#author("2018-12-02T21:45:46+09:00","","")
[[マンウェ]]

-ヴァルダはエルベレスとして名が通っているのに、シルマリルにしかマンウェの名前が出てこない。何故だろう。(誤解かも) -- ジャック・ランタン
--マンウェが出ていないのではなく、ヴァルダが特別なのだと思われます。 -- Windy
--追補編 ヌメノールの王達 アル・アドゥーナホールの項に「長上王」の記述があります。 --  &new{2014-01-30 (木) 18:37:44};
-メルコールの弟なのに、なんでお兄ちゃんだけ堕落しちゃったのかな?あ、ヴァルダ取られたからエルにはむかったのかも。 -- かごめ
--ミカエルとルシファーもお兄ちゃんだけ堕天しちゃいましたよね・・・神話の兄弟は大抵お兄ちゃんが堕落する(苦笑) --  &new{2015-03-10 (火) 16:36:58};
-シルマリルの物語で最も恐ろしいもの、それはメルコールの暗い影でもなければ、サウロンの誘惑でもない。マンウェの気まぐれだ。
-エルフは妻のエルベレスばっかり敬愛しているし、なんというか、元祖尻敷かれ夫かもしれない。 -- 05 &new{2007-10-15 (月) 00:09:50};
--エルフが生まれたとき、闇の中に輝く星を見て、ヴァルダを敬愛するようになったという話を聞きましたが。 -- kkk &new{2009-02-23 (月) 12:57:05};
-概ね、ミカエル。だったら、シャーマンキングの続編に彼を持霊とするシャーマン出てくれないかな? -- かごめ &new{2008-08-03 (日) 21:29:48};
-騙されやすいし、気まぐれだし、お人よしだし。ゼウス…… --  &new{2008-12-21 (日) 18:40:40};
--ということはヴァルダ=ヘラ!?そりゃないよ!ウルモ=ポセイドン、アウレ=ヘファイストス、モルゴス=クロノス、オロメ=アポロン、マンドス=ハデス、トゥルカス=アレス、ヤヴァンナ=デメテル、ネスサ=アルテミス、イルヴァタール=ウラノス・・・。 -- ホビット &new{2008-12-30 (火) 14:58:44};
---ギリシャ神話のイメージを想起させる部分もある、というだけで、対応関係はないように思えます。 --  &new{2008-12-30 (火) 15:11:45};
--顔に似合わずお人よし・・・・・ --  &new{2010-05-13 (木) 18:22:34};
-サルマンの最期に冷たく吹いた西方の風ってやっぱりマンウェ、か。 --  &new{2009-09-12 (土) 22:42:46};
--でしょうね。マンウェ意外と冷たいなぁ、と思ってしまいましたが。メルコールの件で反省したのかなぁ。サウロンがエオンウェの勧告に従わなかったのもむべなるかな。 --  &new{2009-09-13 (日) 11:41:50};
---マンウェは情に厚いですが、それを理由に必要な断罪をためらう人物ではないように思えます。ノルドールの追放しかり、連行されたメルコールをまず問答無用で投獄したことしかり(その後の裁きでは許してしまいましたが)、心を痛めながらも処罰の姿勢はつねに毅然としています。それが悪を許さず、エルの子をあくまで見捨てないアルダの王たる所以なのでしょう。マンドスの厳しさとニエンナの慈しみを同時に持ち合わせている…というと美辞麗句にすぎるかもしれませんが。 --  &new{2009-09-13 (日) 20:06:00};
---マンウェは言うなれば裁判長ではないでしょうか。慈悲深く許しもするが、必要な断罪はためらわない。被害者である中つ国の住人からすると、弁護人ウルモの方が慈悲深く見えますが、あくまで役割の問題だと思います。 --  &new{2014-12-04 (木) 01:24:53};
--てことは、指輪を破壊され影になって西方軍に覆いかぶさろうとしたサウロンを連れ去ったのもマンウェか。 --  &new{2012-06-08 (金) 14:55:30};
--セオデンがムンドブルグについたときに吹いた風もそうかもね、アラゴルンにも利するところだったし。 --  &new{2013-03-05 (火) 03:28:07};
-このページだけで物語の大筋が分かりますね。感動 --  &new{2013-03-09 (土) 14:55:49};
-大変詳細な情報、真にありがとうございます! --  &new{2015-03-10 (火) 15:44:36};
-悪を理解できないというのは組織のトップにとって結構まずいという事を体現してしまった人物。 --  &new{2018-02-18 (日) 12:10:17};
--メルコールの悔悛演技を見抜けなかった事(悪を知らない故の脇の甘さ)、エルダールを召し出した事(善意から発した行為も禍事を招ぶ事になり得ると読みきれなかった)、という具合にエルの意を一番深く知ってるにしては要所要所で抜けている、大店の若旦那的存在。‥‥ここまで書いて、かような事態への防衛策として、エルは宮廷の道化みたいなトリックスター的善悪どっちにも通じた、権威を茶化し万象を笑い飛ばすヴァラを一人送り込んどくべきだったと思いました。マンウェの時に硬直しがちな施策を斜めから見て直言できる存在が居ればよかったのに。--  &new{2018-02-18 (日) 12:15:12};
-裏設定を知ってから指輪物語を再び読み返す楽しみ。ゴンドールに吹きすさぶ南風や、サウロンやサルマンを吹き散らした風がマンウェの手によるものだったのか --  &new{2018-12-02 (日) 21:45:46};