])が彼女の乗った車椅子に敷居を越えさせようとした時、彼女は車椅子から落ち、階段から庭へと転げ落ちて死んだ。
晩年の彼女は天気のいい朝には車椅子に乗って大スミアルから出て、外の空気を吸うのを日課としていた。1402年(3002年)の春、付添人((後にこの付添人は[[パール・トゥック]]だったと噂された。))が彼女の乗った車椅子に敷居を越えさせようとした時、彼女は車椅子から落ち、階段から庭へと転げ落ちて死んだ。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)